業務用PA/SRスピーカー「XY Series」のトップモデ...|

業務用PA/SRスピーカー「XY Series」のトップモデル 「XY-3B」「XY-2」を9月14日受注開始

~クリアでナチュラルなサウンドをシリーズ最高出力で再生、 大会場での音響システムが構築可能に~

2017.09.14 16:00

Pioneer DJ株式会社は、業務用スピーカー「XY Series」の新たなラインナップとして、「XY-3B」「XY-2」を2017年9月14日より受注を開始します。(納期は11月末を予定)


業務用PA/SRスピーカー「XY Series」のトップモデル「XY-3B」「XY-2」



当社の業務用スピーカー「XY Series」はその信頼性の高さや優れた音質において高い評価を得ており、主にクラブやミュージックバーを中心に全世界で導入されています。このたびシリーズ最大の高出力性能を備えた3ウェイ フルレンジスピーカー「XY-3B」、2ウェイ ミッドハイスピーカー「XY-2」を導入することにより、さらに大規模な会場での多様なシステム提案が可能となりました。


「XY-3B」は、「ナチュラルサウンドを高出力で」をコンセプトに、3Dプリンターを使用した試作と評価を重ね、3年の開発期間を費やすとともに、数々の国内外フェスティバルでのフィールドテストを経て商品化に至りました。


2×12インチ低域ドライバー、1×8インチ中域ドライバー、1×1インチ高域コンプレッションドライバーの構成による3ウェイスピーカーは、独自開発による中高域一体型ウェーブガイド・ホーンとデュアル・フェーズプラグ構造といった新技術を盛り込み、クリアでナチュラルなサウンドをシリーズ最高出力で提供します。


大規模クラブのメインスピーカーとして使用できるだけでなく、遠くまで音を届ける必要のあるフェスティバルでの持ち込み音響機器としても使用可能です。


また、「XY-2」は「XY-3B」の中高域ホーン部によるミッドハイスピーカーで、大規模スタジアムのPAスピーカー用途やDJブースモニター、「XY-3B」のダウンフィルとしてもお使いいただけます。



【商品概要】

商品名   :3ウェイ フルレンジスピーカー

型番(カラー):XY-3B(ブラック)、XY-3B-W(ホワイト)

希望小売価格:オープン価格

発売時期  :2017年11月下旬


商品名   :2ウェイ ミッドハイスピーカー

型番    :XY-2

希望小売価格:オープン価格

発売時期  :2017年12月中旬


●XY-3B商品ページ

http://pioneerproaudio.com/en/sound/xy/xy_3b.html

●XY-2商品ページ

http://pioneerproaudio.com/en/sound/xy/xy_2.html

●商品プロモーションYouTube動画

https://youtu.be/Y8PRw31aSIc



【XY-3Bの主な特長】

1) 中域と高域を滑らかにつなげ、クリアでナチュラルな音を高出力で提供する中高域一体型ウェーブガイド

8インチの中域ドライバーと1インチの高域コンプレッションドライバーは、奥行き方向を揃えて配置されており、クロスオーバー周波数付近の位相干渉を軽減しています。また、高域ホーンを中域ホーン内部でつなげることにより、物理的にセパレートされた一般的なホーン構造よりも高域と中域の音のつながりが向上しています。

緻密な計算により全てが曲面で構成されたウェーブガイドは、ナチュラルな音質を保ちつつ水平50度垂直35度に完全にコントロールされた指向性を備えています。サウンドエリア内には高音圧を提供しつつ、サウンドエリア外の音圧を低減することにより、室内においては壁の反射を抑え、屋外においてはサウンドエリア外への騒音低減の効果をもたらします。


https://www.atpress.ne.jp/releases/137929/img_137929_2.jpg


2) 位相干渉を軽減しつつナチュラルな音質と高出力を両立させるデュアル・フェーズプラグ構造

8インチの中域ドライバーの前面には、2種類のフェーズプラグが搭載されています。

1つめのフェーズプラグはドライバーのコーン型振動板に沿った形状をしており、振動板近傍でコンプレッションをかけることで高い音圧を生み出します。

ラジアル型とリング型の長所を融合した7方向の放射状、2重のリング状のスリットは、広帯域でのタイムアラインメント効果を得て、曲面コーン固有の位相干渉の影響を解消します。これにより、高解像度でナチュラルな音質を実現しました。

極めて綿密な計算に基づいて設計されたもう1つのフェーズプラグは、ウェーブガイドとの間にエクスポネンシャルホーンを構成することで、ナチュラルな音色を保ちながら高効率に音を放射します。


https://www.atpress.ne.jp/releases/137929/img_137929_3.jpg


3) ナチュラルでタイトなローミッドを高出力で再生する2×12インチ ローミッドセクション

斜めに取り付けられた2基の12インチドライバーは、バッフル板に囲まれた空間を駆動することでロード(負荷)をかけ、タイトでパンチのあるローミッドを提供します。

さらに振動板前面の音波はキャビネット内部でリフレックスロードの効果を得てローエンドを増強します。これにより12インチドライバーならではのクリアさとスピード感を活かしたローミッドと、15インチドライバーに匹敵するローエンド再生の両立を実現しました。


https://www.atpress.ne.jp/releases/137929/img_137929_4.jpg


4) 固定設備、ツアーリング両対応

キャビネット各所に強固なM10リギングポイントを備え、固定設備への取付けにおいて高い安全性を保ちつつ、多様な設置にも柔軟に対応します。

キャビネット前面から別売りのホイールボードを取り付けることができ、限られた時間の中で設営・撤収を求められるツアーリング用途での使用にも対応しました。


https://www.atpress.ne.jp/releases/137929/img_137929_5.jpg



【XY-2の主な特長】

「XY-2」は「XY-3B」の中高域ホーン部によるミッドハイスピーカーです。設置・取付け用のヨークが標準で搭載されており、大規模スタジアムのPAスピーカー用途やDJブースモニター、「XY-3B」のダウンフィルなど、多様な用途でお使いいただけます。


https://www.atpress.ne.jp/releases/137929/img_137929_6.jpg



【XY-3Bの主な仕様】*数値は暫定値

型式      :3ウェイスピーカー

エンクロージャー:15mmバーチ材

ドライバー   :LF…12インチ コーンドライバー×2

         MF…8インチ コーンドライバー

         HF…1インチ コンプレッションドライバー

周波数特性   :55Hz~17kHz

入力感度    :LF …102dB

         MHF…107dB

耐入力     :LF …1200W(RMS)、2400W(Program)

         MHF…200W(RMS)、400W(Program)

最大音圧レベル :LF …133dB(cont.)、139dB(peak)

         MHF…130dB(cont.)、136dB(peak)

入力端子    :speakON(R) NL4×2

インピーダンス :LF …4Ω

         MHF…8Ω

最大外形寸法  :530mm×1080mm×540mm(W×H×D)

本体質量    :57.6kg



【XY-2の主な仕様】*数値は暫定値

型式      :2ウェイスピーカー

エンクロージャー:ポリウレタン

ドライバー   :MF…8インチ コーンドライバー

         HF…1インチ コンプレッションドライバー

周波数特性   :170Hz~17kHz

入力感度    :107dB

耐入力     :200W(RMS)、400W(Program)

最大音圧レベル :130dB(cont.)、136dB(peak)

入力端子    :speakON(R) NL4×2

インピーダンス :8Ω

最大外形寸法  :480mm×480mm×376mm(W×H×D)

本体質量    :12.5kg


* speakON(R)はNEUTRIK社の登録商標です。

* その他記載されている商品名、技術名および会社名等は、各社の商標または登録商標です。

* 他のトレードマークおよび商号は、各所有権者が所有する財産です。


【会社概要】

商号  : Pioneer DJ株式会社(英文 Pioneer DJ Corporation)

代表者 : 代表取締役会長 井出 良明

      代表取締役社長 森脇 明夫

所在地 : 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目4番5号

      横浜アイマークプレイス6階

設立  : 2014年8月12日

事業内容: DJ/クラブ機器、業務用音響機器、音楽制作機器の商品開発、

      設計および販売ならびにそれらのサービスに関する事業

URL   : https://pioneerdj.com/



【本商品に関するお客様からのお問い合わせ先】

Pioneer DJサポートセンター

TEL     : 0120-545-676(フリーコール)

ホームページ: https://www.pioneerdj.com/ja-jp/support/

プレスリリース動画

カテゴリ:
商品
ジャンル:
音楽 AV 経済
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「137929」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事