『ウォンバットさんたち』が厚生労働省の“依存症への理解を深め...

『ウォンバットさんたち』が厚生労働省の “依存症への理解を深めるための普及啓発事業”を応援  キャンペーン動画のナレーションは、声優の諏訪部 順一が担当

株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:都築 伸一郎)は、厚生労働省より“依存症への理解を深めるための普及啓発事業”を受託いたしました。依存症に対する理解を深め、課題解決へとつなげるための啓発活動として、特設サイトや動画、リーフレットの制作・各種広告やイベントの実施など多様な形態で展開していきます。

特設サイト トップページ
特設サイト トップページ

本事業では、まだまだ根強い依存症への誤解や偏見を取り除き、依存症という病気に対する関心を広く喚起していくために、若い女性を中心に人気のキャラクター『ウォンバットさんたち』(原作:株式会社サンレモン)を起用し、本事業用に描き起こしたオリジナルキャラクターも交えて、親しみを持って分かりやすく正しい知識が学べるように表現していきます。さらに、啓発用の動画のナレーションには声優の諏訪部 順一氏に担当いただくなど、幅広い層が依存症という病気に興味関心を持ってもらえるように事業を企画いたしました。


■事業概要
(1)事業実施期間
2017年1月12日(木)~2017年3月31日(金)

(2)実施内容
[1]特設ウェブサイト
依存症への理解を深めてもらえるように、「依存症って何?」という疑問や「依存症者への対処法」などの正しい知識を分かりやすく表現するだけでなく、関係機関などのリンク集などを集約した分かりやすいサイトにいたします。
特設サイトURL: http://www.izonshou.com

[2]啓発動画
特設サイトなどで見ることが可能な15秒の動画を制作します。ナレーターには声優の諏訪部 順一氏を起用し、依存症という病気への関心を喚起します。

[3]リーフレット
依存症への誤解をマンガやイラストを用いて分かりやすくまとめたリーフレットを制作します。イベント会場などで配布する他、特設サイトからPDFデータのダウンロードも可能です。

[4]広告
以下の媒体で広告を展開します。幅広い層に依存症について考えてもらうきっかけを提供し、特設サイトへ誘導します。
・インターネットサイトおよびYouTube(掲出期間:2017年1月中旬~2月中旬)
・読売新聞(掲出時期:2017年1月下旬~2月上旬の間で1回)
・女性セブン(2017年1月19日(木)発売号)
・週刊ポスト(2017年1月23日(月)発売号)

[5]イベント
全国で普及啓発のイベントを実施します。※詳細は後日発表いたします。

[6]シンポジウム
専門家や著名人による依存症を正しく知るためのシンポジウムを実施いたします。
日程:2017年3月11日(土)
会場:中央区立月島社会教育会館 ホール
※詳細は後日発表いたします。


■『ウォンバットさんたち』とは
オセアニア周辺に生息する動物たちをモチーフにした、株式会社サンレモンのオリジナルキャラクターです。若い女性を中心に人気を集め、ぬいぐるみを中心に100以上のアイテムを展開している他、LINEスタンプなどのデジタルコンテンツも人気です。ブログやTwitterでも頻繁に情報を発信しており、キャラクター毎に展開しているTwitterには合計約35,000人[2017年1月11日(水)現在]のフォロワーがついています。


■諏訪部 順一氏プロフィール
3月29日生まれ、東京都出身。所属事務所は東京俳優生活協同組合。声優、ナレーターとして活躍。代表作は「テニスの王子様」跡部 景吾など多数出演。


■関連リンク
・依存症への理解を深めるための普及啓発事業 特設サイト
http://www.izonshou.com
・厚生労働省 依存症対策
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000070789.html
・株式会社小学館集英社プロダクション
http://www.shopro.co.jp/


■会社概要
会社名 : 株式会社小学館集英社プロダクション
所在地 : 〒101-8415 東京都千代田区神田神保町2-30 昭和ビル
代表  : 代表取締役社長 都築 伸一郎
TEL   : 03-3222-9100
設立  : 1967年(昭和42年)6月26日
創業  : 1967年(昭和42年)9月1日
資本金 : 4億9,900万円
従業員数: 413名(男性 189名 女性 224名)
URL   : http://www.shopro.co.jp/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「119543」を
担当にお伝えください。