株式会社ビズライト・テクノロジー

http://www.bizright.co.jp/

千代田区外神田2-17-3

事業内容
オープン系のシステム開発をメインとし、デジタルサイネージシステム、公共交通機関の時刻データベース構築/管理、ECや時刻表サイトなどのウェブサイト構築、POSシステム開発などを行っている。2015年にシングルボードコンピュータをベースにサイネージプレイヤーなどの産業用途に使用できる汎用BOXを開発。

AIで振り込め詐欺を検出、 通知するカメラソリューションの実証を 北洋銀行の店舗で7月13日から開始

ビズライト・テクノロジー、小売店舗での三密回避による 来店客と従業員の生命を守るために AIで入店者数を制御する案内ディスプレイの提供開始

ビズライト・テクノロジー、小売店舗での三密回避による 来店客と従業員の生命を守るために AIで入店者数を制御する案内ディスプレイの提供開始

ビズライト・テクノロジー、小売店舗での三密回避による 来店客と従業員の生命を守るために AIで入店者数を制御する案内ディスプレイの提供開始

ビズライト・テクノロジー、RaspberryPiベースの 汎用エッジボックス「BH」シリーズに エッジAIカメラ一体、LTEモジュール内蔵、 Compute Module3+搭載の3機種を追加

ビズライト・テクノロジー、RaspberryPiベースの 汎用エッジボックス「BH」シリーズに エッジAIカメラ一体、LTEモジュール内蔵、 Compute Module3+搭載の3機種を追加

ビズライト・テクノロジー、RaspberryPiベースの 汎用エッジボックス「BH」シリーズに エッジAIカメラ一体、LTEモジュール内蔵、 Compute Module3+搭載の3機種を追加

NTTドコモ、埼玉高速鉄道、 ビズライト・テクノロジー、LIVE BOARD  世界初、鉄道車両内でのダイナミックDOOH事業を共同で推進

鉄道車両用サイネージとして世界初、 AGCのinfoverre(R)を埼玉高速鉄道に導入

鉄道車両用サイネージとして世界初、 AGCのinfoverre(R)を埼玉高速鉄道に導入

鉄道車両用サイネージとして世界初、 AGCのinfoverre(R)を埼玉高速鉄道に導入

鉄道車両用サイネージとして世界初、 AGCのinfoverre(R)を埼玉高速鉄道に導入

沿線店鋪の空席やタイムセール情報を駅サイネージで表示  変形4Kによる高い視認性の「ウルトラスレンダービジョン」を 埼玉高速鉄道の全7駅で開始

沿線店鋪の空席やタイムセール情報を駅サイネージで表示  変形4Kによる高い視認性の「ウルトラスレンダービジョン」を 埼玉高速鉄道の全7駅で開始