クラウドファンディング初日に全国から予約が殺到!真田幸村ゆか...

クラウドファンディング初日に全国から予約が殺到! 真田幸村ゆかりの地・紀州の職人たちだけで創り上げた 高級スマホケースが4月1日に正式販売開始!

~大河ドラマ『真田丸』縁の地・紀州から、 地元職人達の情熱がいよいよカタチに~

株式会社協和(本社:和歌山県海南市、代表取締役:上田耕司)は、大河ドラマ『真田丸』縁の地である和歌山から、真田幸村をモチーフにした高級スマホケース【すまほぶくろ“不惜身命パッケージ”】の正式販売を4月1日(金)に開始いたします。

すまほぶくろ・不惜身命パッケージ
すまほぶくろ・不惜身命パッケージ

【すまほぶくろ“不惜身命パッケージ”】は、生産資金の一部を支援いただくため、1月12日より株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングの運営するクラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」にて予約販売を開始し、46日間で全国から200万円以上の資金調達に成功しています。


商品名は【すまほぶくろ・不惜身命パッケージ】
(666個限定品・シリアルナンバー付き)
詳細ページ: http://sumahobukuro.jp


【“すまほぶくろ”開発の背景】
和歌山には優れた技術がありながら、光が当たっていない産業が数多く存在します。例えば、兵庫・東京と並ぶレザーの産地であったり、室町時代から続く紀州漆器など、きっかけさえあれば世界に発信できる技術力があります。
本製品は『和歌山を元気にしたい』という想いを持つ地元の職人達だけで創り上げた逸品です。


【製品の特長】
1.幸村直系の子孫・仙台真田家13代ご当主様への献上品
製品の始まりとなるシリアルナンバー000は、仙台真田家13代ご当主・真田徹様へ献上。

2.スマホケースには和歌山産の高品質・牛革スエードを使用
日本三大皮革産地として数えられる和歌山の革【きのくにレザー】を採用。

3.本物の寛永通宝を装飾した戦国の世界観
木工職人による手作りの桐箱や畳職人によるミニ畳、そして本物の寛永通宝を装飾。


【製品概要】
名称   : すまほぶくろ“不惜身命パッケージ”(666個限定)
       ※題字プレートにシリアルナンバーが印字されています。
販売価格 : 25,000円(税抜)
サイズ  : 縦290×横185×厚み55mm
販売店  : 公式サイト http://sumahobukuro.jp
       ※実店舗では和歌山県九度山町・道の駅(おみやげ館)でのみ
        販売を予定。
Facebook : http://on.fb.me/1M2sg9j


【和歌山と真田幸村のつながり】
真田幸村といえば信州・上田が有名ですが、実は和歌山にもたいへん縁が深い戦国武将です。関ヶ原の戦いで徳川家康と敵対した幸村は、およそ14年もの間、紀州で隠棲生活を送っていました。幸村が亡くなったのが49歳だとすると、人生で最も長い時間を過ごした土地といわれています。


【会社概要】
商号  : 株式会社協和
代表者 : 代表取締役 上田耕司
所在地 : 〒642-0017 和歌山県海南市南赤坂5-3
設立  : 1989年7月
事業内容: 印刷物の企画・デザイン・印刷・自社製品の販売
URL   : http://www.kk-kyowa.jp

カテゴリ:
商品
ジャンル:
モバイル 生活用品・雑貨

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報