あの「大塚家具騒動」の全容と初めて明かされる大塚 久美子社長...|

あの「大塚家具騒動」の全容と 初めて明かされる大塚 久美子社長の「本音」  書籍『「理」と「情」の狭間』3月22日発行

2016.03.17 11:00

日経BP社は、株式会社大塚家具における経営権を巡る争いの全容と、初めて明かされる大塚 久美子社長の「本音」を綴った書籍『「理」と「情」の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』を、2016年3月22日(火)に発行いたします。

『「理」と「情」の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』表紙
『「理」と「情」の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』表紙

詳細URL: http://nvc.nikkeibp.co.jp/book/3565/


<「理」と「情」の戦いの行方>
今からちょうど1年前の2015年3月、大塚家具の株主総会で起きた経営権を巡る争い。本書はその顛末記です。「理」で推した大塚 久美子社長と、「情」に訴えた勝久会長の戦いはなぜ起きたのか、最も得をしたのは誰だったのか、創業者が立ち上げた「家業」を、社会全体のものである「公器」に変えようとした久美子社長の思いとは――。
一連の騒動をつぶさに観察してきた経済ジャーナリスト・磯山 友幸が、徹底取材と単独インタビューで、久美子社長の胸の内に迫ります。

<同族経営の限界と課題についての考察>
大塚家具を巡る家族間の対立は、どこの家庭でも、そして、どこの家族経営の企業でも起こり得ることです。だからこそ、あれだけ世の中の関心を集めたに違いありません。本書では、この「大塚家具騒動」を振り返りながら、同族経営の限界と、ガバナンス面での課題を真正面から考えていきます。


【目次】
第1章 露見
第2章 解任と復帰
第3章 前哨戦
第4章 仁義なき戦い
第5章 対決
第6章 象徴
第7章 教訓


【商品情報】
著者 :磯山 友幸
発行日:2016年3月22日(火)
ISBN :978-4-8222-3565-9
定価 :本体1,500円+税
体裁 :四六判・並製・248ページ
発行 :日経BP社
発売 :日経BPマーケティング


【著者プロフィール】
磯山 友幸(いそやま・ともゆき) 経済ジャーナリスト
1962年東京生まれ。87年早稲田大学政治経済学部卒業、日本経済新聞社入社。証券部記者、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、日経ビジネス副編集長・編集委員などを経て、2011年に退社・独立しフリーに。早稲田大学政治経済学術院非常勤講師なども務める。著書に『国際会計基準戦争完結編』『ブランド王国スイスの秘密』(いずれも日経BP社)など。共著に『オリンパス症候群』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「94876」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事