インド小売業コンサルティング廃棄分析ツール導入コンサルティン...

インド小売業コンサルティング 廃棄分析ツール導入コンサルティングサービス開始

単品管理手法導入によるオリジナル商品の売れ筋拡大に寄与

流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 福井康夫)は、インドなどアジア地域を中心とした現地小売企業を対象にコンサルティングサービスを提供しており、今回コンサルティングメニューとして、販売支援プログラムの一環として、単品管理を強化するため、廃棄分析ツールの導入支援コンサルティングサービスの提供を開始しました。

概要
概要

インドは人口12億5千万人、将来性が非常に豊かな市場の代表格です。メディアフラッグは成長著しい市場インドにて現地小売企業に対し、売上高の向上、店舗数の拡大を目的とした組織構築、商品・販促企画等あらゆる側面からのコンサルティングを行っております。廃棄分析ツールの活用で廃棄商品・売れ筋商品分析が可能となり、お客様の要望と店舗の品揃えの「ズレ」を無くし、顧客満足度の向上を目的とした売場実現度の強化に繋がっています。
メディアフラッグは、「日本のおもてなしを世界へ」をコンセプトに、当社に蓄積されている日本の流通小売現場の現状やノウハウをアジアに輸出し、新たなマーケットの拡大を行っています。今後も更にインドをはじめとしたアジア各国の企業に対し、今回ご紹介するようなコンサルティングを推進して参ります。

当社は、ニューデリーに拠点を置く現地小売企業A社に対し、日本式の店舗運営、販売ノウハウを活用し、店舗の売上・利益の拡大を目指した取組みを行っています。
顧客ニーズを調査し、差別化されたオリジナル商品の品揃え・販売強化することを目的とした販売支援として、当社がコンサルティングを担当しております。


◆廃棄分析ツール活用による単品管理手法の実施
これまでも、戦略商品に位置付けている差別化されたオリジナル商品の販売を伸ばす取組みを行っておりましたが、単品の販売状況を詳細にデータ検証していませんでした。
単品管理の基本的な考え方は、一品一品の商品の動きを捉え、何故売れるか、売れないかを見極めて、顧客の動きやニーズに対応した発注や品揃えを行い、その検証を行う事で品揃えの見直しや販売を強化していくことにあります。
廃棄分析ツールの活用により、日別の各単品の販売数や廃棄数がデータ化し、廃棄率・欠品率の原因を調査することで、これまで見えなかった機会損失を把握し、単品の販売数や売上を伸ばすことが可能となりました。


◆廃棄分析ツール活用による単品管理手法による成果
日別の納品販売廃棄データから売れ筋の機会損失、死筋の廃棄損失を分析し、品揃えと発注の改善を図る取組を継続して実施しております。
廃棄分析ツールの活用により、売れ筋商品の廃棄損失よりも、死筋商品からの廃棄損失が非常に多いことをデータから読み取り、データをもとに各担当店の責任者が品揃え・販売状況を各店舗にアドバイスすることで、店舗の売上・利益の拡大に寄与しております。今後も、売上・利益に繋がる販売体制全般のあらゆる強化を実施します。


◆メディアフラッグだからこそ出来る、現場に即した密着したコンサルティング
日本式の流通・サービス業を熟知したメディアフラッグであるからこそ、日本の流通小売業のノウハウや現場の課題を捉え、今後の売上拡大を実現するまでの密着したコンサルティングが可能という事例の一つです。このような日本式の販売支援ノウハウを活用したコンサルティングのニーズは増加傾向にあります。成長を続けるインドをはじめ、アジア市場と共に成長できるよう今後も営業活動を強化して参ります。

カテゴリ:
サービス
ジャンル:
ビジネス全般

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。