宿泊先を探す人と貸したい人をつなげるオンラインサービスAir...

宿泊先を探す人と貸したい人をつなげるオンラインサービスAirbnb  Airbnbが2016年リオ五輪における 宿泊施設の選択肢の一つとしての公式サプライヤーに決定!

宿泊先不足が懸念されるリオ五輪で 公式サプライヤーとして多くのホームシェアリングを提供

世界中のユニークな宿泊施設をオンラインで掲載・発見・予約できるコミュニティ・マーケットプレイスを提供するAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本語名:エアビーアンドビー、以下:Airbnb、ウェブサイト: https://www.airbnb.jp/ )は、2016年に開催されるブラジルのリオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピック(以下:リオ五輪)における、宿泊施設の選択肢の一つとしての公式サプライヤー(正式名称:Official Alternative Accommodation Service)になることを発表しました。2016リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピック組織委員会会長であるカルロス・アルトゥール・ヌズマン(Carlos Arthur Nuzman)とAirbnbの創設者であり現在チーフ・プロダクト・オフィサーを務めるジョー・ゲビア(Joe Gebbia)が3月27日、2016リオ五輪の本部で、記者会見を行いました。このような世界最大のスポーツの祭典での公式サプライヤーの調印は、Airbnbにとっても初めての機会となります。

公式サプライヤーに決定
公式サプライヤーに決定

海外から多くの観光客が押し寄せ、宿泊場所の不足が懸念されている2016年のリオ五輪において、Airbnbがともに協働し、良質で快適なホームシェアリングのプラットフォームを提供していくことで、リオ五輪をフルにサポートしてまいります。

今回のパートナーシップの締結によってリオデジャネイロは、パリ、ニューヨーク、ロンドンに次ぐAirbnbのトップ・デスティネーションとなります。開催期間となる2016年の8月5日から21日にかけて約38万人もの旅行者*がリオ五輪の観戦に来ると予想されています。Airbnbは、リオデジャネイロ市内、特にオリンピック会場近くの20,000軒のリスティング(宿泊物件)を準備し、外国からのゲストを迎えることになります。

2012年には3,500軒だったブラジル国内のAirbnbのリスティングは毎年増え続け、現在45,000軒以上のリスティングに増えています。リオデジャネイロでは、昨年開催されたサッカーのワールドカップでも、10万人を超す観光客がAirbnbの宿泊物件に泊まりました。今回のAirbnbのリオ五輪公式サプライヤーシップ締結は、その国の資産である地元の人々にスポットライトを当てながら、観光を促進、地域経済に潤いを与えるという点において、Airbnbが重要な役割を果たすことを示しています。

Airbnbの創設者であり現在チーフ・プロダクト・オフィサーを務めるジョー・ゲビア(Joe Gebbia)は今回の提携に関し次のように述べています。「Airbnbが2016年のリオ五輪において公式サプライヤーになり、ホームシェアリングの機会を提供できることをとても誇りに思います。これから海外から多くの観光客がリオデジャネイロを訪れることになりますが、リオデジャネイロのホストたちがブラジルならではのホスピタリティを提供し、ゲストへ真のブラジルの魅力を提供していってもらうことを楽しみにしています。そして海外からのゲストへはその触れ合いを楽しみながら、ブラジルの真の文化を、そしてリオ五輪を楽しんでいただきたいと思っています。」

2016リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピック組織委員会会長であるカルロス・アルトゥール・ヌズマン(Carlos Arthur Nuzman)は、今回のパートナーシップの締結に関し次のように述べています。「Airbnbは、質の高い宿泊場所の供給という点から素晴らしいパートナーであると考えています。リオ五輪の公式宿泊サービスのサプライヤーとして、Airbnbの特設サイトから多くの魅力的な宿泊物件のプラットフォームを提供していくことになるでしょう。リオ五輪開催中は、ブラジル国内および世界中からの観光客を受け入れ、200ヶ国以上のオリンピック選手団を応援することになります。Airbnbに宿泊することによって、多くの観光客がブラジルという国や文化を知る機会を得て、リオ五輪を思う存分楽しんでもらうことを願っています。」

また、Airbnbブラジルのカントリーマネジャーであるクリスチャン・ジェスナー(Christian Gessner)は、「南米で初めて開催されるオリンピック・パラリンピックにおいて、世界各国からゲストを迎えることに特別な喜びを感じています。カリオカ(リオデジャネイロ住民)はホスピタリティに関しての天性を持っています。そしてリオ五輪の感動と興奮の最中に、Airbnbのホストたちが多くの外国のお客様を家に迎え、その喜びを共有していけることを心から楽しみにしています」と述べています。


世界で爆発的な人気を遂げているウェブサービスAirbnbは今後も、旅を愛するより多くの皆さまに、このような社会的活動を通して、多くの興奮や喜びをお届けできることを願っています。


*Embratur(ブラジル観光公社)


<Airbnb(エアビーアンドビー)について>
Airbnbは、2008年8月にカリフォルニア州サンフランシスコに創立されました。Airbnbは、世界中で部屋を短期で貸したい人がユニークな宿泊施設を登録する一方、旅行などで宿泊先を探している人が現地の登録宿泊施設を検索・予約することができるという、信頼性の高いコミュニティ・マーケットプレイスです。Airbnbのサイトへは、PC・携帯端末を問わずアクセスできます。Airbnbは、アパートに1晩、お城で1週間、別荘で1ヶ月滞在するなどの多種多様な滞在ニーズに対応するとともに、190カ国34,000を超える都市や街で多様な価格帯のユニークな旅行体験を提供しています。世界クラスのカスタマーサービスを完備し、ユーザーコミュニティを拡大しているAirbnbは、空いている部屋を世界中の人々に紹介し、宿泊者先を探す旅行者(ゲスト)と空部屋を貸したい人を繋げる役割を果たしています。詳細は以下をご覧ください。

Airbnb 日本語サイト
https://www.airbnb.jp/
Airbnb リオのお気に入り
https://www.airbnb.com/wishlists/58095939

プレスリリース添付資料

カテゴリ:
企業動向
ジャンル:
レジャー・旅行 その他スポーツ

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報