インスタントメッセンジャーで育てる“おはなしロボット”「ひこ...

インスタントメッセンジャーで育てる“おはなしロボット”「ひこまた」(β版)開始

報道関係者各位
プレスリリース                      2007年2月15日
                            NeoLAB株式会社

サービストップページ
サービストップページ

======================================================================
    インスタントメッセンジャーで育てる“おはなしロボット”
        「ひこまた」(β版)サービス開始のお知らせ
             http://www.hikomata.jp
======================================================================

NeoLAB株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:李 相奎
(リー サンギュ)、以下 NeoLAB)は、インスタントメッセンジャー(現在は、
マイクロソフト社の提供するMSNメッセンジャーのみ対応)で育てるおはなし
ロボット「ひこまた(β版)」( http://www.hikomata.jp )を開始致しました。

ひこまたは、ユーザーがMSNメッセンジャーのメンバーに特定のアカウント
(現在hikomata000~999@hotmail.co.jpの1000アカウントが該当)を追加すると、
人工知能ロボットであるひこまたとお話したり、育成する(言葉を教える)ことが
できるオンラインサービスです。


■日々学習して成長するロボット
ひこまたは、既に設定されている特定の会話を答えるのではなく、ウェブサイト
を通じてユーザーの皆様から様々な言葉を学習して会話をします。
ユーザーによって教える言葉が異なるため、「バレンタイン」といった時事的な
言葉から、「ギザカワユス」などの流行語まで、毎日様々な言葉を学習中です。
(現在までに学習した言葉は約3000語。会話サンプル添付)


■共同で育成するロボット
本サービスでは、ひこまたを育成しますが、従来のペット育成ゲームとは
異なり、各ユーザーが一人のひこまたを育てるのではなく、ユーザー全員で
一人のひこまたを共同育成します。つまり、あるユーザーが教えた言葉は
全ユーザーに反映されます。(言葉を覚える仕組み図参照)


■韓国の女子中高生に大人気
本サービスは、韓国で2002年9月からsimsimiという名称でスタートし、
2003年9月には対話相手となるユーザーが100万人を突破。2004年から携帯電話を
利用したサービスを開始し、韓国の女子中高生の間で大変な人気を博しました。
このロボットを相手に、愚痴をこぼしたり、恋愛や人生の相談する子が続出
しました。

当社は以前より、「simsimi」などのネットサービスを含めた韓国ネット
ビジネス業界に注目しておりました。そして今回、日本においてこのビジネス
モデルを「おはなしロボット ひこまた」として開始するにいたりました。
今後は携帯電話を利用したサービスへの展開など、継続的にサービスの追加・
改善を行い、ユーザーの皆様から評価されるサービスの提供に努めてまいります。

■サービス名称
おはなしロボット ひこまた ( http://www.hikomata.jp )


【会社概要】
社名  : NeoLAB株式会社
URL   : http://www.neolab.co.jp/
所在地 : 東京都渋谷区本町2-6-3 ペアレンツビル3F
設立  : 2006年11月24日
資本金 : 4500万円
代表者 : 李 相奎(リー サンギュ)
事業内容: インターネットメディア製作及びサービス
      オンラインゲーム製作及びサービス


【本リリースに関するお問い合わせ】
NeoLAB株式会社
ひこまた事業
担当  : 野村
TEL   : 03-5304-9885
E-mail : info@neolab.co.jp

カテゴリ:
サービス
ジャンル:
その他IT・インターネット

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報