“NYの朝食の女王”、「Sarabeth’s(サラベス)」代官山店  バレンタイン・スペシャルパンケーキが期間限定で登場

2014年2月3日(月)~14日(金)

“ニューヨークの朝食の女王”と賞賛されるベーカリーレストラン「Sarabeth’s(サラベス)」。日本初上陸店としてオープンした「ルミネ新宿店」に次ぎ、昨年10 月には待望の第2号店として代官山店がオープンしました。両店共に、自慢のヘルシー&リッチ味わいを堪能したいと、連日、朝から開店を待つ多くのお客様で賑わっています。
このたび代官山店では、2月14日のバレンタインデーに向けた、スペシャル・オリジナルメニュー「チョコレート エクスプロ―ジョン(1,400円)」を2月3日より14日までの期間限定で販売いたします。このメニューは代官山店のみでしかお楽しみいただけない限定メニューです。

チョコレート エクスプロージョン 1400円
チョコレート エクスプロージョン 1400円

■ 代官山店限定オリジナル「チョコレート エクスプロージョン」
サラベスといえば、フレンチトーストやパンケーキ、エッグベネディクトなど、「朝食の女王」の名にふさわしい、リッチなテイストが魅力の朝食メニューで有名。このたびスペシャル・オリジナルメニューとして提供される「チョコレート エクスプロージョン」は、サラベスの代名詞ともいえるパンケーキを、数ある朝食メニュー同様、優しい味わいに拘りながら、サラベス流にアレンジ。しっとりとしていながら、軽くふわふわした食感を楽しんでいただけるパンケーキ生地に2種類のチョコレートを練りこみ、さらにマシュマロを加え、丁寧に焼き上げたパンケーキで、ひとたびナイフを入れるとチョコレートがとろけ出る様子は、まさに誰かを想う気持ちがあふれ出すよう。それをラブ エクスプロージョン(愛の爆発)ならぬ、「チョコレート エクスプロージョン」というメニューネーミングに反映させました。
恋する季節、サラベスのパンケーキでハッピーなひと時をぜひ楽しみください。

<<チョコレート エクスプロージョン>>
1,400円
ふわふわのチョコレート生地に2種類のチョコレートとマシュマロを入れて焼き上げました。
中から溶けたチョコレートとマシュマロが溶け出る、サラベス代官山店限定バレンタインパンケーキです。

■ サラベスとは
「サラベス」は、Sarabeth Levine(サラベス・レヴィーン)が、家族に1780年から伝わるレシピで作ったフルーツスプレッド(果物の甘味をいかした砂糖控えめのジャム)の小売りからスタートし、1981年にNYのアッパー・ウエスト・サイドにレストラン第1号店をオープン。終日提供するフレンチトースト、パンケーキ、ワッフル、エッグベネディクトなどのリッチな味わいから“NYの朝食の女王”と評され、地元ニューヨークは元より、アメリカ国内のみならず世界中のグルメを惹きつけるほどの人気となり、アメリカ国内においては、現在NYに10店舗、フロリダ・キーウエストに1店舗の計11店舗を展開しており、2012年、日本初上陸として東京・新宿「ルミネ新宿 ルミネ2」にオープン。昨年10月4日には東京・代官山に待望の国内第2号店を出店しました。

■ 一日を通してお楽しみいただけるサラベス・朝食メニューへのこだわり
サラベスが今も昔と変らず愛情を込めて作るアメリカンクラッシックのテイストはアメリカ国内のみならず世界中のグルメの心まで満たしています。レストラン格付けガイドブックザガット・サーベイでは「ニューヨークNO.1デザートレストラン」にも選出され、「New York Magazine」は“文句なしのニューヨークの朝食の女王”と賛美。 サラベスが作り出すメニューの数々は、アメリカンドリームのサクセスストーリーとともに、グルメの“マスト”アイテムとして確固たる地位を築いています。そんなサラベスのメニューを代表するのが「フレンチトースト」、「リコッタパンケーキ」、「クラシックエッグベネディクト」などの朝食メニュー。リッチなテイストは、まさに女王の名を象徴する一品となっています。

サラベス 代官山店 概要
住 所 :〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-35-17 T-SITE Station 2階
TEL :03-5428-6358
営業時間 :9:00~22:00(21:00フードLO、21:30ドリンクLO)
Website :http://www.sarabethsrestaurants.jp/

カテゴリ:
イベント
ジャンル:
フード・飲食
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「42596」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報