TMI 台灣創意工場社、専門家80名を抱え開発資金最大20万...|

TMI 台灣創意工場社、専門家80名を抱え開発資金最大20万ドルを提供する デジタルデバイス開発専門クラウドファンディング『HWTrek』をリリース

2013.12.06 16:00

台湾のTMI 台灣創意工場社は、パブリックベータ『ハードウェア・トレック(HWTrek)』のリリースを2013年11月20日付で発表しました。

開発製品一例1 引用元www.HWTrek.com
開発製品一例1 引用元www.HWTrek.com

『ハードウェア・トレック(HWTrek)』
http://www.hwtrek.com


『ハードウェア・トレック』は、80名以上のデジタルデバイス開発に関する業界屈指の専門家と最大20万ドルの開発資金を提供するクラウドファンディングプラットフォームです。デジタルデバイス開発の専門家(デザインや製造)と起業家、次世代のハードウェア製品を生活や市場にもたらすことに熱意のあるサポーターを結びつけるサービスです。

起業家と製造専門家がペアを組み、市場に新しく且つ複雑な製品を提供することをサポートし、予算内でまた限られた時間内で高品質な製品が提供されることを目指します。サポーターは高品質の製品を得られ、起業家は彼らの製品のビジョンを現実のものにするために必要なサポートを得ることができます。

▼サービスイメージ(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=YNUW2b5G3Do&feature=player_embedded


TMI 台灣創意工場社は、クローズドベータサービスとして今までは特定のアクセスコードを持ったユーザーにのみサービスを提供し、開発を続けてきましたが、今後は世界中の方にFacebookやLinkedin、または『ハードウェア・トレック』でアカウントを作成していただくことで、電子機器製造に特化したクラウドファンディングへ参加いただけます。


TMI 台灣創意工場社のCEOであるLucas Wangは、以下のようにコメントしています。
「ハードウェアを製造することは、簡単な仕事ではありません。良いアイデアを思いつくことはきっかけに過ぎず、その後の過程が最も困難なのです。本当の謎かけはそれをどう起動させるかです。多くの場合、試作品が完成した後ですら起業家は充分な資金を集めたにもかかわらず、デザイン、製造、流通の問題で悩まされるのが常です。そのため、私たちは『ハードウェア・トレック』を作ることにしたのです。」

そこで、TMI 台灣創意工場社はサービスの一環として各分野の専門家による製造やコスト管理、また資材の調達や流通の問題を解決するアドバイスを行い、限られた期間と予算内で良い製品を作るサポートを提供します。

9月に『ハードウェア・トレック』のクローズドベータをリリースして以来、プラットホーム上にて80名以上の専門家(個人や企業)を抱えるまでに成長しました。

<専門家一例>
●Brian Lamb:CEO and founder of Swivl
●Charles Huang:CEO and co-founder of Green Throttle Games (previously CEO and co-founder of RedOctane, co-creator of Guitar Hero)
●Idan Beck:Founder of Incident Technologies (maker of gTar)
●Jeevan Kalanithi:CEO and founder of Sifteo
●Katherine Hague:CEO and co-founder of ShopLocccccddket
●Morgan Brown:Founder of FullStack Marketing

TMI 台灣創意工場社の協力的な体制により、起業家と専門家の間で公開討論を促します。また起業家も個人的にデザインを改善するために、専門家からの彼らのプロジェクトに関するアドバイスやフィードバックを求めることができます。

<『ハードウェア・トレック』を利用して開発された製品一例>
様々なモバイルデバイスに装着可能な暗視鏡(画像):
http://www.atpress.ne.jp/releases/41411/A_1.jpg
http://www.atpress.ne.jp/releases/41411/B_2.jpg
http://www.atpress.ne.jp/releases/41411/C_3.jpg


パブリックベータ『ハードウェア・トレック』は、アメリカ、イギリス、台湾でも同時展開いたします。

カテゴリ
サービス
ジャンル
その他IT・インターネット
報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「41411」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ