Match.com愛の調べ~今年の流行語と恋愛2013編~ 異性に対するおもてなし「するよりされる方が好き」が過半数

倍返しして欲しいのは「気づかい」  今でしょ!のタイミングが難しい恋愛行動、一番は「別れを告げること」  「恋愛相談したい有名人」1位はマツコ・デラックス、ふなっしーも人気

世界最大級(注1)の恋愛・結婚マッチングサイト(注2)マッチ・ドットコム ジャパン株式会社(米国本社:テキサス州、東京都港区、代表取締役:金野 知行、以下 Match.com)は、全国の25~40歳の独身男女324名を対象に、流行語と恋愛に関する調査を実施しました。同調査結果を『第32回Match.com愛の調べ~今年の流行語と恋愛2013編~』として本日発表します。

グラフ:Q1、Q2
グラフ:Q1、Q2

■調査内容
今年もあと残り1ヶ月を切りました。振り返れば色々あった2013年ですが、私たちの日常をさりげなく楽しませてくれたのは、豊作と言われた数多くの流行語ではないでしょうか?「今でしょ」にはじまり、「アベノミクス」で好景気を予感し、「じぇじぇじぇ」と驚き、職場で「倍返し」を連発したり、「お・も・て・な・し」の心を再認識するなど盛りだくさん。流行りの台詞が多い分、普段の会話も明るく弾んだことと思います。今回はそんな流行語にちなんだ恋愛アンケートを実施してみました。話題になったあのキーワードとともに今年の恋愛事情を振り返りましょう。


■調査内容ハイライト
・6割の独身男女が「一億円当たっても恋人に言わない」…【Q1】
・おもてなしはするよりも「される方が好き」が過半数…【Q2】
・3割の独身男女が「気づかい」の倍返しを希望…【Q3】
・女性の3割が、今でしょ!といかないのは「別れを告げる」こと…【Q4】
・彼からの誕生日プレゼントが「ハムの詰め合わせ」だったことにじぇじぇじぇ…【Q5】
・恋愛相談してみたい有名人1位は「マツコ・デラックス」…【Q6】

注1) comScore Media Metrix、2005年11月調べ
注2) 恋愛・結婚マッチングサイト:インターネットで結婚相手や恋人を探す事ができるサービスで、希望する相手の年齢や性別、居住地、趣味などの条件を設定し、条件にあった相手を登録会員の中から探すことが可能。


■結果詳細

【Q1】もしも宝くじで一億円が当たったら、そのことを恋人に言いますか?

<全体>
・言う…36.4%
・言わない…63.6%

年末ジャンボが1等・前後賞合わせて7億円と史上最高額となるなど、当選金の高額化が進んだ宝くじ。アベノミクスによる景気回復も実感乏しいという声が聞かれる中、宝くじ当選を夢見る人は大勢いることでしょう。昔からよくあるのが「もし1億円当たったら?」という質問。欲しいもの、買いたいものなど、その使い道とともにそれぞれが夢を思い描きます。では、もし1億円が当たった場合、皆さんはそのことを恋人に言うでしょうか。結果は「言う」が36.4%、「言わない」が63.6%で言わない派が過半数を占めました。

<男女別>
●男性
・言う…35.8% ・言わない…64.2%
●女性
・言う…37.0% ・言わない…63.0%

男女別でも結果はほぼ同じでした。「言う」と答えた人は、男性の場合「隠し通せる自信がないから(男性/31歳/製造)」など、言わなくてもどうせバレるという方がほとんどである一方、女性からは「一緒に喜びを分かち合いたいから(女性/35歳/金融)」や「マンションを購入して一緒に暮らしたい(女性/28歳/飲食)」など大金の共有に前向きな意見が多く寄せられました。「言わない」と答えた人は「相手の態度が変わってしまいそうで怖い(男性/29歳/商社)」や「どんなに信用していても結婚するまでは言わない(女性/33歳/サービス)」、「怖いので1億円とは言わない(女性/36歳/建設)」など金銭を巡るトラブルや二人の関係性の変化を危惧しているようです。


【Q2】異性に対して“おもてなし”をする方とされる方、どちらが好きですか?

<全体>
・する方が好き…43.8%
・される方が好き…56.2%

<男女別>
●男性
・する方が好き…45.1% ・される方が好き…54.9%
●女性
・する方が好き…42.6% ・される方が好き…57.4%

東京オリンピック招致活動で話題になった「お・も・て・な・し」。日本人らしいサービス精神を表すこの言葉ですが、世間の感覚は「する方が好き」が43.8%、「される方が好き」が56.2%と、おもてなしに関してやや受け身の姿勢であることがわかりました。

「する方が好き」と答えた人は「相手の喜ぶ顔を見るのが好き(男性/25歳/鉄道)」、「自分は尽くすタイプだから(女性/29歳/公務員)」、「おもてなしの準備をしているときが楽しい(男性/34歳/機械)」、「料理が好きなので(女性/33歳/医師)」と、おもてなしそのものを楽しんでいるのがほとんどですが、男性の中には「相手に借りをつくりたくない(男性/33歳/IT)」や「自分が優位にたてる(男性/31歳/小売り)」など、おもてなしを相手との関係性を決める手段にしているという人もいました。

「される方が好き」と答えた人は「愛されているような気がして幸せなので(女性/26歳/人材派遣)」、「自分の存在を認められているようで嬉しい(男性/26歳/製造)」といった意見もありましたが、大半の方が「相手に気をつかうのが苦手(女性/38歳/公務員)」、「尽くすのは疲れるから(女性/32歳/製造)」、「どうすれば相手が喜ぶかわからない(男性/35歳/サービス)」と、おもてなしをすることに苦手意識があるようです。


【Q3】好きな異性に“倍返し”して欲しいことはなんですか?

<全体>
・気づかい…29.6%
・プレゼント、飲食費…20.7%
・スキンシップ…17.3%
・愛のある言葉…9.6%
・費やした時間…5.2%
・電話、メール、メッセージ…4.9%
・その他…12.7%

ドラマ「半沢直樹」から出た名台詞「倍返し」。劇中ではやられたらやり返すという逆襲の意味でしたが、今回は好きな異性に対して、なにを倍にして返して欲しいのか調査してみました。トップは「気づかい」の29.6%、以下「プレゼント、飲食費」、「スキンシップ」「愛のある言葉」と続きました。

<男女別>
●男性
・気づかい…33.3% ・スキンシップ…23.5% ・プレゼント、飲食費…11.7%
・愛のある言葉…7.4% ・電話、メール、メッセージ…6.2% ・費やした時間…4.3%
・その他…13.6%
●女性
・プレゼント、飲食費…29.6% 気づかい…25.9% ・愛のある言葉…11.7%
・スキンシップ…11.1% ・費やした時間…6.2% ・電話、メール、メッセージ…3.7%
・その他…11.7%

男性で「気づかい」と答えた人は「目に見えないものの方が大切(男性/35歳/タクシー)」や「100の言葉より1の気づかいの方が相手の心を感じる(男性/39歳/サービス)」など、お金や数字に換え難いものを一番に求めているようです。一方、女性の1位は「プレゼント、飲食費」となっており、「愛はお金ではかるものだから(女性/25歳/公務員)」、「形で示して欲しいから(女性/33歳/教育)」と男性とは正反対の意見が目立ちました。


【Q4】異性に対する行動で最もタイミングが難しいと思うことは?

<全体>
・別れを告げる…23.1%
・愛の告白…22.8%
・秘密を打ち明ける…17.0%
・デートに誘う…12.3%
・プロポーズ…9.0%
・SEXをする、誘う…8.6%
・キスをする、誘う…2.8%
・その他…4.3%

続いて林修先生に「今でしょ」と背中を押してもらいたいような、タイミングの難しい恋愛行動について聞いてみました。すると全体では「別れを告げる」が「愛の告白」を上回る結果に。

<男女別>
●男性
・愛の告白…26.5% ・秘密を打ち明ける…15.4% ・SEXをする、誘う…15.4%
・別れを告げる…14.8% ・デートに誘う…11.1%
・プロポーズ…9.3% ・キスをする、誘う…4.3%
・その他…3.1%
●女性
・別れを告げる…31.5% ・愛の告白…19.1% ・秘密を打ち明ける…18.5%
・デートに誘う…13.6% ・プロポーズ…8.6%
・SEXをする、誘う…1.9% ・キスをする、誘う…1.2%
・その他…5.6%

男性の1位は「愛の告白」の26.5%で「これがすべてのきっかけだから(男性/38歳/製造)」、「この結果次第で今後の関係が変わるから(男性/27歳/IT)」と主導する立場としての心境が伺えます。そんな中、女性の3割が「別れを告げる」が最も難しいとしており「ケンカ別れじゃないと切り出しが難しい(女性/30歳/旅行)」、「相手が別れたくないのに別れたい時など(女性/33歳/自動車)」、「相手を傷つけず、自分も傷つかないようにしたいから(女性/39歳/トレーナー事務)」など、別れ際ならではの微妙な心持ちが綴られています。

また男女ともに多かった「秘密を打ち明ける」では「早すぎても遅すぎても問題になる(女性/39歳/会社員)」、「関係が安定するまで打ち明けにくい(女性/28歳/事務)」、「タイミングを逃すと2度と言えなくなるから(男性/27歳/卸売)」と秘密の度合いにも依りつつ、カミングアウトは恋愛における第二の告白と重くとらえているようです。


【Q5】今年、最も驚いた恋愛に関するエピソード(自分以外のことでも可)は?

あまちゃん以上に「じぇじぇじぇ」と驚いた今年の恋愛エピソードを募ってみました。「特になし」という人も多い中、男女ともに喜怒哀楽たっぷりの仰天ニュースが続々と寄せられました。

<寄せられたエピソード・男性編>
「友人の恋人が2ヶ月ごとに変わっていたこと(27歳/IT)」
「知人の不倫相手が娘さんの担任の先生だったこと(39歳/医療)」
「矢口真理さんの不倫スキャンダル(31歳/製造)」
「8年間同棲していた彼女と別れたこと(39歳/設備保守)」
「ロンドンブーツ1号2号・田村淳さんの結婚(32歳/自営)」
「付き合いはじめた彼女と3日で別れたこと(33歳/学習塾)」
「周囲に事実婚が増えていること(35歳/自営)」
「離婚協定中の友人女性が違う男性の子どもを妊娠したこと(31歳/小売)」
「既婚の元カノと再会して不倫関係になるも大喧嘩して着信拒否されたこと(32歳/事務機器販売)」
「知人が彼女と付き合って1週間で結婚したこと(34歳/自営)」
「彼女が二股をかけていたこと(25歳/鉄道)」
「ノリで告白したらそのままOKだったこと(32歳/理学療法士)」

<寄せられたエピソード・女性編>
「友人が交際10年目の記念日に結婚したこと(26歳/人材派遣)」
「不倫で裁判沙汰になってしまったこと(26歳/人材派遣)」
「交際1年の彼と結婚を決めたこと(28歳/セミナー運営)」
「60歳近い人から付き合ってもいないのにプロポーズされたこと(28歳/飲食)」
「アプローチされた人が実は既婚者だったと2年後に知ったこと(30歳/製造)」
「職場で一番嫌いだった人と付き合って婚約したこと(31歳/運輸)」
「同僚の奥さんが旦那さんの浮気を疑って出張先に現れたこと(31歳/事務)」
「うつ病の彼氏が遺書を書いていたこと(33歳/自動車)」
「婚約者もいる友人男性が街中でキスしてきたこと(38歳/IT)」
「2年間憧れ続けていた人との交際がはじまったこと(39歳/貿易)」
「モテ期が来たこと(30歳/公益法人)」
「友人が彼氏からもらった誕生日プレゼントがハムの詰め合わせだったこと(29歳/イラストレーター)」


【Q6】一度、恋愛相談してみたいと思う“今年活躍した有名人”は誰ですか?

<1位>マツコ・デラックス…19.8%
<2位>壇蜜…15.7%
<3位>ふなっしー…9.6%

<4位>堺雅人…9.3% <5位>大久保佳代子…8.0% <6位>有吉弘行…7.4%
<7位>林修…5.9% <8位>能年玲奈…3.7% <9位>安倍晋三…1.9% 
<10位>田中将大…0.9% その他…17.9%

最後に恋愛相談してみたい有名人を“今年活躍した人”限定で聞きました。堂々の1位はマツコ・デラックスさん。もはやバラエティには欠かせない存在であり、歯に衣着せぬ発言で今年も大活躍の1年でした。票を入れたほとんどが女性ですが「男女両方の気持ちを分かっていて、ハッキリ言ってくれそうだから(女性/35歳/福祉)」、「肯定されることに疲れた自分を叱ってくれそう(女性/29歳/医療)」とテレビ同様の直球アドバイスに期待しているようです。

続く2位は壇蜜さん。で主な意見として「優しく励ましてくれそう(男性/32歳/IT)」、「男性への接し方について熟知してそうだから(女性/28歳/運送)」、「恋愛には冷めていそうなので気兼ねなく意見をもらえそう(女性/37歳/飲食)」など経験の豊富さに加え、頭の回転のよさについても多く触れられていました。男女の票数差はほぼ無く、男女両方から支持されていることがわかりました。

そして、しゃべって飛び跳ねるゆるキャラ、ふなっしーが3位と健闘。「話を聞いてくれるだけで元気になれそうだから(男性/27歳/建設)」、「ヒャッホーと前向きになれる感じがする(女性/32歳/不動産)」と明るくポジティブなイメージが好結果につながったようです。


■考察
いかがでしたか?一年分の経験を積み重ねてきた年の瀬だからこそ、じっくり恋愛について考えたり、冷静に振り返ったりできるのかもしれませんね。【Q1】では大金を隠せない男性と共有したい女性の両者に心境の差があること、【Q2】では案外おもてなしが苦手な人が多いこと、【Q3】では男女の間で求めるものがすれ違いやすいことが分かりました。

【Q4】の「別れを告げる」が最もタイミングが難しいという結果は少し予想外でしたが、男性と女性の立ち位置の違いを考えれば、十分納得できる話なのではないでしょうか。【Q5】に寄せられたエピソードでは自分についてはシンプルなニュース、友人・知人については不倫などディープな事件が多かったように思います。

【Q6】のマツコ・デラックスさんは順当な結果ですが、堺雅人さん、大久保佳代子さん、有吉弘行さん、林修先生ら各界の強者を抑えて上位に入った、ふなっしーに拍手!12月とはいえ、今年もまだ1ヶ月あります。忘年会やクリスマスなど楽しいイベントもこれから。充実していたという人はそのままに、あまりいい年ではなかったという人は年内ギリギリまでもうひと勝負して欲しいところです。じゃ、いつ恋愛するか?今でしょ!


■調査概要
調査方法  :インターネット調査
調査期間  :2013年11月21日~2013年11月24日
有効回答者数:324人
回答者の属性:全国在住の25~40歳の独身男女
       (内訳)男性…162人、女性…162人


■Match.com について( http://www.match.com )
Match.comは、世界最大級のインターネット・マッチングサービスとして、世界5大陸25ヵ国、8言語にて会員制インターネット・マッチングサイトを運営しています。Match.comは、インターネット・マッチングのパイオニアとして1995年の設立以来、常に改善を続け、新たな恋愛のツールを会員に提供してきました。Match.comでは、様々な人種、言語、居住地、年齢、性別、趣味、性格、身体的特徴など多種多様なプロフィールをもつ会員から条件を設定し、条件にあった相手を探すことができます。Match.comは、日本ではMSN、AOL、ウォーカープラス、So-net、OCN、ORICON STYLE、gooにコンテンツを提供。Match.comはIAC/Interactive Corp(NASDAQ:IACI)の営利会社です。


※本リリースの調査結果をご利用頂く際は、下記問合せ先にご連絡の上、必ず「第32回Match.com愛の調べ~今年の流行語と恋愛2013編~」と明記下さい。

プレスリリース添付資料

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
その他ライフスタイル

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報