ビューティー&ウエルネスの国内最大規模展示会 第12回「ダイ...

ビューティー&ウエルネスの国内最大規模展示会  第12回「ダイエット&ビューティーフェア2013」、 第4回「スパ&ウエルネスジャパン2013」が 9月9日・10日・11日に東京ビッグサイトで開催  ~2013年度は「エイジングケア化粧品」にフォーカス!~

美容の総合展示会「ダイエット&ビューティーフェア」(主催:UBMメディア株式会社、東京都千代田区)と、同時開催で国内唯一のスパ&ウエルネスの専門展示会「スパ&ウエルネスジャパン」(スパ&ジャパン改名)は、9月9日(月)・10日(火)・11日(水)の3日間、東京ビッグサイト(西1・2ホール&アトリウム)で開催します。
昨年度は、会期3日間を通して25,370人の業界関係者が最新の商材や技術・情報を求め集結しました。事務局では今年度は27,000人の来場を見込んでいます。

2012年度 会場風景
2012年度 会場風景

両展示会の今年度のテーマは「日本発、ビューティー&ウエルネス」。出展スペースは従来の西1・2ホールに加えて、アトリウムも新たに展示スペースとして拡大。今後の市場の拡大が期待される「エイジングケア化粧品」を「フォーカスカテゴリー2013」として配置しました。

また、同展示会のもう一つの見どころが、多彩なイベントとトレンド情報満載の各種セミナー。その核となる「ビューティー&ウエルネスサミット」は、国の成長戦略である「健康長寿産業の確立」を受け、「健康長寿産業で日本を元気に!」をスローガンに開催。美容健康業界全体の現状分析と将来を予想する内容等、当イベントでしか得られない美容・健康業界の横断的な情報を発信します。
是非、報道関係者様のご来場を心よりお待ち申し上げます。


■出展ゾーンの見どころ ビューティー&ウエルネスのトレンド商材・サービスが一堂に!

●フォーカスカテゴリーは「エイジングケア化粧品」に!
エイジングケア化粧品はスキンケア市場の約4割を占めるとされ、機能性の高い製品が次々と開発されています。今回、こちらのゾーンには近年異業種から美容業界へ参入した眼鏡の株式会社三城がエイジングスキンケア「パリミキコスメ」を提案する等、注目のエイジングケア化粧品が多数出展します。また、フォーカスカテゴリーゾーンの記念イベントとして、2日目(10日)にポーラ、アルビオンの担当者が取り組みを語る「世界に誇る日本のアンチエイジングコスメ ~幹細胞、抗糖化、遺伝子コスメ最前線」を開催します。

●ニューフェイス企業の「ホットプロダクツゾーン」
初出展のフレッシュな顔ぶれが集まる「ホットプロダクツゾーン」では、美容と健康のアプリを集めた「モバイルアプリ for Beauty」コーナーや日本骨気協会、プロポーションづくりの株式会社ダイアナ等の企業が登場します。

●新設「スポーツビューティーゾーン」と「海外スパブランド」コーナー
本展示会初、フィットネスインストラクターが集結する「スポーツビューティーゾーン」を新設しました。美意識の高いスポーツウーマン達のオピニオンリーダーであるインストラクターに向けた商品が出品されます。株式会社ゼロイニシャライズがフィットネス機器の新製品を出品。また、韓国で大ヒットしているエクササイズ機器TwistRUNや骨盤矯正シートでお馴染みのhihip等の韓国製品が、このゾーンに出品されます。
また、「ナチュラルスパプロダクツゾーン」には「海外スパブランドコスメコーナー」を新設。ペボニア、エレミス、スイスパーフェクション、ヨンカをはじめ欧米やアセアン諸国のコスメブランドが展示されます。

●国内初イベント「スパ&ウエルネスウィーク2014」(下記詳細)集中展示エリア
今年2月に開催された国内初のスパ統一イベント「スパ&ウエルネスウィーク2014」のPR展示(スパ・セレクション)も見どころの一つです。

<国内初スパ業界の統一イベント「スパ&ウエルネスウィーク」とは…>
スパ&ウエルネスウィーク実行委員会(NPO法人日本スパ振興協会、UBMメディア株式会社、株式会社コンセプトアジア)が主催する国内初となるスパの統一イベントでスパの利用促進を目的としています。前回は全国70施設が参加し盛況に行われました。
※次回のスパ&ウエルネスウィークは2014年2月14日~3月16日に開催を予定。


■展示会のもう一つの見どころ、多彩なイベント・セミナー!

●美容・健康産業のキーマンが集結!「ビューティー&ウエルネスサミット」
併催ステージイベントの「第3回ビューティー&ウエルネスサミット2013」では、今年は国の成長戦略である「健康長寿産業の確立」を受け、「健康長寿産業で日本を元気に!」をスローガンに開催。美容・健康業界のキーパーソンによる基調講演とパネルディスカッションが行われ、美容・健康業界の現状、トレンド、展望を占う内容で業界関係者は必見です。
会期初日(9日)のオープニングでは、経済産業省 ヘルスケア産業課 課長 森田 弘一氏が『成長戦略の重点施策「健康長寿産業の創出と国際化」とは~美と健康産業への期待』について講演します。

●スパ業界関係者必見のイベント!「スパ・シンポジウム」、「スパのプロフェショナル100人会議」、「クリスタルアワードジャパン授賞式」!
今年で5回目を迎える「スパ・シンポジウム(共催:NPO法人日本スパ振興協会)」では、2日目(10日)に観光庁 参事官 高橋 一郎氏がスパ&ウエルネスツーリズムの可能性について講演します。
また、昨年大好評だったスパの現場責任者達の年一度の意見交換の場である「スパのプロフェッショナル100人会議」(招待制:問い合わせ先は下記事務局)や、日本のベストスパを選ぶ「スパ&ウエルネスジャパン クリスタルアワード2013」の発表・授賞式は会期初日(9日)に開催されます。

●新・健康美の提案をする「ナチュラルビューティーコレクション2013」を初開催!
(共催:ナチュラルビューティーコレクション実行委員会/財団法人日本健康スポーツ連盟)
3日目(11日)のイベントステージでは、ウォーキングや筋トレのプロフェッショナルがヒップアップやバストアップのワンポイントアドバイスをします。また、ボディフィットネスで鍛えられたナチュラルで健康的な筋肉美を持つ男女が登場し舞台を盛り上げていきます。

●本展示会初、フィットネスインストラクターが集結するJAFA Fitness College開催!
(主催:公益社団法人日本フィットネス協会(JAFA))
今年度は、公益社団法人日本フィットネス協会主催で、全国からフィットネスインストラクター達が集結する「JAFA Fitness College」が当展示会で初開催されます。エアロビクス・ヨーガ等の各種エクササイズ指導方法のセミナーや体験レッスン等満載です。(セミナー詳細は後日公表。お問い合わせ先:JAFAセミナー事務局 http://www.jafanet.jp/  TEL:0120-987-939)

●ステージイベント及び専門&スキルアップセミナー ~国内人気施術やアーユルヴェーダの施術等
ステージイベントでは、コスメのトークイベントからエステサロンの話題のトリートメントまで、さまざまなメソッドの理論と実際の施術を目の当たりに出来ます。出演者には、「美点マッサージ」で知られるレイ・ビューティースタジオ主宰の田中 玲子氏、スパ専門家の西田 若葉氏が登壇します。またスキルアップセミナーでは、快眠セラピストの三橋 美穂氏が実践指導を、日本アーユルヴェーダ協会理事の西川 眞知子氏が美容カウンセリング法を伝授します。


■「ダイエット&ビューティーフェア2013」「スパ&ウエルネスジャパン2013」開催概要

展示会名称:第12回「ダイエット&ビューティーフェア2013」
      公式ホームページ: http://www.dietandbeauty.jp

展示会名称:第4回「スパ&ウエルネスジャパン2013」※名称変更
      公式ホームページ: http://www.spaandwellness.jp

●併催イベント
・第3回「ビューティー&ウエルネスサミット」、第5回「スパ・シンポジウム」(共催:NPO法人日本スパ振興協会)
・「スパ&ウエルネスジャパン クリスタルアワード2013授賞式」(共催:クリスタルアワード実行委員会)
・「JAFA Fitness College」(主催:公益社団法人日本フィットネス協会(JAFA))

会場     :東京ビッグサイト 西1・2ホール&アトリウム
日時     :2013年9月9日(月)・10日(火)・11日(水)
        (開催時間:10:00~17:00)
主催     :UBMメディア株式会社
企画     :月刊Diet&Beauty
後援     :経済産業省、観光庁、日本貿易振興機構(ジェトロ)
開催規模(予定):出展社数:400社、来場者数:27,000人(予定)
        ※前回全出展社数及び来場者数:321社・25,370人
詳細     :下記公式ホームページをご覧ください。

概要・協賛: http://www.dietandbeauty.jp/ja/
展示ゾーン: http://www.dietandbeauty.jp/ja/exhibitor/zone/
来場対象 : http://www.dietandbeauty.jp/ja/exhibitor/purpose/
イベント・セミナー: http://www.dietandbeauty.jp/ja/seminar

カテゴリ:
イベント
ジャンル:
美容 健康・ヘルスケア
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。