世界初の食事画像認識技術で支援する食事記録アプリ「FoodL...

世界初の食事画像認識技術で支援する食事記録アプリ 「FoodLog」を7月17日に無料でリリース!

 foo.log株式会社(所在地:東京都文京区、代表取締役社長:小川 誠)は、新たに開発した、食事記録支援アプリケーション「FoodLog:Calorie Counter 写真で手軽に食事記録&カロリー管理」(以下、アプリ)を7月17日に無料でリリースしました。食事画像認識技術で食事記録を支援する、世界で初めての実利用アプリです。

図1
図1

詳細URL: http://app.foodlog.jp

 アプリでは、日々の食事を写真で記録し、グラフィカルなユーザインターフェースで楽しくカロリーの記録・管理を行う(図1)ことが特徴となっています。

(図1) http://www.atpress.ne.jp/releases/37214/1_1.jpg

 東京大学大学院 情報理工学系研究科 相澤研究室(代表:相澤 清晴教授、 http://www.hal.t.u-tokyo.ac.jp )が研究を進めている食事画像認識技術を応用し、食事写真から抽出した特徴量を元に、データベースから料理名の候補を提示します。これにより、ユーザーは、テキスト入力を行うことなく、提示された選択肢から料理名を選択することで、食事記録とカロリー集計を行うことが可能(図2)となっています。

(図2) http://www.atpress.ne.jp/releases/37214/2_2.jpg

 食事画像解析により提示された候補に、該当する料理名が無い場合には、ユーザーはサーバー上の料理名データベースからテキストで検索し、画像とともに登録します。また、データベースにない料理名でも登録できます。これらの登録により、料理画像がユーザー個別のデータベースに登録され、食事写真解析機能に組込まれます。利用すればするほど、料理名の認識範囲が拡大します。

 食事画像認識技術を入力支援に用いることで、食事記録・カロリー集計に対するユーザーの入力の負担を大幅に軽減することができ、日々のカロリー計算・管理の継続が楽しく行えるようになっています。食事画像認識技術を実利用する世界で初めてのツールです。健康管理に広く役立つと期待しています。
 アプリはiPhone版をリリースした他、Android版も近日リリース予定です。


【カロリー計算アプリケーションの概要】
■アプリケーション名:
FoodLog:Calorie Counter 写真で手軽に食事記録&カロリー管理

■リリース日:
2013年7月17日

■価格:
無料

■動作環境:
iPhone 4以降、iOS 5.0~

■詳細情報:
http://app.foodlog.jp

■主な機能
・スマートフォンで撮影された食事写真の取り込み・管理
・食事写真のカロリーを登録・管理
・食事写真の画像解析技術による料理名推定
・写真を用いないテキストでの食事記録の登録・管理
・カロリーデータベースからのテキストによる料理名の検索
・1日のカロリーを集計・管理
・料理名データベースの管理
・食事記録のクラウドへの保存
・Webサービス「FoodLog」(※1)( http://foodlog.jp )との連携


【foo.log株式会社について】
写真で食事管理を行うことができるWebサービス「FoodLog」を運営。食事に特化した画像解析技術を元に、ヘルスケア関連分野でICTサービスを提供している。

代表者  : 代表取締役社長 小川 誠
資本金  : 3,204万円
本社   : 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ701
URL    : http://www.foo-log.co.jp/
お問合せ先: 03-5284-9047、 info@foo-log.jp


(※1) 本サービスは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業「CREST」における研究領域「共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築」に採択(2009年~2014年度)された、研究課題「“食”に関わるライフログ共有技術基盤」(研究代表 相澤 清晴)の成果展開です。

カテゴリ:
サービス
ジャンル:
アプリ 健康・ヘルスケア
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報