明治大学 ガバナンス研究科(公共政策大学院)が公開授業「女性...

明治大学 ガバナンス研究科(公共政策大学院)が 公開授業「女性とNPO」を実施(12月16日)

明治大学専門職大学院ガバナンス研究科(公共政策大学院)は、地方自治体におけるジェンダーギャップをテーマとした講義「女性と地方自治」を今年度より開講しました。このたび、地域の現場における女性施策を考える本講座の取り組みを多くの方に知っていただくため、12月16日(金)の開催回を公開授業として、明治大学の学生の他、広く一般の方もご参加いただけるかたちで実施いたします。


概 要

日時:2022年12月16日(金)18:55~20:25


申込方法:こちらの明治大学ガバナンス研究科ホームページからお申込みください。

https://www.meiji.ac.jp/mugs2/open-campus/event20221216.html


開催形式:以下いずれかの方法でご参加ください。

オンラインから参加(ZOOM)/教室から参加(明治大学駿河台キャンパス)


対象:明治大学の学生および広く一般の方


参加費:無料


テーマ:『女性とNPO』

内容:自治体にとって、市民・住民との協働政策は不可欠なものとなっています。その中でNPOの果たす役割は大きく、女性の活躍も顕著であることから、その現状と課題を考えます。  


登壇者プロフィール


長畑 誠

明治大学ガバナンス研究科教授(明治大学ガバナンス研究科長)

【専門】コミュニティ開発

【経歴】1961年東京生まれ、神奈川県逗子市在住。東京大学法学部卒、上智大学大学院修士課程修了。在学中からNPOの活動に関わり、特定非営利活動法人シャプラニール、国際協力NGOセンター調査研究員を経て、2004年に一般社団法人あいあいネット設立、同会代表理事。住民主体の地域づくりや自然と共生した暮らしの創出をテーマに、日本国内の地域やインドネシア、ベトナム等で活動。JICA(国際協力機構)の研修員受入事業のコースリーダーや技術協力プロジェクトの短期専門家も務めている。特定非営利法人アジアコミュニティセンター 21理事。府中市生涯学習審議会会長。


山岸 絵美理

兼任講師(政策研究X-C(女性と地方自治)担当)

【現職】大月市立大月短期大学経済科 専任准教授

【略歴】明治大学大学院政治経済学研究科博士後期課程修了。博士(政治学)。専門は地方自治論、行政学。著書に『大都市制度の構想と課題』(共著、晃洋書房)など。  

カテゴリ:
イベント
ジャンル:
教育 社会(国内) 政治(国内)
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。