慶應義塾大学博士課程教育リーディングプログラムにて当社代表が...

慶應義塾大学博士課程教育リーディングプログラムにて 当社代表が講演

株式会社HIKARI Lab (所在地:東京都中央区、代表:清水 あやこ、以下「ヒカリラボ」)の代表が1月22日に慶應義塾大学博士課程教育リーディングプログラムにてゲノム介入と今後の心理ケアのあり方について講演いたしました。



■慶應義塾大学博士課程教育リーディングプログラムでの授業内容

今後バイオテクノロジーが発展し、遺伝子介入が可能になった際に精神疾患をどのように扱うべきか、というテーマの授業が実施されました。具体的には、これまでのメンタルケアの歴史を振り返りながら技術を駆使した新しい精神疾患への治療を検討し、その際のリスクについて議論を行いました。例えば、精神疾患を「なくすべきもの」と捉えるべきなのか、「個性」と捉えるべきなのか、優生思想が強化されないか、遺伝子介入に倫理的課題はないか等について検討が行われました。本授業の参加者は慶應義塾大学大学院13研究科の中から選抜した学生で構成されるリーディングプログラムの学生および社会人メンターとなっておりました。



■セミナー概要

タイトル :シンギュラリティ時代のメンタルヘルス

開催日  :2022年1月22日(土)

スピーカー:清水 あやこ

主催   :慶應義塾大学博士課程教育リーディングプログラム



■これまでの実績

ヒカリラボはこれまでに心理に関するあらゆるテーマでさまざまな場所で講演をしております。

下記一部ご紹介

東京大学、筑波大学、法政大学、立命館大学、カルフォルニア大学UCバークレー校、日本情報システム・ユーザー協会、日本認知・行動療法学会大会、CEDEC、日本デジタルゲーム学会、株式会社PASONA、MetLife生命保険株式会社 等



■今後の展開

コロナ禍によって、人々の心は今まで以上にストレスを感じる社会になり、昨今、メンタルヘルス(心の健康)の重要性が増しています。しかし、メンタルクリニックに行くことを躊躇する人や、ケアに抵抗感を持つ人がまだ多いのが現状です。

ヒカリラボでは、さまざまなモノやコトを通してメンタルヘルスケアを身近にしたいという思いがあります。そこで、精神医学や心理学の知見を用いたコンテンツ制作事業や、ヒカリラボに所属する医師などによる企業の商品開発アドバイザリー事業などを展開しています。

今後もヒカリラボは、既存の枠にとらわれない新しい方法でメンタルヘルスサービスを実現するために、企業との共同開発を積極的に進めてまいります。


ヒカリラボコンテンツ事業詳細: https://www.hikarilab.co.jp/work/content



■会社概要

会社名 : 株式会社HIKARI Lab

所在地 : 東京都中央区日本橋兜町17番2号 兜町第6葉山ビル4階

代表者 : 清水 あやこ

設立  : 2015年7月10日

事業内容: 心理ケア事業

URL   : https://www.hikarilab.co.jp/

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報