7割が繁忙期にマイナスの影響があったと回答 “不動産市場アン...

7割が繁忙期にマイナスの影響があったと回答  “不動産市場アンケート(2021年3月)結果”  ~賃貸住宅市場レポート  首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2021年4月~

 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」( http://www.tas-japan.com/ )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:尾暮 敏範)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2021年4月」を発表しました。



 「7割が繁忙期にマイナスの影響があったと回答~不動産市場アンケート(2021年3月)結果」および「2021年2月期の1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」および「2021年2月期の関西圏・中京圏・福岡県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載しています。


詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版2021年4月」

https://go.tas-japan.com/l/592651/2021-04-19/2zsnrq



■レポートの概要

(1)7割が繁忙期にマイナスの影響があったと回答~不動産市場アンケート(2021年3月)結果

 株式会社タスでは3月18日~26日に新型コロナウイルス感染拡大や東京オリンピック等が2021年度の不動産市場に及ぼす影響についてアンケート調査を実施しました。有効回答数は174、回答者の業種は不動産が71%、金融が10%、その他(シンクタンク、コンサル等)が19%です。

 2021年の繁忙期に対するコロナ禍の影響について、同様に5段階で訊いたところ、97%が何らかの影響を受けており、うち56%は影響度4以上(大きな影響があった)と回答しています。影響を受けた内容のうち、上位の項目は「需要の減少」(51%)、「価格の下落」(19%)でした。第2回目の緊急事態宣言下では、第1回ほど深刻な人流の停止は起こりませんでした。これが「価格の上昇」(11%)、「需要の増加」(10%)に影響したと考えられます。


繁忙期への影響内容


(2)賃貸住宅に対する融資態度

 金融庁考査の厳格化やスルガ銀行の不正融資問題などをきっかけにして、2018年から金融機関の賃貸住宅向け融資は硬化しています。このため賃貸住宅の着工数はコロナ前から減少傾向で推移しています。コロナ対策で実施されている財政出動により、賃貸住宅への融資態度は変化があったかを訊きました。「硬化」が11%、「やや硬化」が33%と4割強の方が融資態度は硬化していると回答しました。また「横ばい」と回答した方も38%でした。回答者を金融機関の方に絞っても、「硬化」が6%、「やや硬化」が41%、「横ばい」が41%と、ほぼ同じ結果となりました。財政出動下においても、賃貸住宅向け融資態度は引き続き硬化しているようです。

 続いて、融資態度が軟化するタイミングについて訊きました。「軟化しない」が24%、「時期不明」が31%と半数以上が、当面は、融資態度の軟化はないと考えています。一方で、「21年度上期」が6%、「21年度下期」が6%と、21年度中に軟化すると考えている方が1割強、「コロナ後」に軟化すると回答した方が3割弱でした。回答者を金融機関に限っても傾向はほぼ同じでしたが、軟化のタイミングが「21年度上期」が18%、「時期不明」が24%であり、全体に比較して、融資態度の軟化に前向きであることが判ります。


賃貸住宅融資軟化時期


(3)2021年2月期1都3県賃貸住宅指標

 東京23区では、アパート系空室率TVIの悪化傾向が鮮明になっています。 厚生労働省の一般職業紹介状況によると、東京都のパート・アルバイトを含む有効求人倍率(季節調整値)は2020年7月以降1倍を下回っており、これがアパート系の空室率に影響していると考えられます。


[東京都]

           全域   23区   市部

空室率TVI(ポイント):12.67    12.90   13.69

募集期間(ヶ月)   :2.60    2.59   2.69

更新確率(%)    :40.57    40.24   42.64

中途解約確率(%)  :40.65    40.62   36.69


[神奈川県]

空室率TVI(ポイント):17.62

募集期間(ヶ月)   :3.07

更新確率(%)    :37.48

中途解約確率(%)  :47.96


[埼玉県]

空室率TVI(ポイント):15.57

募集期間(ヶ月)   :3.13

更新確率(%)    :36.82

中途解約確率(%)  :50.82


[千葉県]

空室率TVI(ポイント):14.85

募集期間(ヶ月)   :2.33

更新確率(%)    :36.65

中途解約確率(%)  :49.35


分析:株式会社タス



(4) 2021年2月期 関西圏・中京圏・福岡県賃貸住宅指標

 繁忙期にもかかわらず、京都府のアパート系、マンション系空室率TVIは悪化傾向にあります。関西においては新型コロナウイルスの感染の再拡大が始まっています。今後の感染状況では、大学の対面授業に影響を及ぼすため、学生の動向に注意が必要です。


[大阪府]

空室率TVI(ポイント):9.52

募集期間(ヶ月)   :4.79

更新確率(%)    :29.23

中途解約確率(%)  :60.60


[京都府]

空室率TVI(ポイント):13.90

募集期間(ヶ月)   :5.26

更新確率(%)    :37.05

中途解約確率(%)  :48.27


[兵庫県]

空室率TVI(ポイント):13.14

募集期間(ヶ月)   :6.11

更新確率(%)    :47.75

中途解約確率(%)  :40.59


[愛知県]

空室率TVI(ポイント):17.73

募集期間(ヶ月)   :5.98

更新確率(%)    :36.80

中途解約確率(%)  :52.87


[静岡県]

空室率TVI(ポイント):25.32

募集期間(ヶ月)   :8.24

更新確率(%)    :49.36

中途解約確率(%)  :42.10


[福岡県]

空室率TVI(ポイント):10.70

募集期間(ヶ月)   :5.20

更新確率(%)    :48.19

中途解約確率(%)  :40.00


分析:株式会社タス


詳細はPDFファイルをご参照ください。

詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版2021年4月」

https://go.tas-japan.com/l/592651/2021-04-19/2zsnrq



過去のレポートについてはこちらをご覧ください。

https://corporate.tas-japan.com/news/report



■株式会社タスについて

 株式会社タスは、不動産に係る専門情報を誰でも簡単に扱えることを目指すトヨタ自動車グループのイノベーションカンパニーです。トヨタ自動車、豊田通商、朝日航洋、三友システムアプレイザルの4社の出資で2000年に設立された不動産テックの老舗ともいうべき会社です。

日本で初めて、Webベースの不動産評価サービスを開始したTAS-MAPや、ビックデータを活用した不動産市場分析サービスのほか、お客様のご要望に応じて個別に分析を行うカスタム分析のサービスも提供しています。


会社名  : 株式会社タス(英語名 TAS Corp.)

所在地  : 東京都中央区八丁堀3丁目22番13号 PMO八丁堀4F

設立年月日: 2000年8月28日

資本金  : 1億8千万円

出資   : トヨタ自動車株式会社

       朝日航洋株式会社

       株式会社三友システムアプレイザル

       豊田通商株式会社

Web    : https://corporate.tas-japan.com/

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報