2021年に創業70周年を迎える陸上競技専門メーカー ニシ・...

2021年に創業70周年を迎える陸上競技専門メーカー ニシ・スポーツが、新豊洲Brilliaランニングスタジアムと トレーニング機器・用具のサポート契約を締結

施設をご利用のアスリートのトレーニングをサポート

2021年5月に創業70周年を迎える、陸上競技専門メーカーの株式会社ニシ・スポーツ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:若林 忠晴)は、新豊洲Brilliaランニングスタジアムとトレーニング機器・用具のサポート契約を締結しました。

全78品目のトレーニング機器・用具を2021年2月19日(金)に設置し、施設をご利用のアスリートの皆様にご活用いただいております。

為末 大氏が館長を務める同施設の理念「テクノロジーとコミュニティの力で、誰もが分け隔てなく自分を表現することを楽しんでいる風景を作る。」に共感し、また「すべてはアスリートのために」という自社スローガンのもと、さまざまなアスリートを『競技力向上』の視点から支えてまいります。

全体イメージ


「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」 http://running-stadium.tokyo/



■活動主旨

アスリートの競技力向上と更なる飛躍を支えるという事業理念に基づき、同施設をトレーニング機器・用具の面でサポートすると共に、アスリートの直の声を聞き、製品開発にフィードバックすることでより良い循環を生み出すべく「コミュニケーションの場」として活用してまいります。



■概要

2021年4月新発売の「N21シリーズ」などのフィットネス機器や、メディシンボールなどのトレーニングギア、ハードルなどの陸上用器具、ジュニアやキッズも利用できるミニハードルなど、利用者のニーズに合わせたアイテムを設置します。


●トレーニングギア:

メディシンボール、プライオボックス、ケトルベルなど

●フィットネス・マシン:

パワーラックN21、ハーフラックN21、エレベートサーキットなど

●陸上用器具:

ハードル、バトンなど

●キッズ向けアイテム:

ミニハードル、ラダー、ディレクションリングなど

設置された機器・用具


■新商品『N21シリーズ』について

N21シリーズ

「パワーラック」と「ハーフラック」の2商品を、自社ブランドフィットネス機器として2021年4月に新発売します。オプションとして、国内初となるベルトタイプのセーフティバー「セーフティストラップ」や、筋スピードトレーニングを行うための「バンジーケーブル」などを付加することができます。『限られたスペース・時間』で効率よくトレーニングできるマシンです。



■株式会社ニシ・スポーツについて

株式会社ニシ・スポーツは陸上競技用器具・電子機器、スポーツアパレル、トレーニング器具の開発をはじめ、競技記録計測、大会運営サポートも行い、1951年創業以来、陸上競技を社業の核として今日まで歩んでまいりました。

「すべてはアスリートのために」のスローガンのもと、スポーツを愛するすべてのアスリートのために、スポーツの歓びや幸せを届けられる企業を目指してまいります。



■会社概要

商号  : 株式会社ニシ・スポーツ

代表者 : 代表取締役社長 若林 忠晴

所在地 : 〒136-0075 東京都江東区新砂3-1-18

設立  : 1951年5月

事業内容: 陸上競技専用機器の製造販売・

      陸上競技会運営システム販売・ウエアの製造販売・

      トレーニング機器の製造販売・

      ロードレース計時システム

資本金 : 2,400万円

URL   : https://www.nishi.com



■お客様向けのお問い合わせ

お客様相談室:03-6369-9024

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。