コロナ倒産防げ。山形市、“中小企業の医者”を年収約1,000...

コロナ倒産防げ。 山形市、“中小企業の医者”を年収約1,000万円で公募  3月10日(水)・13日(土)にオンライン説明会を開催

山形県山形市は来る3月10日(水)・13日(土)、中小企業のための経営相談所「山形市売上増進支援センターY-biz(ワイビズ)」プロジェクトマネージャー募集に関するオンラインイベントを開催します。同相談所は“行列のできる中小企業相談所”と評される中小企業支援の成功モデル「ビズモデル」のひとつ。現在全国約30の地域に広がっており、Y-bizは東北初・県庁所在地初のビズモデルとして開設以来、注目を集めてきました。山形市はオンラインイベントのほか求人広告の掲載などを通じて全国から優秀な人材を募ります(プロジェクトマネージャーの応募〆切は3月22日(月)17:00)。


山形市売上増進支援センターY-biz



▼「コロナ倒産」1,000件超 中小企業に打撃

・中国・武漢市発祥の新型コロナウイルスが世界で猛威を振るっている(感染者数1億915万人、死亡者数240万人※米ジョンズ・ホプキンス大学/2月16日現在)

・日本における感染者数は41万7,765人、死亡者数は7,015人(厚生労働省/2月16日現在)

・政府や各自治体による休業要請や外出自粛、流通の影響などにより中小企業の売上が減少

・「新型コロナウイルス関連倒産」(法人および個人事業主)は、全国に1098判明(3月2日16時現在)

・法的整理985件(破産933件、会社更生法1件、民事再生法44件、特別清算7件)、事業停止113件

・業種別上位は「飲食店」(171件)、「建設・工事業」(92件)、「ホテル・旅館」(79件)、

「アパレル小売」(64件)、「食品卸」(55件)など


※出典:帝国データバンク「新型コロナウイルス関連倒産」

https://www.tdb.co.jp/tosan/covid19/index.html


※関連資料:2020年版 中小企業白書・小規模企業白書~新型コロナウイルス関連部分~

https://www.meti.go.jp/press/2020/04/20200424002/20200424002-3.pdf



▼相談1ヶ月待ちの山形・中小相談所“中小企業の医者”募集

・ウィズコロナ時代の“中小企業の医者”が必要

・山形県山形市では“行列のできる中小企業相談所”と評されるビズモデルの中小企業相談所「山形市売上増進支援センターY-biz」が活況

・2018年12月の開設から現在までの相談件数は約3,600件。およそ1ヶ月先まで予約で埋まる

・誕生した新商品・サービスは100超。コロナ以後も変化したニーズをいち早くとらえ中小企業の売上を伸ばしている

・支援体制強化のためプロジェクトマネージャーを月額80万円(年収960万円相当)で全国から募る


ビズリーチ https://www.bizreach.jp/job/view/1642384/?ref=job_search

日経転職版 https://career.nikkei.com/company/304/jobdetail1074/



▼3月10日(水)・13日(土)オンライン説明会・イベント開催

<開催概要>

■オンライン説明会

日程  :2021年3月10日(水)19:00~20:00

参加方法:PC・スマートフォンを利用したネット視聴

配信方法:ZOOMウェビナー

費用  :無料

内容  :・ビズモデルの中小企業支援とは

     ・自治体PR(山形県山形市)5分

     ・パネルディスカッション(センター長の仕事のリアル)20分

      <パネラー>

      山形市売上増進支援センターY-biz センター長 富松希

      福山ビジネスサポートセンター プロジェクトマネージャー 池内精彦

      岡崎ビジネスサポートセンター オカビズ センター長 秋元祥治

     ・応募に際してのアドバイス(オカビズ・センター長 秋元祥治)5分

申込方法:下記のフォームに必要事項を記入のうえ送信してください。

     https://forms.gle/BsBhKXd4Uuu9pKWt5

申込〆切:2021年3月9日(火)

※お申込みいただいた方には別途視聴用URLをお送りいたします。


■日本仕事百貨「一生モノの企画発想力ゼミ」

日程  :2021年3月13日(土)13:00~15:00

参加方法:PCやスマートフォンからのネット視聴

配信方法:ZOOMウェビナー

     ※お申込みいただいた方に別途視聴用URLをお送りいたします。

費用  :無料

内容  :・ビズモデルの中小企業支援とは

      (岡崎ビジネスサポートセンター オカビズ・センター長 秋元祥治)

     ・ビズモデルの支援を体感するワークショップ

     ・自治体PR(山形県山形市)

     ・応募に際してのアドバイス(オカビズ・センター長 秋元祥治)

申込方法:下記のページよりお申込みください。

     https://shigoto100.com/event/shigotosemi_ideaplanning-3



▼山形県山形市/控えめでPRが苦手な山形人の力になってほしい

東京から新幹線で2時間半。東北の中央に位置し、隣接する“100万人都市”仙台や福島と同じ経済圏を形成する街・山形市。主要高速道路が市内を通り、近くには山形空港もあるなど、陸路、鉄路、空路いずれにおいても高い利便性を誇っています。

経済産業省が選定する「元気なモノ作り中小企業300社」「がんばる中小企業・小規模事業者300社」においても東北で最も多く選出されてきたのが山形県の事業者です。

しかしながら、山形人は控えめでPRが苦手なためか、いい技術や商品・サービスを持ちながらも、その魅力をアピールしきれず“売上アップ”に課題を抱えていました。

そこで2018年12月に設置したのが、東北初・県庁所在地初のBizモデル「山形市売上増進支援センターY-biz(ワイビズ)」。開設から現在までにおよそ3,600件の相談が寄せられ、Y-bizの提案から市場投入された新商品・新サービスは100以上。特にコロナ以後は大きく変化したニーズをいち早くとらえ、すでに50件以上の新商品・新サービスが生まれています(求人情報内に事例あり)。

Y-biz3年目となる2021年。コロナ禍で苦戦する市内の事業者をより多岐にわたる分野で後押しするため、体制を強化することになりました。45歳の若き市長、そして富松センター長と共に、あなたの知恵やノウハウで市内の事業者の売上アップを実現していってください。


◎プロジェクトマネージャー公募要領

募集人員:プロジェクトマネージャー2名(予定)

募集期間:2021年2月17日(水)~3月22日(月)午後5時

応募資格:次の条件を全て兼ね傭える人とします。

     (1) 能カ及び発揮力

     ・高いビジネスセンスとコンサルティング力を持った人

      (圧倒的な情報量を持ち、ビジネスで活用できる人)

     ・コミュニケーション能力のある人(ティーチングよりもコーチングを重視)

     ・情熱あふれる人

      (人生をかけて相談に来る相談者に対し、覚悟を持って真摯に向き合う人)

     ・地域でがんばっている起業家や中小企業者をリスペクト(尊敬)できる人

     ・相談者のやる気を起こすことができる人

     ・真のセールスポイントを引き出すことができる人

     ・強みを伸ばす具体的方法を提案できる人

     ・売上アップに向けて共に行動できる人

     ・継続的なフォローができる人

     ・「情熱」「スキル」「行動力」を持って的確な提案、支援ができる人

     ・相談者と一緒になって成果を上げていくことができる人

     (2) 要件

     ・パソコン、インターネット等のICTを活用した業務が可能な人

     ・山形市に通勤できる人

     ・山形市内で行われる最終審査(面接審査)に参加できる人

給与  :月額80万円(年収960万円相当)賞与および各種手当なし

応募詳細:山形市ホームページに掲載の

     「山形市売上増進支援センタープロジェクトマネージャー公募要領」

     をご参照ください。

     http://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/jigyosya/sub3/kigyokeie/d3359pd0216171521.html



◎山形市売上増進支援センターY-biz

2018年12月、山形県山形市に開設された中小企業のための公設の経営相談所。中小企業支援の成功モデルのひとつである「ビズモデル」をモデルとする。東北初・県庁所在地初のビズモデルとして注目を集める。事業者の経済活動の活性化はもとより、創業の促進及び新たな産業の創出により地域経済のプラス成長と雇用の創出を図る。開設から現在までの相談件数は約3,600件。同相談所の相談から生まれた新商品・新サービスは100を超える。2020年12月で3年目を迎えた。



参考:ビズモデル

全国で開設が相次ぐ「ビズモデル」「ご当地ビズ」と称される中小企業相談所。センター長を中心としたマーケティング、デザイン、販路拡大、プロモーション、ブランディングなど各分野の専門家チームがワンストップで相談に乗ることで、コストをかけることなくV字回復を実現した事例が数多く生まれている。その手法は今や全国へと広がり、愛知県岡崎市の「岡崎ビジネスサポートセンター・OKa-Biz(オカビズ)」をはじめ、Seki-Biz(岐阜県関市)、Fuku-Biz(広島県福山市)、そして初の県庁所在地BizとなったY-biz(山形県山形市)など、現在全国約30ヶ所にまで展開(開設予定含む)。各Bizのセンター長の公募には毎回100名ほどの応募があり、各界の第一線で活躍する人材が選ばれていることから、その様子は幾度となく全国紙や経済誌、全国放送にも取り上げられ大きな反響を呼んでいる。

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。