日経BPコンサルティング調べ 「Webブランド調査2020-秋冬」  Webサイトのブランド力、総合編は「Yahoo! JAPAN」  一般企業編は「サントリー」「ヤマト運輸」「カゴメ」がトップ3に  コロナ禍でオンラインサービスへの関心高まる

株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、3万人以上のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2020-秋冬」の結果をまとめました。Webサイトのリニューアルの効果や製品への関心、企業の好感度への影響等を明らかにするもので、2020年12月21日に調査報告書を発行・発売しました。



【調査結果のポイント】

●総合ランキングは「Yahoo! JAPAN」が2020-春夏調査に続き、2回連続で首位を獲得

●一般企業編(インターネット専業企業を除く)では、「サントリー」が7回連続トップ。「ヤマト運輸」「カゴメ」が続く

●スコア上昇サイト:「ZOZOTOWN」は「製品・サービス」への購入意向、企業への好感が向上

「ZOZOTOWN」は「態度変容:製品・サービス」「行動喚起」「態度変容:企業活動」のスコアが大幅に上昇。製品・サービスの購入意向が大幅に上昇



■総合ランキング第1位「Yahoo! JAPAN」。高い「アクセス頻度」を背景に、キャンペーン利用やサイト接触による「行動喚起」が高評価

調査対象500サイト中の総合ランキング第1位となったのは、「Yahoo! JAPAN」で、前回に続いて首位を獲得した。第2位の「楽天市場」、第3位の「Google」も前回と順位は変わらず、トップ3に変動はなかった(図表1)。


第1位の「Yahoo! JAPAN」のWebブランド指数(WBI)は、前回118.3ポイントから1.6ポイント減の116.7ポイント。個別の指標を見ると、「アクセス頻度」は前回に引き続き500サイト中第1位と極めて高く、「サイト・ユーザビリティ」「サイト・ロイヤルティ」のスコアは前回1位から今回2位となったものの、引き続き高い評価を獲得した。また、「行動喚起」も前回と同じく2位と高い。一方「態度変容:製品・サービス」のスコアは、52.7ポイントと、前回から低下したものの、全体平均を上回る水準となった。日常生活に関連した幅広いサービスを通じた、購買や情報拡散などの行動との結びつきが強いサイトといえる。



■一般企業サイト編は「サントリー」が7回連続で首位を獲得。「ヤマト運輸」「カゴメ」が続く

一般企業サイト(インターネット専業企業サイトを除く)のトップ3は、「サントリー」「ヤマト運輸」「カゴメ」(図表2)。


第1位の「サントリー」はWBIが前回のスコアから3.6ポイント減の80.7ポイントで、500サイト中での全体順位は前回と同じく第6位だった(図表3)。「態度変容:企業活動」を除く5つの個別指数の評価が下降し、WBIが落ち込んだものの、「態度変容:企業活動」のスコアが前回から15.7ポイント上昇し、500サイト中第1位の評価を獲得した。


第2位の「ヤマト運輸」はWBIが10.6ポイント上昇し500サイト全体の順位でも、前回の第20位から第8位へと大きく順位を上げた(図表4)。6つの個別指数全ての評価項目でスコアが上昇。特に「態度変容:企業活動」では、14.7ポイント上昇し、70.9ポイントという結果となった。個別の項目では「運営主の事業活動、技術や取り組みに関心を持った」「運営主が気に入った、好きになった」が上昇しており、企業の取り組みに対する関心の高さが伺える。


第3位の「カゴメ」は、WBIが9.6ポイント上昇し、75.5ポイントとなった。個別指数では「態度変容:製品・サービス」「態度変容:企業活動」がともに前回の評価を上回った。トップページの構成の変更点として、「野菜を知る・楽しむ」として、食育や健康づくりに関するコンテンツへの導線が強化され、自由意見でも「健康志向で好感が持てる」「野菜に対するイメージが良くなる」といったコメントが見られた。身近で役に立ち、かつ企業姿勢も伝わる情報発信が高評価を得たといえる。



■「ZOZOTOWN」は「態度変容:製品・サービス」「態度変容:企業活動」でサービスへの関心や購入意向が上昇

前回から今回にかけてスコアが大きく上昇したサイトのトップ3は「ZOZOTOWN」 「駅探」 「ドトールコーヒーショップ」となった(図表5)。「ZOZOTOWN」は前回から14.8ポイント増の56.0ポイント(図表6)、「駅探」は14.4ポイント増の55.3ポイントだった。

「ZOZOTOWN」は6つの個別指数全ての評価が前回を上回った。項目別にみると、「態度変容:製品・サービス」の「運営主の製品・サービスを購入または導入したい」、「行動喚起」では「メールマガジンの購読、会員専用ページにログイン」「製品・サービスを購入、申込」、「態度変容:企業活動」では「運営主が気に入った、好きになった」の上昇幅が大きい。自由意見では、「身長体重別の検索ができる」「カテゴリーごとに分かれているので探しやすくて良い」など、「ZOZOTOWN」ならではのサービスや、使い勝手をよくするための工夫に対する好意的な評価が見られた。また、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、これまで以上にオンラインでの買い物自体への関心が高まったことも考えられる。


前回の2020-春夏調査から続く傾向として、トップページ上でオンライン接客・相談やウェビナーなど、さまざまなWebサービスへの導線を強化したサイトが増えている。今回の自由意見の結果を見ると、好印象を持ったコンテンツとして、「オンライン」のサービス・機能に関するコメント数が増加しており、サイト来訪者の関心の高まりが伺える。Webサイト上で消費者が必要とする情報を適切に発信し、製品・サービスの特色や魅力を表すツールとして活用することが、興味・関心の喚起につながりそうだ。企業のマーケティングや広報活動におけるサイトの貢献度を本調査で確認し、顧客接点の改善やブランド力の強化に、ぜひお役立ていただきたい。



図表1● Webブランド指数 総合ランキング トップ50

https://www.atpress.ne.jp/releases/239926/img_239926_1.png

図表1● Webブランド指数 総合ランキング トップ50


図表2● 【一般企業編(ネット専業企業除く)】Webブランド指数ランキングトップ10

https://www.atpress.ne.jp/releases/239926/img_239926_2.png


図表3● 「サントリー」のスコアチャート

https://www.atpress.ne.jp/releases/239926/img_239926_3.png


図表4● 「ヤマト運輸」のスコアチャート

https://www.atpress.ne.jp/releases/239926/img_239926_4.png


図表5● Webブランド指数 スコア上昇ランキングトップ10

https://www.atpress.ne.jp/releases/239926/img_239926_5.png


※ ランキング表中のサイト名表記は、トップページのタイトルによるサイトの正式名称。


図表6● 「ZOZOTOWN」のスコアチャート

https://www.atpress.ne.jp/releases/239926/img_239926_6.png



■Webブランド調査について

(URL: https://consult.nikkeibp.co.jp/branding/solutions/web-brand/ )


調査目的    :Webサイトのブランド力を測定し、企業や団体のWebにおける

         ブランド・コミュニケーション戦略の成果を定点観測する

調査手法    :インターネット調査

調査対象    :全国、20歳以上のインターネット・ユーザー

         (日経BPコンサルティングの提携調査会社の調査モニター)

有効回答数   :34,509件

調査対象ブランド:企業や団体が運営する日本の主要500サイト

調査実施期間  :2020年10月9日(金)~10月15日(木)

         ※半年ごとに年2回実施(春夏:4月、秋冬:10月)

調査企画・実施 :日経BPコンサルティング



■日経BPコンサルティング

日経BP全額出資の「調査・コンサルティング」「企画・編集」「制作」など、コンサルティング、コンテンツ関連のマーケティング・ソリューション提供企業。(2002年3月1日設立。資本金9,000万円)

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報