【ウェビナー開催のお知らせ】ブルー・リカバリー・シリーズ第1...

【ウェビナー開催のお知らせ】 ブルー・リカバリー・シリーズ第1回: アジア太平洋における海洋を基盤とする 力強い経済再生を目指して(2020年7月23日)

笹川平和財団(所在地:東京都港区、理事長:角南篤)は、日本財団(所在地:東京都港区、会長:笹川 陽平)、エコノミスト・グループ(所在地:ロンドン、CEO:ララ・ボロ)と共催による「ブルー・リカバリー・シリーズ」と題した3回に渡るウェビナー(オンライン・セミナー)の第1回となる「アジア太平洋における海洋を基盤とする力強い経済再生を目指して」を7月23日(木・祝)海の日に開催いたします。



このたびのコロナ禍は、人間社会の経済活動に大きな影響を及ぼしました。特に海洋を基盤とする観光業や水産業は、広範囲にわたる経済的打撃を受けています。その一方で、人間の経済活動が低下したことにより海洋生態系の一部に回復傾向が見られることが分かりました。しかし、他方では、プラスチック製品への需要は想定以上に増加しており、海洋プラスチックのリスク拡大を懸念する声も高まっています。このようななか、日本やアジア太平洋の国々の経済回復の鍵のひとつに「ブルー・リカバリー(海洋を基盤とする経済再生)」の活性化があると期待されています。


このウェビナーでは、海洋という人類の共通資源を持続可能なものにするため、アジア太平洋におけるブルー・リカバリー(海洋を基盤とする経済再生)を活性化するための政策や経済停滞により得られた新たな「機会」を実際に活用する方法などを各国の有識者や専門家と共に探ります。


ご参加にあたり、以下の[お申込み方法]にあるURLより事前にお申し込みいただきますよう、お願いいたします。皆様のご聴講をお待ち申し上げております。



■開催概要

第1回『コロナ禍からの経済再生と持続可能な海洋』

【日時】

・2020年7月23日(木・祝)17:00~18:30


【開催場所】

エコノミスト・グループによるオンライン・プラットフォーム


【登壇予定者】

・トミー・E. レメンゲサウ Jr.(パラオ共和国 大統領)

・笹川 陽平 (日本財団 会長)

・角南 篤 (笹川平和財団 理事長/海洋政策研究所 所長)

・チャールズ・ゴッダード(エコノミスト・アジア太平洋編集主幹)

・アルミダ S. アリシャバナ(国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)事務局長)

・加志村 竜彦 リファインバース株式会社常務取締役


*登壇者につきましては予告なく変更することがありますので予めご了承ください。その他登壇者は調整中につき、追って笹川平和財団海洋政策研究所ホームページにてご案内いたします。



【お申し込み方法】

7月23日(木・祝)のウェビナーへのお申込みは以下のリンクよりお願いいたします。お申込みが完了しましたら、エコノミスト・グループよりウェビナー詳細に関するメールが送られます。

https://www.woi.economist.com/blue-recovery-series-ensuring-a-robust-blue-recovery/


【その他】

日英逐次通訳付、参加無料。



▼今後の予定▼

第2回『持続可能な海洋のための科学、イノーベーション、ファイナンス』

【日時】

・2020年8月26日(水)17:00~18:30(JST)


第3回『持続可能な海洋に向けた政策の重点化を目指して』

【日時】

・2020年9月3日(木)21:00~22:30(JST)


※第2・3回のイベント詳細・登壇予定者については、追って笹川平和財団海洋政策研究所ホームページにてご案内いたします。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報