被災屋根用 棟養生シート「らく棟シート」発売のお知らせ

被災屋根用 棟養生シート「らく棟シート」発売のお知らせ

粘土瓦メーカー 株式会社鶴弥(愛知県半田市、代表取締役社長:鶴見 哲)は、この度、被災した屋根の棟養生を想定したシートを発売することとなりましたので、下記の通りお知らせいたします。



1. 新商品名

「らく棟シート」


らく棟シート


2. 開発の背景

近年、地震や台風などの自然災害により、瓦屋根にも甚大な被害が発生しています。

現行の防災瓦・防災工法では大きな被害は無いと認識しておりますが、以前の防災に対応していない屋根仕様では、数多く被災していることも事実です。

被災屋根の復興遅れは、エンドユーザーの不安や瓦離れ、工事店の非合理的な運営にも繋がる恐れもあり、逸早い復興のお手伝いが当社の使命と考えています。

被災屋根の雨養生は、後の復興の効率化において非常に重要です。同一地域・同一時期に発生する自然災害では、専門業者が雨養生できる数が限られ、他業種の工事業者が行うことも少なくありません。そのような状況を想定し、“少しでも早く確実に”、“一定期間養生が可能な”シートとして「らく棟シート」を発売いたします。



3. 発売日

2020年1月27日



4. 定価

6,500円(税抜)/セット

<セット内容>

本体シート(幅 1.2m×長さ 5.4m)   : 1枚

水袋用ビニール袋(幅 0.2m×長さ 2.5m): 6枚

インシュロック(長さ 300mm)     :15本



5. 本件商品の詳細に関するお問い合わせ先

開発部 加藤

TEL : 0569-77-0797

FAX : 0569-28-5566

Email: m-kato@try110.com



<参考資料>

プレスリリース https://www.atpress.ne.jp/releases/203728/att_203728_1.pdf



<参考情報>

【株式会社鶴弥とは】

創業から130年以上にわたり、粘土瓦の製造・販売を行い、防災瓦「スーパートライ110」を主軸に活発な新製品投入を続ける粘土瓦業界のトップメーカー。

市場ニーズに対応した「スーパートライ110 タイプI Plus」や、粘土瓦製造技術を生かした陶板壁材「スーパートライ Wall」を開発するなど、常に新たな挑戦を続けている。



【会社概要】

会社名 : 株式会社鶴弥

代表者 : 代表取締役社長 鶴見 哲

資本金 : 2,144百万円

売上高 : 8,299百万円(2019年(平成31年)3月期)

上場  : 東証2部、名証2部(証券コード:5386)

創業  : 1887年(明治20年)

設立  : 1968年(昭和43年)2月

所在地 : 〒475-8528 愛知県半田市州の崎町2番地12

TEL   : 0569-29-7311(代表)

URL   : http://www.try110.com

YouTube : http://www.youtube.com/user/try110com

事業内容: 1. 粘土瓦の製造および販売

      2. 屋根工事の請負および施工

      3. 陶板壁材の製造および販売

      4. 建築資材の開発および販売

      5. 金型の設計、製作、加工、保守および販売

      6. 前各号に付帯関連する一切の事業

プレスリリースロゴ画像

プレスリリース添付資料

カテゴリ:
商品
ジャンル:
建設 経済(国内) ビジネス全般
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報