美容と健康に関する最新レポートをmicrodiet.netにて公開  『うっかり日焼け!アフターケアで肌ダメージを抑える方法』

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村正弘)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『うっかり日焼け!アフターケアで肌ダメージを抑える方法』公開いたしました。


https://microdiet.net/beauty/001195/



普段は日焼け止めや日傘などで日焼け対策をしていても、日差しの強い時期はついうっかり日焼けをしてしまうこともあります。そんな時はアフターケアをしっかりして、日焼けを肌に残さないようにしましょう。そのままにしておくと日焼け肌になるだけでなく、将来のシミやシワの原因にもなってしまいます。

肌への外側からのケア、そして食べ物から摂取する内面からのケアをご紹介します。


■日焼け後の肌ケア


日焼け後の肌ケアは、肌に定着する72時間以内が勝負だと言われています。日焼けは肌がやけど状態になっていますので、できるだけ早く冷やすことが重要です。

おすすめなのは、シートマスクを冷蔵庫で冷やしておく方法。これで肌をクールダウンさせます。シートマスクがない場合や顔以外の箇所は、氷水で濡らしたタオルや、保冷剤を布やタオルで包んで赤くなっている部分を冷やしましょう。日焼けした当日だけでなく、肌の赤みが落ち着くまで毎日冷やし続けます。


日焼け後の肌は、保湿することも忘れてはなりません。冷やした後は、保湿性の高い化粧水、乳液、保湿ジェルなどでしっかり潤わせます。低刺激のものがベターです。高級なものでなくても、子供用のローションや乳液であれば刺激が少ないので、日焼け肌を優しく保湿することができます。

肌がヒリヒリしている間は温めるのはNGです。肌が落ち着くまでは入浴はシャワーだけにしておきましょう。


肌の火照りが落ち着いてきたら、美白系の基礎化粧品を使って将来のためのシミ・シワのケアを始めましょう。紫外線ダメージは肌の奥に蓄積されます。化粧水や美容液などで美白ケアを行い、日焼け後の約1か月は続けてみてください。


■日焼け後に良い食べ物とは?


日焼けをしてしまったら、「ビタミンACE(エース)」の出番です。

ビタミンACEとはビタミンA、C、Eを合わせた造語で、いずれも抗酸化力が高く、老化を防ぐ作用があり美容に効果的だと言われている栄養素です。

それぞれの働きとしては、ビタミンAは皮膚や粘膜の保護をする作用があるほか、皮膚の新陳代謝を促すはたらきもあります。


ビタミンCは、言わずと知れた美白ビタミンです。コラーゲン生成を促進し、肌に弾力と潤いを保持する働きや、シミの原因となるメラニンを抑制する作用があります。

ビタミンEには血行促進作用があります。血行が促進されると代謝が良くなり、肌のターンオーバーもスムーズに行われます。


<ビタミンAが多く含まれる食品>

レバー、鰻、穴子、卵黄、パセリ、バジル、にんじん、かぼちゃ、大根の葉、春菊、ほうれん草、のり、バター


<ビタミンCが多く含まれる食品>

ピーマン(赤・黄・緑の順に多い)、ゴーヤ、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、かぶの葉キウイ、苺、レモン果汁


<ビタミンEが多く含まれる食品>

アーモンド、松の実、ピーナッツ、あんこうの肝、いわし、鰻、鯛、キングサーモン、紅花油


■抗酸化力の高い食品も◎


ビタミンACE以外にも、抗酸化力の高い食品は日焼けのアフターケアに有効です。抗酸化力の高い食品は以下があります。

ゴジベリー(クコの実)、プルーン、ブルーベリー、トマト、パプリカ、緑茶、大豆、大豆製品、オリーブオイル、にんにく

 

うっかりしてしまった日焼けは、その日のうちに対処しましょう。外側と内側からのケアによって、肌に残るダメージを大きく減らすことができます。

日焼け後でなくても、ビタミンACEと抗酸化力の高い食品を摂取することは、美肌作りに有効です。日頃から意識してみてくださいね。



さらに詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事

『うっかり日焼け!アフターケアで肌ダメージを抑える方法』をご参照ください。

https://microdiet.net/beauty/001195/

   


■microdiet.netとは

 

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

 

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

 

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。

 

 


■ダイエット食品『マイクロダイエット』について


「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。


通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。


個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣 の見直しが必要になります。


英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。


『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。


発売から30年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「190311」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報