既存のネットワーク環境に影響を与えない全デバイス対応の「i-...

既存のネットワーク環境に影響を与えない全デバイス対応の 「i-Cybertechアセスメントサービス」の提供を開始

情報セキュリティ株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:鈴木 義久)は、2019年7月24日より、既存のネットワーク環境に影響与えない全デバイス対応の「i-Cybertech アセスメントサービス」(以下 本サービス)の提供を開始します。

本サービスでは、社内ネットワークに接続する全端末の棚卸を行います。管理外端末やセキュリティ上脆弱な端末、長期間利用されていない端末などを検出します。

また、「MENDEL」という優れた脅威検出機能とネットワーク可視化機能を搭載する製品を用い、デバイスアセスメントをはじめ、ネットワークアセスメントやセキュリティアセスメントを行います。


導入イメージ図


1. 背景

近年、セキュリティ対策の重要性は日増しに高まっています。巧妙かつ複雑化するサイバー攻撃や内部からの不正アクセスなどセキュリティの脅威は多様化し、その対策は組織の喫緊の課題です。一方で情報システム部門の担当者不足や作業負担の大きさなどが、組織内の正確なIT資産管理の大きな障壁となっています。

情報セキュリティ株式会社は、長年にわたり兵庫県庁においてSOCサービスを実施し、セキュリティ監視と検知、インシデント対応などの高い技術力を培ってきました。その高度な運用に関するノウハウを活用し、「i-Cybertech アセスメントサービス」によって組織内の正確なIT資産管理とセキュリティ対策の強化を実現していきます。



2. 特長

●既存のネットワーク環境に影響を与えずに隅々まで調査し、接続する全デバイスを把握します。

●IoTデバイスや、工場の制御システムなど従来製品では未対応のデバイスも検知します。

●管理用ソフトウェア(i-AssetBox)の導入で、お客様側でも継続してデバイスアセスメントを実施することが可能です。

●ネットワークアセスメントやセキュリティアセスメントも実施可能です。



3. 導入イメージ図



4.本サービスのパッケージ内容

■デバイスアセスメント

社内ネットワークに接続する全端末の棚卸を行います。管理外端末やセキュリティ上脆弱な端末、長期間利用されていない端末などを検出します。


■ネットワークアセスメント

ネットワークトラフィックやパフォーマンスを分析し、ネットワークのループ接続や通信のボトルネックなど、問題を明確化します。


■セキュリティアセスメント

デバイスアセスメントにて検出したセキュリティイベントの結果から、今後のセキュリティ対策について具体的に提案します。



5. 提供開始日

2019年7月24日



6. 関連リンク

i-Cybertechアセスメントサービス: https://isec.ne.jp/assessment/

MENDEL: https://isec.ne.jp/mendel/



【情報セキュリティ株式会社概要】

商号    : 情報セキュリティ株式会社

代表    : 代表取締役 鈴木 義久

所在地   : 〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通4丁目9-26

設立    : 2014年9月

事業内容  : サイバーセキュリティ製品の販売および導入・運用サポート

資本金   : 30,000,000円

ウェブサイト: https://isec.ne.jp/

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「189222」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報