『TL-リンカーン』が新たにHotusa Groupと連携開始

宿泊施設の予約・販売管理システム『TL-リンカーン』を提供する株式会社シーナッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 英樹)は、新たな対応販売先として、Hotusa Groupと2019年7月22日に連携を開始いたしました。



TL-リンカーンTOP画像


Hotusa Groupは、1977年に設立された、スペイン・バルセロナに本社を置くホテル関連の総合企業であり、ヨーロッパや南米をはじめ、世界中からの集客実績があります。同社のツーリズム事業部におけるメイン事業であるHotusa Hotelsは、世界最大の独立系ホテルのコンソーシアムを形成しています。また、Hotusa Groupは独自のディストリビューションプラットホームを展開、世界140か国にて強力な販売チームを擁していることが強みです。

「Hotusa Hotels」、「Keytel」、「Beds4Travel」の3ブランドを軸に年間予約件数は6.5億/泊以上、年成長率は15%以上をマークしており、今後はアジアマーケットへのさらなる拡大を目指しています。


このたびTL-リンカーンとHotusa Groupの連携により、インバウンド事業、特にヨーロッパ・南米、新興市場などHotusa Groupの影響の強いマーケットからの集客を強化したいホテルは、「共通在庫サービス」を使って作成した部屋タイプやプランを流用することで、Hotusa Groupに販売することができます。また、他の販売先と共有を行うことで、手間の無い販路拡大による稼働率向上が見込めます。


【連携先概要】

連携先名   : Hotusa Group

運営会社   : Hotusa Group

運営会社所在地: スペイン(Calle Mallorca 351 08013 Barcelona Spain)

URL      : http://www.HotusaGroup.com/



■「共通在庫サービス」とは

宿泊施設がTL-リンカーン上に直接登録した残室や料金情報を各販売先が取得できるインターフェースです。

TL-リンカーン上の在庫数を確認して販売される仕組みであるため、宿泊施設においてはオーバーブックの可能性を低減することができます。

また、各販売先は管理画面を持たなくとも宿泊施設の在庫の取得が可能になります。


「共通在庫サービス」詳細ページ

https://www.seanuts.co.jp/lincoln/15.html



■『TL-リンカーン』システム概要

宿泊施設向けの予約・販売管理システム「TL-リンカーン」は、旅行会社とネット販売からの通知を一元管理し、残室・料金調整が一括でできるASPサービス。ネット販売は複数の管理画面を個々に開いて管理する必要がなくなるため、オーバーブックを回避し、販売機会を最大限広げることができます。またホテルシステム(PMS)とのデータ連携も可能なため、通知情報の手入力、転記等の業務負荷も軽減。業務改善と増売を同時に実現することができます。


『TL-リンカーン』製品ページ

https://www.seanuts.co.jp/lincoln/



【会社概要】

名称    : 株式会社シーナッツ

主な事業内容: 旅行会社・ネット販売会社から宿泊施設向け

        予約通知データの送受信サービス、

        及び宿泊施設の残室・プラン統合管理サービス

本社所在地 : 東京都港区芝浦3-12-7 住友不動産田町ビル4階

設立    : 2007年6月1日

資本金   : 4億9,500万円

      : (株主:株式会社リクルート、株式会社JTB)

従業員数  : 89名(2019年4月1日現在)

代表者   : 代表取締役社長 山田 英樹

URL     : https://www.seanuts.co.jp/company/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「188970」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報