アライドアーキテクツ、ベトナム・ホーチミン市に新規開発拠点を...

アライドアーキテクツ、ベトナム・ホーチミン市に新規開発拠点を設置 エンジニア組織を国内含む3拠点に拡大

 ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役会長:中村壮秀、代表取締役社長:豊増貴久、証券コード:6081)は、6月21日、新たなシステム開発拠点としてベトナム・ホーチミン市に子会社「Allied Tech Camp Co.,Ltd.」(アライドテックキャンプ、以下「ATC社」)を設置しましたのでお知らせいたします。

 当社は2016年に初の開発拠点としてベトナム・ハノイ市に子会社「Allied Tech Base」(以下ATB社)を設立しており、今回の設置によりエンジニア組織が国内本社を含む3拠点に拡大いたしました。

 ATC社では当社の「ソーシャルテクノロジーを通じて人と企業をつなぐ」という理念に基づき、サービスの拡大、事業の多様化、国際的な拡大への取り組みの加速、そしてソーシャルテクノロジーを活用したマーケティング業界の主導を実現してまいります。

 これまでATB社においてもこの事業構想や各プロダクトが持つビジョンを常に共有し、「One Team,One Goal」というスローガンのもと、国籍や距離を超えてエンジニア全員が同じゴールに向かって業務に取り組める環境を創出してまいりました。また、「チームビルディング」と呼ばれる社員間コミュニケーションを目的としたイベントや、ベトナム企業特有の現地の行事・風習にならったイベントを通じて、社員や社員の家族との交流を深め、結束力を高めてまいりました。

 その結果、従来よりも開発速度や品質が向上し、現在では大きな事業成果を生み出すまでに成長しています。


 今後は3つの開発拠点の連携をよりいっそう強め、メンバー全員が一丸となり開発業務に努めていくことで、さらに高品質なSaaSプロダクト/ソリューションの提供に繋げてまいります。


■アライドアーキテクツのベトナム開発拠点 概要

Allied Tech Base(アライドテックベース)

・名称                    : Allied Tech Base Co.,Ltd.

・所在地                 : ベトナム・ハノイ市

・代表者                 : Chairperson  村岡 弥真人/CEO 岩本 太陽

・設立年月日           : 2016年3月1日

・事業内容              : ソフトウェアの開発事業等

 

【新設】Allied Tech Camp (アライドテックキャンプ)

・名称                    : Allied Tech Camp Co.,Ltd. 

・所在地                 : ベトナム・ホーチミン市

・代表者                 : Chairperson 村岡  弥真人/CEO 松本 悟

・設立年月日           : 2019年6月21日

・事業内容              : ソフトウェアの開発事業等



<アライドアーキテクツ株式会社 会社概要>

・代表者                 : 代表取締役会長 中村壮秀、代表取締役社長 豊増貴久

・所在地                 : 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階

・URL                    : http://www.aainc.co.jp

・設立                    : 2005年8月30日

・事業内容              : ソーシャルテクノロジーによるマーケティング支援事業


<アライドアーキテクツとは>

アライドアーキテクツは、ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援します。2005年の創業時から一貫して生活者を社会の主役と位置づけ、企業とのつながりを生み出す多様なマーケティング支援サービスを開発・提供しています。累計4,000社以上への支援を経て得られた豊富な実績・知見を活用し、世界中の生活者と企業のつながりを創出しています。2012年よりグローバル展開を開始し、現在はアジアや欧米など世界に向けてサービスを提供しています。


* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。


プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「187734」を
担当にお伝えください。