~ みなさまの願いが伝わりますように ~「七夕伝車(でんしゃ...

~ みなさまの願いが伝わりますように ~ 「七夕伝車(でんしゃ)」の運行、「青もみじのライトアップ」を実施します 8月3日(土)には星空観望会「悠久の夜空」を開催

 叡山電鉄株式会社(本社:京都市左京区、社長:塩山等)では、2019年7月1日(月)~8月15日(木)の間、七夕にちなんだイベントとして「七夕伝車(たなばたでんしゃ)※」を運行します。

 七夕伝車は、お客さまに書いていただいた願い事を車内に飾って運行し、期間終了後は七夕にゆかりの深い貴船神社へ奉納します。

 また、期間中の土曜・休日ダイヤ実施日には、「青もみじのライトアップ」を実施。鞍馬線市原駅~二ノ瀬駅間の「もみじのトンネル」をライトアップし、この区間を通過する列車は車内の明かりを消してゆっくりと走ります。ライトに照らされた青もみじは涼しげな雰囲気を感じさせ、夏夜のひとときをお楽しみいただけます。

 さらに、期間中の8月3日(土)には、現在、鞍馬駅などで開催中の「悠久の風~南部風鈴によせて~」との連動企画として、星空観望会「悠久の夜空」を初めて開催。星のソムリエ(星空案内人)の解説のもと、スター・ウィークでもあるこの期間中に、七夕伝説や宮沢賢治「銀河鉄道の夜」をイメージした星座の話を織り交ぜながら、天体望遠鏡で夏の夜空を観測します。

 今年の夏は、ぜひ叡山電車で幻想的な夏夜のひとときをお楽しみください。

詳細は別紙をご覧ください。

※みなさまの願いが伝わるようにと、七夕電車ではなく七夕伝車と名づけています。


(別紙)
「七夕伝車(たなばたでんしゃ)」「青もみじのライトアップ」「悠久の夜空」概要


(1)七夕伝車(たなばたでんしゃ)
鞍馬線を走る800系車両(2両1編成)の車内にお客さまに書いていただいた願い事を飾って運行し、期間終了後は七夕にゆかりの深い貴船神社へ奉納します。
1.運行期間  2019年7月1日(月)~8月15日(木)
2.願い事短冊募集期間
  2019年8月12日(月・休)まで随時受付
3.料  金  無料
4.受付場所  出町柳駅「七夕伝車 願い事応募箱」
※駅などに設置するパンフレットに記載の短冊を切り取ってご応募ください。
※内容が不適切と思われるものは掲出いたしかねますのでご了承ください。
※「七夕伝車」の運転時間は日によって異なります。また、車両点検やその他の理由により運休や運転区間の変更などがありますのでご了承ください。


(2)青もみじのライトアップ
 鞍馬線市原駅~二ノ瀬駅間の「もみじのトンネル」をライトアップし、通過する列車は車内の明かりを消してゆっくりと走ります。
1.実施期間 2019年7月1日(月)~8月12日(月・休)の土曜・日曜・祝日・休日と8月13日(火)、14日(水)、15日(木)
2.徐行区間 鞍馬線 市原駅~二ノ瀬駅間にある「もみじのトンネル」区間(約250m)
3.対象列車 【土曜・休日ダイヤ】
出町柳駅 18:00発~20:03発の鞍 馬 駅ゆき
鞍 馬 駅  18:37発~20:39発の出町柳駅ゆき
※8月13日(火)、14日(水)、15日(木)は「土曜・休日ダイヤ」で運行します。
※ダイヤについては添付画像をご確認ください

(3)星空観望会「悠久の夜空」
 「悠久の風~南部風鈴によせて~」との連動企画として開催。星空案内人の解説のもと、スター・ウィークでもあるこの期間中に、七夕伝説や宮沢賢治「銀河鉄道の夜」をイメージした星座の話を織り交ぜながら、天体望遠鏡で夏の夜空を観測します。
1.日  時 2019年8月3日(土) 19:00~21:00 ※雨天中止
2.場  所 鞍馬駅 駅前広場
3.参 加 料  無料
4.講  師 星のソムリエ(星空案内人)
5.参加方法 自由参加。上記時間内に開催場所へお集まりください。
6.主  催 叡山電鉄株式会社
7.協  力 ほしの学校☆大阪

(参考)
「悠久の風~南部風鈴によせて~」
叡山電車沿線の鞍馬と岩手県の2つの場所が、源義経ゆかりの地であることから、2013年から毎年6月1日~9月30日に開催しているもので、岩手県名産の南部風鈴を鞍馬駅に飾り付け、透明感のある音色で京都の避暑地・鞍馬へ訪れた方へ涼しさと癒しをお届けしています。
期間中には、うちわ型の1日乗車券「悠久の風きっぷ」の発売、南部風鈴を車内に取り付けた風鈴電車「悠久の風号」の運行を行っています。



                                   以 上


プレスリリース添付資料

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。