「トイレはどこ?-スマホで音声ナビ-」

神戸市立須磨海浜水族園で実証実験開催のお知らせ

TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内 一弘)は、神戸市立須磨海浜水族園と特定非営利活動法人アイ・コラボレーション神戸と連携し、スマートフォン等を利用した目の不自由な方向けの案内コンテンツを配信する実証実験を実施します。


システム概要


【実証実験の概要】

須磨海浜水族園が目の不自由な方へのヒアリングを行った結果、「手洗い場がどこにあるのか?」、「個室は入って右側なのか?左側なのか?」等、公共のトイレは困りごとが非常に多いことが判明しました。そこで、今回の実証実験では、特定非営利活動法人神戸ライトハウス(理事長:太田 勝美)所属の、目の不自由な方々にご協力いただき、スマホとWEBアプリケーション、さらにArUcoマーカーを活用した、トイレ内の案内について検証を行います。


ArUcoマーカーとはQRコードに似た機能を持つマーカーで、大きな違いは手元から離れた位置にあっても認識できることと、認識された方向を識別できることです。TOAはこの特徴を生かし、スマホのカメラを通してWEBアプリケーション上でArUcoマーカーを認識させることで、進行方向に合った案内情報を聞くことができる技術を開発。本技術をアイ・コラボレーション神戸に提供しています。


TOAはこの実証実験を通して、目の不自由な方の声を聞くことで得られる新たな気づきを、今後の製品やソリューション提案に結びつけたいと考えています。



【実証実験実施日】

日時:2019年6月25日(火) 18時~19時

場所:神戸市立須磨海浜水族園(兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3-5)

   1階大水槽付近トイレ

備考:当日は、ArUcoマーカーの案内を体験いただくことができます。なお、今回のご案内は、記者の方を対象としたもので、一般の方はご参加できません。ご了承ください。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「186017」を
担当にお伝えください。