<最新!結婚祝いのギフト事情を調査>貰って困ったギフト1位は...

<最新!結婚祝いのギフト事情を調査> 貰って困ったギフト1位は、ペアグラス!?調査結果を発表

~結婚祝いを貰ったことのある男性49人・女性51人の計100人が語る本音~

ギフトメディア「memoco」は、20代~70代の男女計100人を対象に、結婚祝いのギフト事情について調査を実施いたしました。その結果をご報告いたします。


Q.正直貰って困った結婚祝いのギフトは?



■調査結果一覧画像


<アンケート結果がひと目で分かる記事はこちら>

https://memoco.jp/articles/3851



■memocoで人気の「結婚祝い」に関する記事!

・《2019年版》結婚祝いの贈り物の選び方と人気のおすすめ商品22選

https://memoco.jp/articles/1529


・【結婚祝い特集】2019年最新の予算・マナー・選び方・人気アイテム総まとめ

https://memoco.jp/articles/1546


・名入れギフトは女性の憧れ!プレゼントにおすすめの最新アイテム15選

https://memoco.jp/articles/3734



■Q.正直貰って困った結婚祝いのギフトは?

ワースト1位は18票で「ペアグラス」、結婚祝いの定番ギフトといわれるアイテムがTOPになるという驚きの結果に。


詳細:ワースト2位「手作り(11票)」、ワースト3位は同率6票で「雑貨小物」&「ペアルームウェア」、ワースト5位「お酒」でした。



■Q.結婚祝いで貰って困ったと感じる理由は?

貰って困った結婚祝いギフト第1位の「ペアグラス」を挙げた理由で、多かったのが『ペアグラスが多くて収納に困った』や『二人の名前が入ったもので恥ずかしかった』という意見でした。

定番だからこそ、他の人のギフトとかぶりやすいというデメリットが。確かに、ペアグラスやカップが家にいくつもあったら困りますよね。


詳細:

貰って困った結婚祝い第2位「手作りグッズ」を挙げた理由…

『どう保管をして良いか分からないし捨てるにも捨てにくい』


貰って困った結婚祝い第3位「雑貨小物」を挙げた理由…

『私たちの趣味に合わなかったからです。』



■Q.貰って嬉しかった結婚祝いのギフトは?

「調理グッズ」がダントツ1位!やはり実用性が高いギフトが嬉しかったと答える人が、多いという結果に。


貰って嬉しかった結婚祝いTOP10…

詳細:2位「お酒」、3位「家電」、4位「花」、5位「ギフトカタログ」、6位「ペアグラス」、7位「インテリア」、8位「スイーツ」、9位「フォトフレーム」、10位「手作りアイテム」



■Q.どんな結婚祝いのギフトを貰いましたか?※複数回答可

貰ったことのある、結婚祝いギフトで多かったのは「ネックレス・指輪・バッグ」という驚きの結果に!

新郎新婦へのギフトというよりは、新婦へ向けた贈り物を選ぶ方が多い様子。


詳細:ネックレス(55票)、指輪(39票)、バッグ(36票)、花(32票)、スキンケア用品(32票)、キーケース(30票)など…。



■Q.結婚祝いのギフトを貰った経験を活かして、あなたが友人に結婚祝いを贈るとしたら何を渡しますか?

「『ギフトカタログ』を選ぶ」とした人が、18票で多数!

結婚祝いのギフトを貰ったことのある経験者は、実用性を重要視する傾向にあるようです。


詳細:家電(15票)、キッチングッズ(10票)、食べ物・花(それぞれ8票)、お酒(7票)…など。



■Q.あなたが友人に結婚祝いを贈る場合の予算は?

経験者は1万円以下で実用的なモノを選ぶ?

43%の人が「5,000円~1万円」くらいの結婚祝いギフトを贈ると答えました。


詳細:2,000円~5,000円(26票)、1万円~3万円(23票)、2,000円未満(3票)、気にしない(3票)、3万~5万(1票)、無投票1



■今回のアンケート調査 年代割合

Q.ご自身の年齢を教えてください。


今回実施した結婚祝いのギフトに関するアンケートは、30~40代の人が中心に回答。



【調査概要】

調査日程  :2019年2月4日(月)~5月12日(日)

対象者   :20代~70代の男女計100人

有効回答者数:100名

調査方法  :インターネットリサーチ



【会社概要】

商号  : 株式会社MEMOCO

代表者 : 熊田 貴行

所在地 : 〒150-0002

      東京都渋谷区渋谷2-12-4 ネクストサイト渋谷ビル5階

設立  : 2012年9月19日

事業内容: メディア事業

資本金 : 3,000万円

URL   : https://memoco.co.jp/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「183832」を
担当にお伝えください。