発がんが懸念されるヒアルロン酸豊胸 転ばぬ先の「除去外来」で...

発がんが懸念されるヒアルロン酸豊胸  転ばぬ先の「除去外来」で心配も除去!

美容外科THE CLINIC(ザ・クリニック、所在地:東京西麻布、統括指導医:大橋 昌敬)は、ヒアルロン酸豊胸を受けた方を対象に、ヒアルロン酸の除去を専門に行う外来窓口( https://www.theclinic.jp/contents/hyaluronicacid_tumour.php )を開設しました。


エコー検査でヒアルロン酸の場所を特定


■本件の背景

ヒアルロン酸は、今なお様々な美容施術に利用されている最もポピュラーな充填材(注入物質)の一つで、日本では豊胸手術にも用いられています。

ところがこのヒアルロン酸、東京大学の研究グループが行なった最新の報告によると、モノによっては乳がんの発症を促す働きがあるということが明らかに。美容目的で安易にヒアルロン酸を使用することに警鐘を鳴らしています。


<参考>

https://info.clinic-mail.net/l/518491/2019-05-14/8zsw4w

https://info.clinic-mail.net/l/518491/2019-05-14/8zsw4r



■THE CLINIC の「ヒアルロン酸除去外来」

すでにヒアルロン酸豊胸を経験した方たちは、上記によって大きな不安をお感じになることと思います。今回THE CLINICがヒアルロン酸除去の専門外来を急遽開設する目的は、こうした不安を抱える方たちの受け皿をご用意するためです。

ヒアルロン酸の除去治療は、おおよそ以下の手順で進めます。


(1)エコー検査でバストの中のヒアルロン酸の状態をチェックします。

(2)ヒアルロン酸の位置を確認しながら、残らず丁寧に除去します。

(3)術後に再度エコー検査を行い、確実にヒアルロン酸がなくなっていることを確認いただきます。


過去にヒアルロン酸豊胸を受けた経験があり、ヒアルロン酸を安全に除去したいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。


<お問い合わせ>

THE CLINIC

URL: https://www.theclinic.jp/

TEL: 0120-60-3929


<ドクターコメント/大橋 昌敬(THE CLINIC 統括指導医)>

今回、ヒアルロン酸とがん発症の関連が示唆されるというショッキングな報告がなされたわけですが、ヒアルロン酸豊胸をめぐるトラブルは以前からないわけではありませんでした。

特に多いのが「しこり」のお悩みです。ヒアルロン酸は、通常一定期間で体内に吸収されていきます。ただ、体質などによっては硬いしこりとして体内に残ってしまうことがあるのです。このような場合、当院では乳腺専用のエコーでしこりの位置を確認した上で、一つ一つ手作業で取り出していきます。

今回ご紹介する「ヒアルロン酸除去外来」でもエコー検査を併用し、ヒアルロン酸を残らず丁寧に除去していきます。健康と安全を第一に考え、みなさまの不安を解消するためのお手伝いができれば幸いです。


<THE CLINIC(ザ・クリニック)とは?>

脂肪吸引、脂肪注入豊胸、脂肪注入エイジング治療(顔の若返り)に特化した、脂肪や幹細胞などの自己組織を専門に扱う美容外科クリニックです。現在、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡の5拠点で展開しています。

コンセプトは、「整形美から自然美へ」。「より長く、より自然に、より美しく」をモットーに、シリコンバッグプロテーゼやジェル状の人工充填剤に頼らない「誰が見ても違和感のない美しさ」を追求した治療を提案しています(今回ご紹介したヒアルロン酸の除去の他に、ジェル状充填材「アクアフィリング除去」もお引き受けしています)。

他院の美容外科や一般病院の形成外科ドクターを対象にした技術指導セミナーを定期的に開催するなど、脂肪を活用した美容施術に関しては業界をリードする立場に。最近では、美容で培った脂肪注入技術を、乳がん治療後の乳房再建術に活かそうとする試みもなされており、取り組みの領域はさらに広がりを見せています。


東京院   https://www.theclinic-tokyo.com/

横浜院   https://www.theclinic-yokohama.com/

名古屋院  https://www.theclinic-nagoya.com/

大阪院   https://www.theclinic-osaka.com/

福岡院   https://www.theclinic-fukuoka.com/

カテゴリ:
サービス
ジャンル:
美容 医療 その他ライフスタイル
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「183831」を
担当にお伝えください。