普及活動をはじめて今年で10周年、ミャンマー人視覚障害者マッ...

普及活動をはじめて今年で10周年、 ミャンマー人視覚障害者マッサージが 全国100店舗まで拡大!

~ 2013年にはミャンマー政府から活動が評価され表彰 ~

ミャンマー人専門人材・派遣会社 株式会社ジェイサット(本社:ヤンゴン、以下 J-SAT)グループは、J-SATグループが行うミャンマー人視覚障害者マッサージの普及活動が今年で10周年を迎え、全国100店舗まで拡大しましたことをお知らせいたします。

2009年より実店舗「GENKY(ゲンキー)」を開設し、その店舗売上で「短期視覚障害者マッサージ技術習得コース」を開始、視覚障害者が実際に働くマッサージ店としてミャンマーで経営しております。


GENKY 12通り店


■視覚障害者マッサージの認知度・店舗ゼロから10年で全国100店舗まで拡大

これまでGENKYでは64名の視覚障害者が働き、7名が独立し店舗をオーナーとしてマッサージ店を経営、29名が収入を安定して得ることができ結婚しています。店舗売上で運営している「短期視覚障害者マッサージ技術習得コース」は9期生を迎え、すでに97名が卒業し全国の視覚障害者マッサージ店で活躍しています。2009年以前はゼロであった視覚障害者マッサージ店は今では全国100店舗以上にまで普及。2013年にはミャンマー政府からその活動が表彰される等、国内外で高く評価されています。



■全くのゼロからスタートした視覚障害者マッサージ

2008年5月、死者・行方不明者13万人以上出したサイクロン・ナルギス。たくさんの人々が仕事や生活でダメージが残る中、良質なマッサージ店を探すJ-SAT代表西垣が偶然出会った、チミダイン国立盲学校内にあった視覚障害者マッサージ。知名度のない視覚障害者マッサージは1時間500チャットと、今では考えられない値段で施術を求められていました。

当時、ヤンゴン市内にはきちんとしたマッサージ店はほとんどなく、これを盲学校の中だけに置いてはいけない、施術料金を引き上げないといけないと決意し、チャイナタウンに一号店をオープンさせたのが2009年3月のことでした。

オープン当初は、視覚障害者を全く知らないお客様がほとんどで、中には、視覚障害は触れると伝染しますか?と、心配する人も少なくありませんでした。今では、健常者が働く人気マッサージ店でも、メニュー項目に「Blind Massage」と加わるほど視覚障害者マッサージはミャンマー市民の間に広がっています。



■会員数は16,786名、30回以上の来店顧客数は643名!脅威のリピート率を誇るGENKYの特徴

視覚障害者が独立できる店舗作りをコンセプトに、障害者支援をあえて訴えない地域密着側マッサージ店を目指して経営。会員メンバー数は10年で16,786名に達し、マッサージ1回1スタンプ、30スタンプで到達するVIPメンバーは643名と圧倒的なリピート率で、視覚障害者マッサージ認知度向上に貢献しています。



■世界でも珍しい補助金、寄付金に頼らない視覚障害者支援 

視覚障害者支援は寄付金を元手に運営するというスタイルでは全国に普及しないと考え、設立当初から補助金、寄付金に頼らない経営スタイルを追求しました。一般的な健常者のマッサージよりも敢えて高い施術料金をつけ、さらにサクラタワーというヤンゴン最高級のオフィスビルに店舗を構え、サービスでは日本流を取り入れることにより、一般的なマッサージとは一線を画す「視覚障害者マッサージ」というマーケットを作ることに成功。GENKYで働く視覚障害者は当時、外資系で働くミャンマー人と同等以上の給料を得られたことから、多くの視覚障害者がマッサージ技術を覚えることを希望。そのため、日本のNGOや財団などが相次いで視覚障害者マッサージ支援を開始したことにより、「視覚障害者マッサージ」というブランドだけで集客できる市場が完成し、全国に店舗が普及していきました。



■視覚障害者の大部分が小卒以下、後天性視覚障害者が約4割という現実からみる課題と将来展望

現在は全国に視覚障害者マッサージ店ができ、マッサージ技術を覚えようとする視覚障害者が増えましたが、その技術力には差があり、統一された資格が存在していません。ミャンマーでは健常者含め高校までの進学率は33%と基礎教育の場が作られておらず、視覚障害者の進学率は発表されていませんが、GENKYで働いた64名の視覚障害者の6割にあたる39名が小学校中退です。このような社会的環境で、国際的な基準を満たす資格の確立は難しいことから、状況に合わせた国家資格の設立が待たれるところです。

また、日本など先進国では医療技術の進歩により視覚障害者は減少傾向にありますが、ミャンマーでは、事故や病気などによる後天性の視覚障害者が多いのが現状です。正確な数字は発表されていませんが、例えば、GENKYの視覚障害者マッサージ師64名のうち約半分の28名は、後天性視覚障害者です。視覚障害者マッサージを整備することは大切ですが、根本的な視覚障害者を減少させる取り組みが今後は必要になってきています。



■視覚障害者マッサージ店GENKY(公式サイト: http://genkyclinic.com )


[ GENKY 50ST店 ]

No.83, 50St(Middle Block), Ground Floor,Pazundaung Township, Yangon

Phone  :09-8615036、09-441433579

営業時間:09:00AM-10:00PM 年中無休


[ GENKY 12ST店 ]

No.64, 12th Street(Middle Block), Ground Floor, Lanmadaw Township, Yangon

Phone  :09-73145681、09-441433578

営業時間:09:00AM-10:00PM 年中無休


[ Genky Kyal Sin店 ]

No.241, 35st Upper Block, Kyauktada Township, Yangon

Phone  :09-42727-3939

営業時間:09:00AM-10:00PM 年中無休


【料金】

ボディマッサージ 45分  9,000チャット

         60分 10,000チャット

         90分 13,000チャット


フットマッサージ 45分  9,000チャット

         60分 10,000チャット


ボディ(45分)+フットマッサージ(45分) 90分 15,000チャット


【10周年記念特別プロモーション】

プロモーション1:2019年6月2-9日まで 全コース 50%OFF! 半額です!

プロモーション2:全店舗 日本式ゲンキー特製うちわ プレゼント(先着順)

プロモーション3:シルバー会員、ゴールド会員、プレミア会員がスタート!

          スタンプカード1枚 毎回1,000チャット割引

          スタンプカード3枚 毎回2,000チャット割引

          スタンプカード5枚 毎回3,000チャット割引

*詳細はゲンキースタッフまでお尋ねください。



<ゲンキー紹介リンク>

神戸大学・論文

「日本型中小企業BOPビジネスの必要要件」

http://mba.kobe-u.ac.jp/life/thesis/workingpaper/2011/wp2011-3b.pdf


AMIN(筑波技術大学):ミャンマーの地に日本式伝統治療院を開店(西垣氏)

http://www.e-amin.org/topics/Myanmar_reports.html


AMIN(筑波技術大学):

「GENKY」視覚障害者が働く医療マッサージ店開店 前編

http://www.e-amin.org/topics/yangon_1.html


「GENKY」視覚障害者が働く医療マッサージ店開店 後編

http://www.e-amin.org/topics/yangon_2.html


テレビ朝日【動画】

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ML4BX_I_Xvs#t=0


バンコク銀行制作【動画】

https://www.youtube.com/watch?v=syVoHCYxFFA&feature=youtu.be



■株式会社ジェイサット(J-SAT)

1998年創業。資本金10万ドル。従業員141名。リサーチからビジネスマッチング、視察手配、会社登記、運営管理などから人材派遣等ミャンマー進出支援の一括サポートを行う。各地方の商工会議所、地方銀行、信用金庫からの依頼も多く、大阪府ビジネスサポートデスクやJETROプラットフォームコンサルタントを担当するなど、これまで400社以上の進出支援実績があります。進出した日系企業の80%が同社人材紹介を利用するなど、ミャンマーに進出した日系企業へのミャンマー人材支援で圧倒的シェアを占めています。また、人手不足が深刻な日本へ、高度人材(エンジニア)や日本語が話せる大卒技能実習生に日本語やビジネス教育を行う、ミャンマー最難関のJ-SATアカデミーを運営し、日本にミャンマー人を紹介・派遣しています。視覚障害者によるマッサージ店経営を行うなどのソーシャルビジネスも手掛け、幅広くミャンマーの発展に寄与しています。


代表取締役: 西垣 充

所在地  : Room 1210, 12A Floor, Sakura Tower, No.339

       Bogyoke Aung San Road,Kyauktada T/S, Yangon, Myanmar

事業内容 : ミャンマー進出・人材支援、旅行・視察手配、視覚障害者支援

Tel    : +95-1-255925【代表】

Fax    : +95-1-255925

E-mail  : info@j-sat.jp

URL    : http://j-sat.jp

カテゴリ:
企業動向
ジャンル:
社会(国際) ビジネス全般 福祉
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「183826」を
担当にお伝えください。