今年度のバンタンを代表する“Vantan AWARD” 平成最後の審査員が決定!

即戦力人材を育成するスクール運営事業を行っている株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区 代表取締役会長:石川広己)が開催する、バンタン卒業修了制作展『VANTAN STUDENT FINAL 2019』の最優秀作品賞“Vantan AWARD”を決める審査員が決定したことを本日発表いたします。



『VANTAN STUDENT FINAL 2019』(バンタン スチューデント ファイナル 2019)は、バンタンの各スクールに通う学生がこれまで培ってきた感性、知識、技術、経験と、その全てをありったけの情熱を持って表現する卒業修了制作展で、ファッション・ショー、VRゲームの展示、ランチコースの提供などが行われます。そのコンテンツの中から、ファッション/デザイン/コンテンツ/フードクリエイティブの4部門において最優秀とされる“Vantan AWARD”(バンタンアワード)を決める審査員に、ファッション、フード、ビジネスなど様々な分野で活躍するプロデューサーやアーティスト総勢10組以上を迎え、平成最後の『VANTAN STUDENT FINAL 2019』を盛り上げます。


■ 最優秀作品“Vantan AWARD”の審査員 ※一部

 【東京校】※左上より 


歌代ニーナ(アーティスト)

1994年 NY生まれ、主に東京で育つ。ドイツと日本のハーフ。コロンビア大学美術史専攻で2014年20歳で卒業。スタイリストとしてSudannayuzuyullyや二階堂ふみを担当。2017年10月に2018S/S東京ファッションウィークにてメンズブランドAVALONEのウィメンズコレクションをデザインして発表。2018年3月にはインディペンデントマガジン『PETRICHOR』創立。その他モデル・ミュージシャンとしても活躍中。


西岡ペンシル(アートディレクター)

金沢美術工芸大学視覚デザイン専攻卒。株式会社電通にて数々の広告キャンペーンを手掛けた後、2006年に株式会社 西岡ペンシルを設立。企業の広告やキャンペーン、ブランディング、ロゴデザインからテキスタイルデザインまで、様々な分野で仕事をする。


PH PARIS JAPON株式会社 代表取締役社長 リシャール ルデュ

21世紀のパティスリー界を先導する第一人者であり、2016年《世界のベストレストラン 50アカデミー》より 「世界の最優秀パティシエ賞」を受賞したことでも知られる『ピエール・エルメ・パリ』の日本事業の代表者。日本、フランス、アジアで幅広い業務実績を積んでいる。


宮崎辰(メートル ドテル)

日本初のフリーランスのメートル ドテルとして全国各地で講演や企業セミナー、教育事業を手掛ける。現在も複数のミシュラン星付きレストランのダイニングに立ち、接客指導や後進の育成に力を注いでいる。2012年 Coupe Georges Batiste サービス世界コンクール優勝。著書に「世界一のおもてなし」、「利益を生むサービス思考」など他多数。


フォーリンデブはっしー(グルメエンターテイナー)

肉博士とお米ソムリエの資格を持ち、肉を中心にごはんのオカズを求めて全国を食べ歩くグルメエンターテイナー。外食専門家としては、ブログとインスタグラムの人気が日本一。農水省の国産食材アンバサダー、肉フェスの応援 団長、東京モーターショーのグルメ総合プロデューサーも務める。「最強のデブリシャス」、「最幸のテクニック」という本を、2月22日に

2冊同時発売。


HAN-JJI(モデル)

スポーティモードな着こなしが得意な韓国モデル。ファッションブランド「joyrich」や「dholic」のモデルを務める。


EYESCREAM編集部(ライフスタイル雑誌)

ファッション、音楽、アート等、時代を形成するカルチャーの中で光を放つ、先鋭的な存在を紹介する雑誌。PEOPLE=人間、それを取り巻くSPOT=場所、服装=FASHIONが織り

なす文化=CULTUREを総合的に探究し、常に現代を紐解いていて、次の時代を形成

していく自由なカウンターカルチャーにフォーカスしている。


【大阪校】※左上より 


株式会社THE・STANDARDプロデューサー 町田智昭

大学卒業後、渡米。現地での生活をきっかけに食文化の面白みに気付き、飲食業に携わる。帰国後、大手人材サービス会社のグループ会社にて新規事業の開発などを手掛け、独立。飲食コンサルティングとスポーツメーカー、アパレル関連のケータリングなどのプロデュース・ディレクション、またポップアップショップやイベントのプロデュースを行っている。

 

RISSI INC. プロデューサー 大坪優記

嵯峨美術大学卒業後、雑貨メーカーの企画からデザイン事務所を経て、RISSI INC.に所属。デザイナーとしてディレクション・デザイン業務を経てプロデューサーに。障害を持つ人たちによる創作物の魅力を社会に発信することを目的に活動している“PR-y”製作の映画やファッションブランドなどのPRも担当。


Numero TOKYO 編集長 田中杏子

ミラノでファッションを学んだ後、雑誌や広告などに携わる。帰国後はフリーランスのスタイリストとして活動。VOGUE NIPPON創刊時より編集スタッフとして参加。広告やTV番組の司会、資生堂「Maquillage」キャンペーンのファッション・ディレクタ−の職など多方面で活躍。2005年11月より Numero TOKYO編集長に就任。同誌ファッションページのスタイリングや、他ブランドのアドバイザーやディレクションなども行う。著書『AKO’S FASHION BOOK』。


寒川あゆみ(エステサロンオーナー兼美容ライター)

美容専門学校ヘアメイク学科卒業後、大手エステサロンを経てオーストラリアにてフリーエステティシャンとして活動を始め、帰国を機に大阪にてエステティックサロン private salon Lauleaをスタート。美容全般に関わる記事の執筆、ラジオ出演、企業とのタイアップなどにも従事。


■ “Vantan AWARD”(バンタンアワード)について

“Vantan AWARD”とは、卒業修了制作展に出展した作品の中からバンタンを代表する最優秀作品を決めるコンテストです。各業界の最前線で活躍する方々を審査員としてお招きし、厳正なる審査を経て優秀作品が選出されます。この名誉ある賞を獲得するべく、未来のクリエイターとして新しい才能が解き放たれます。


■ 『VANTAN STUDENT FINAL 2019』イベント開催概要

名称 :バンタン卒業修了制作展 『VANTAN STUDENT FINAL 2019』

内容 :ファッションデザイン・スタイリング・ヘアメイク・ビューティのファッションショー、グラフィックデザイン・イラスト・フォト・映像・ゲーム・キャラクターデザイン・アニメ・声優の作品展示、パティスリー・カフェ・エステサロン・ショップの店舗運営など

※詳細は特設サイトをご覧ください。

【大阪校】

日程 : 2019年2月17日(日) 

会場 : クリエイティブセンター大阪 名村造船所跡地 11:00~17:00

     レコールバンタン大阪校 Dキューブ 11:00~15:30

【東京校】

日程 : 2019年3月3日(日) 

会場 : ベルサール渋谷ファースト 11:00~18:00

     SHIBUYA TSUTAYA 6F 11:00~18:30

     レコールバンタン レーヴ校舎 11:00~16:00

特設サイト:https://www.vantan.co.jp/studentfinal2019/

入場:無料 ※ショーの観覧は先着順のご案内となります。お席に限りもございますので予めご了承ください。


【取材のご案内】

ご来場には事前のご予約をお願いしております。以下URLより申し込みください。

https://yell.vantanfc-inc.com/form/pc/index.php5?fn=16351&gr=VDI&ge=event


■昨年度 バンタン卒業修了制作展 『VANTAN STUDENT FINAL 2018』の様子

・ダイジェストムービー https://www.youtube.com/watch?v=_tG1vxnGpk8


■ Vantan (バンタン) http://www.vantan.jp/

1965年の創立以来、クリエイティブ分野に特化して人材の育成を行っている専門スクール。現役のプロクリエイターを講師に迎え、ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画、映像、フォト、ゲーム、アニメ、マンガ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどのクリエイティブ分野において、業界と連携した「実践教育」で即戦力となる人材を育成する教育事業を東京と大阪で展開。これまで19万人以上の卒業生を輩出しています。


報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「177201」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報