オートメーション・エニウェア、RPAの効果を測定する世界初の...

オートメーション・エニウェア、RPAの効果を測定する 世界初の新機能「センターオブエクセレンス ダッシュボード」を発表

単一のツールでボットによるROIのトラッキングが可能に

RPAプロバイダーのオートメーション・エニウェアは、ビジネスデータやデジタルワーカー(ボット)がもたらす付加価値を比較し、企業における全てのRPA プロジェクトの指標を表示する新機能、「センターオブエクセレンス(CoE)ダッシュボード」を発表しました。オートメーション・エニウェアは、組込み型分析機能を提供する、唯一のインテリジェント デジタルワークフォース プロバイダーであり、「CoE ダッシュボード」は、分析ソリューション「Bot  Insight」に搭載される機能です。


「CoE ダッシュボード」イメージ図

 

「CoE ダッシュボード」は、複数のボットのデータや行動を自動的に評価し、それらがビジネスにもたらしている付加価値を表示します。ROIを直ちに把握できると同時に、ビジネス情報をトラッキングして、より迅速で確実な予測を実現できます。

社内の複数部署で自動化テクノロジーを利用する場合、「CoE ダッシュボード」は部署ごとにRPAの実績を表示することができます。その指標には、従業員の労働の削減時間、ボット別・プロセス別のコスト削減額とその合計、ボットの成功率、ボットの月間ROIが含まれます。

また、このツールには変数の自動タグ付け機能も搭載されているため、専門家のサポートを必要とせずにセットアップや保守を行うことができます。

 

オートメーション・エニウェアの製品・エンジニアリング担当シニア・バイスプレジデントのAbhijit Kakhandik(アビジット・カカンディキ)は、次のように述べています。「RPAを使い始めることは簡単です。しかし、完全にスケールアップするにはROIを測定できる分析プラットフォームの搭載が必要です。ROIはあらゆるテクノロジーの有効性を測る唯一かつ最も優れた指標ですが、大抵その算出は困難です。

『CoE ダッシュボード』は、タスクやプロセス、部署ごとのROIを自動的に算出し、すべて一か所に表示します。お客様が、複数プロジェクトの統合に多くの時間を割いたり、ボットのパフォーマンスデータを理解し閲覧するために専門家を雇ったりする必要がなくなりました。当社のソリューションは、即座にビジネスインテリジェンスを提供します。」


「Bot Insight」の分析機能に関する詳細は、こちら(https://www.automationanywhere.co.jp/products/bot-insight)をご覧ください。


オートメーション・エニウェアについて

オートメーション・エニウェアは、ロボットによるプロセス自動化(RPA)分野における世界最大のソフトウェアプロバイダーです。Automation Anywhereの提供するプラットフォームを通じて、多くの企業が世界規模のインテリジェント デジタルワークフォースを構築しています。そのエンタープライズに対応したプラットフォームは、幅広い業界で反復的業務に携わる人々を支援するソフトウェアボットを活用しています。これは、先進的なRPAと、コグニティブおよび組み込み型分析機能を組み合わせた唯一かつ真のインテリジェント デジタルワークフォース プラットフォームです。世界中の1,000社を超える大企業がAIに対応した当ソリューションを利用して、ビジネスプロセスの管理と拡張を高速化し、エラー率をほぼゼロに抑えながら、運用コストを大幅に削減しています。オートメーション・エニウェアは、創造し、考え、発見するために時間を費やせる人材こそ優れた企業を作り上げるという信念のもと、14年間にわたって90カ国以上の金融サービス、保険、医療、テクノロジー、製造、通信、物流業界の主要企業に自動化技術を提供してきました。詳細はhttps://www.automationanywhere.co.jp/をご覧ください。  


報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「172809」を
担当にお伝えください。