第6回なかの多文化共生フォーラム「グローバル時代の東京ー外国...

第6回なかの多文化共生フォーラム 「グローバル時代の東京ー外国人も日本人も住みやすいまちをめざして」 12月18日、中野キャンパスで開催

明治大学国際日本学部の山脇啓造ゼミ(多文化共生論)は12月18日(火)、第6回なかの多文化共生フォーラム「グローバル時代の東京ー外国人も日本人も住みやすいまちをめざして」を開催します。要事前申込。参加無料。 


世界をリードするグローバル都市の実現をめざし、オリンピック・パラリンピック開催に向けた準備を進める東京都、そしてグローバル戦略によって、海外からのビジネスパーソンや観光客をひきつけ、地域のポテンシャルを引き出そうとする中野区。政府の「新たな外国人材の受け入れ」方針が打ち出された今、多文化共生に対する関心はますます高まっています。


本フォーラムでは、東京都や中野区での山脇ゼミの取り組みを振り返りつつ、外国人も日本人も住みやすいまちを目指すにはどうしたらよいか、酒井直人中野区長を交え、地域の皆さんとともに考えます。  


第6回なかの多文化共生フォーラム

「グローバル時代の東京ー外国人も日本人も住みやすいまちをめざして」

日時    2018年12月18日(火)18:00~20:00

会場    明治大学中野キャンパス6階 プレゼンスペース

主催    国際日本学部山脇ゼミ

協力    中野区、中野区観光協会

申込    yamawaki.seminar@gmail.com(締め切り 12月11日)


プログラム

第1部   山脇ゼミ活動報告

第2部   中野区の多文化共生を考えるワークショップ「中野の空の下、共に生きよう」

*プログラム詳細 http://www.meiji.ac.jp/nippon/info/2018/6t5h7p00000tjmzd.html  


プレスリリースロゴ画像

カテゴリ:
イベント
ジャンル:
社会(国内) 社会(国際) 教育
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「172787」を
担当にお伝えください。