和歌山のご当地バーガー『熊野牛・みかんバーガー』誕生!休暇村...|

和歌山のご当地バーガー『熊野牛・みかんバーガー』誕生! 休暇村紀州加太のカフェで“旨×甘×酸”の絶妙な味が楽しめる

瀬戸内海国立公園内にある休暇村紀州加太(所在地:和歌山市加太、総支配人:義本 英也)は、桜鯛バーガー・ハモバーガーに続く『熊野牛・みかんバーガー』を開発し、2018年11月15日(木)~2019年2月28日(木)の期間限定で休暇村紀州加太1階のスカイカフェ『風の歌』で販売いたします。


お口の中で、じゅわっと「みかん感」が広がります


■経緯

和歌山と言えば「フルーツ王国」、柑橘系から柿・桃と季節により様々なフルーツがあります。その中でも「みかん」は有田を中心に日本一の収穫量を誇ります。そこで、みかんを使用したバーガーを作りたいと思い今回の新バーガーの発案となりました。



■特徴

和歌山のみかんを丸ごと1個と調理長こだわりの自家製みかんソースが決め手!!みかんの間には和歌山が誇る牛肉『熊野牛』のスペアリブを挟み込みました。濃厚かつスパイスを効かせた『熊野牛』と『みかん』の果肉とソースが酸味・甘味を加え絶妙な味わいのバーガーとなりました。「旨」×「甘」×「酸」の三味がそれぞれの特徴を引き立てたバーガーです。


期間:2018年11月15日(木)~2019年2月28日(木)

料金:単品 500円(税込み) ドリンク(コーヒー・紅茶)セットで800円(税込み)

場所:1階 スカイカフェ『風の歌』

時間:11:30~14:00



■休暇村紀州加太

全客室オーシャンビューの絶景リゾートホテル。眼下に広がる紀淡海峡の向うには淡路島や四国、明石海峡大橋まで見渡せます。1泊で6つの湯船が楽しめる加太淡嶋温泉「天空の湯」。露天に登場した「インフィニティ風呂」は湯船に浸かると、紀淡海峡と湯面が一体化する趣向です。鯛の一本釣りで知られる加太漁港に近く、桜鯛やクエなど四季折々の魚介料理が目の前のライブキッチンで調理されます。


所在地: 〒640-0102 和歌山市深山483

TEL  : 073-459-0321

URL  : https://www.qkamura.or.jp/kada/



■自然にときめくリゾート 休暇村

日本の景色を代表する国立公園・国定公園など優れた自然環境の中にあるリゾートホテル。37か所ある休暇村は、「自然にときめくリゾート」のコンセプトのもと、地元の食材を活かした料理や、地域の自然、文化、歴史とのふれあいプログラムなど、その土地ならではの魅力にふれる場を提供し、すべてのお客様に心が自然にときめくひとときをお届けします。


名称 : 一般財団法人休暇村協会

代表 : 理事長 河本 利夫(こうもと としお)

所在地: 〒110-8601 東京都台東区東上野5-1-5 日新上野ビル5F

URL  : https://www.qkamura.or.jp/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「170442」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報