ウィーン舞踏会の世界を再現した、華やかな“非日常”の「夜会」...

ウィーン舞踏会の世界を再現した、華やかな“非日常”の 「夜会」が11月23日、都内で開催

日本で体験できる非日常な時間!

「文化と伝統としてのウィーン舞踏会」を中心にオーストリアの文化を日本に紹介する日本・オーストリア文化交流会~クライネ・クローネ(代表:クローネマキコ、本部:東京都千代田区)は、2018年11月23日に、ウィーン舞踏会を再現した夜会「“ウィーン・モダニズムの夜会”~クリムト、シーレ没後100年に寄せて~」を開催します。


「夜会」タイトル画像



この夜会は、欧州の華やかな社交界文化・ウィーンの舞踏会という世界の再現を通じて、一般の方でも正装しての社交という異文化、「非日常」を楽しんで頂きつつ、大人の社交場文化の創出・普及すること、ウィンナーワルツやオーストリアの文化に親しんで頂く機会を作ることが目的で、クライネ・クローネが毎年開催しているものです。


今年は、恒例のカドリールダンスで始まるオープニングセレモニーやダンスタイムに加え、19世紀末に活躍した画家たちが生きた「ウィーン・モダニズム」と呼ばれる時代をテーマとして、その時代の舞踏のデモンストレーションをご覧頂いたり、オーストリアワインのミニ・試飲コーナーなども設けます。

コンセプトは、“大人の社交の場”。オーストリア大使館関係者もご招待しての、通常のパーティーとも、ダンスパーティーとも違う日本では希少な、大変華やかな場、“非日常”です。


<名称>

“ウィーン・モダニズムの夜会”~クリムト、シーレ没後100年に寄せて~


<日時>

2018年11月23日(金・祝)受付開始・ドアオープン 17:45、開始18:15


<場所>

学士会館210号室 東京都千代田区神田錦町3-28

Tel 03-3292-5936

プレ・イベントは301号室


<内容>

オープニングセレモニー、歓談とダンス、19世紀末舞踏デモンストレーション、ウィンナーワルツ即席練習、皆さんでカドリールダンス!、他


<規模>

90名前後(昨年の実績)


<ドレスコード>

【女性】ロング・イブニングドレス、

【男性】タキシード又はダークスーツに蝶ネクタイ


後援: オーストリア大使館文化部/オーストリア文化フォーラム

詳細: http://www.kleine-krone.com/newstopics/index.html をご覧ください。


<ご参加費>

クライネ・クローネ会員 15,000円 非会員 17,000円



同日にはプレイベントも開催されます。

【プレイベント “オーストリアの元貴族によるトークショー”と直前ダンス練習】

開催日時:2018年11月23日(金・祝) 15:45~17:15

ご参加費:3,000円


<トークショー:ハプスブルグ家と貴族、そして現代のオーストリアライフ>

ハプスブルグ家と親交のあるマティアス先生のご家族との、秘蔵写真をウィーンから持参、エピソードを語ってくれます。

またクローネマキコが舞踏会文化を通じて体験したオーストリアライフをご紹介、そして、マティアス先生から皆様にも素敵な体験のご提案を用意しています。



■お申し込み方法

以下URLよりお申込みください。

https://form.os7.biz/f/90fecbeb/



■日本・オーストリア文化交流会~クライネ・クローネについて

2000年11月にクライネ・クローネ(小さな王冠、の意味)として設立、2010年1月に現名称に改称。ヨーロッパ社交界や舞踏会に憧れる方々への情報提供や参加コーディネート、デビュタント*も送り出している。国内では、オーストリアの文化を紹介し楽しむセミナーや交流会等の各種イベント、ウィーン舞踏会を再現したフォーマルな「夜会」、宮廷風ダンスやウィンナーワルツ練習会等の活動を、オーストリア大使館の協力も得ながら展開。

代表のクローネマキコはタウンFMラジオ番組に出演、オーストリア・ウィーン文化についての楽しいトークを披露している。

*デビュタント:“社交界デビューする人”の意味。かつては王侯貴族の子女たち。現代でも白いドレスと王冠で踊る



■代表クローネマキコのプロフィール

日本・オーストリア文化交流会~クライネ・クローネ代表。日本カドリールダンス協会主宰。

銀行員時代に、「お婆さんになってしまう前に!」とウィーン舞踏会参加の夢を自身で叶え、これまでに渡墺40回以上、オペラ座舞踏会など参加100回を超える。王宮舞踏会にて「デビュタント」も経験。現地貴族や、ハプスブルグ家末裔のプリンセスとも交流がある。国内外での様々なイベント開催を通じ、社交文化と文化交流の普及促進をしている。

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。