ジェイ・クリエイションとNTTデータが10/11から協業合意...|

ジェイ・クリエイションとNTTデータが10/11から協業合意 COBOLをJavaに変換し、システム基盤集約・クラウド移行を実現

移行サービス「VENUS」とNTTデータの「TERASOLUNAフレームワーク」 を連携

株式会社ジェイ・クリエイション(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:上山育視)は株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区/代表取締役社長:本間洋)と、既存システムの基盤集約・クラウド移行を実現するアプリケーション移行サービスを提供するため、2018年10月11日より協業開始することで合意しました。本協業によりお客様のデジタルシフトへの要望に対応したシステム提供が可能となります。

【協業概要】

本サービスは、ジェイ・クリエイションが提供する安心・安全にCOBOLをJavaに変換することが可能な移行サービス「VENUS」をNTTデータが提供するアプリケーション・フレームワーク「TERASOLUNAフレームワーク」上に組み込むことで実現しています。

また、NTTデータのシステム基盤構築のノウハウやオフショア体制を活用し、効率的かつコストを抑えたサービスを提供することで、さらなるビジネス展開を図っていきます。


背景

企業が保有するIT資産は、COBOLやJavaなどの開発言語が混在することにより、システム基盤ごとに運用管理者の確保が必要など、コスト面での課題がありました。

また近年では、デジタル化が進むにつれて、システムの基盤集約やクラウド移行するニーズが高まってきています。

ジェイ・クリエイションはこれらのニーズに対応すべく、システム基盤構築のノウハウを多数持っているNTTデータと協業することで、「TERASOLUNAフレームワーク」上への移行を可能とし、業務AP資産の側面から、基盤集約やクラウドシフトを支援していくことにしました。

COBOLからJava変換において多数の実績を持ち、かつ、大規模システムのマイグレーションを成功させている「VENUS」を活用し、安心・安全にCOBOLをJavaに変換し、「TERASOLUNAフレームワーク」上に移行することで、既に「TERASOLUNA

フレームワーク」を導入している企業に対して基盤集約やクラウドシフトを支援していきます。



VENUS概要

「VENUS」はジェイ・クリエイションが独自に開発した移行サービスです。

難しいCOBOLからJavaへの変換を自動で行うことができ、100パーセントに近いツール変換率を誇ります。

大規模な案件を自動で変換することができる移行サービスは他社にはなく、マイグレーションサービスの老舗であるジェイ・クリエイション独自の技術です。



今後の展望

本協業を通じ、両社のこれまでの業務AP資産の移行に関するノウハウ共有を図り、知識ベースを構築することにより、効率的かつ高品質なサービスを提供します。

COBOLtoJavaによる基盤集約やクラウドシフトを支援する中でNTTデータが提供する生産性向上可能な「TERASOLUNA開発ツール」の活用も合わせて提案します。

NTTデータとの連携により、ジェイ・クリエイションは、これまで以上の開発規模の拡大を目指します。





【本件のサービスに関するお問い合わせ先】

株式会社ジェイ・クリエイション

部署 営業部

担当者 宜保

電話番号 03-3527-1227

メール venus-info@jcreation.co.jp

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「168199」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事