総合数理学部 宮下芳明研究室電気刺激を用いて後味を強く長くす...

総合数理学部 宮下芳明研究室 電気刺激を用いて後味を強く長くする手法を開発 ~咽頭で感じる後味の増強・持続時間延長~

 明治大学総合数理学部・宮下芳明研究室の宮下芳明教授、上野新葉(先端数理科学研究科  博士前期課程1年)、青山一真(元総合数理学部助教・現東京大学 大学院情報理工学系研究科  特任助教)と中村裕美(明治大学  客員研究員)は、電気刺激によって咽頭で感じる後味を強くし、後味が持続する時間を長くする手法を開発しました。

 顎の下に陽極を、首の後ろに陰極を配置するような形で電気刺激を行います。その状態で飲料を飲むことで、飲み物の後味が強く感じられたり、後味を感じられる時間が長くなります。電気刺激を用いた味覚研究は、飲食中に感じられる味が対象でしたが、この研究では飲み込んだ後の後味に対して有効です。

 また従来、電気刺激による味覚の制御が難しかった甘味の含まれる飲料に対して、有効であることを明らかにしました。

 この研究は、2018年9月26日~28日に山梨県北杜市で開催されるWISS2018(第26回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ)で「下顎部電気刺激を用いた咽頭での後味の増強・持続時間延長」と題して発表予定です。


■こちらの動画も併せてご覧ください

URL https://youtu.be/-rQpBX2g3_s

宮下芳明研究室ホームページ https://miyashita.com/

WISS2018お知らせページ  https://www.wiss.org/WISS2018/

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。