パロニムは、日本の大手広告制作会社TYOと業務提携

パロニム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小林 道生、以下 パロニム)は、株式会社ティー・ワイ・オー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:早川 和良、以下 TYO)と、インタラクティブ動画技術[TIG(ティグ)]を活用した広告プロモーション映像制作における連携を目的として業務提携契約を締結いたしました。


パロニム×TYOロゴ


[事業の展望]

パロニムは、スマートデバイスの普及や動画配信プラットフォームの充実、通信インフラ環境の整備に伴い今後さらなる拡大が予想される動画配信(VOD)市場を見据え、テレビCMやオンライン動画などの映像を中心とした多様なコンテンツ制作を手掛けるTYOと業務提携を行うことでさらなる発展を目指していきます。

本提携でパロニムは、[TIG(ティグ)]技術とサービスの普及に向け、TYOが持つ映像制作分野におけるノウハウやネットワークを活用したオンライン動画広告制作を推進してまいります。また、今後も多様化する視聴者の映像ニーズに応えるべく、オリジナルメディアの立ち上げなども進めてまいります。



■[TIG(ティグ)]とは

パロニムの自社開発による次世代型インタラクティブ動画技術。


インフラやデバイステクノロジーの進化により動画視聴の多様化が加速する中、ストーリーを楽しむだけの動画から、視聴の目的やスタイルも変わりつつあります。


これまでは映像の中に存在する情報を調べる手段として、検索エンジンに依存しがちでしたが、TIG技術を導入した映像は、映像内の対象物箇所にタッチする(通称TIGる)だけで、予め埋め込まれた対象物情報をストックすることができ、さらにストックしたアイテムをタッチすることで遷移先のウェブページにて商品情報や場所、人物、音楽など様々な情報を入手することができます。

また、「検索要らず」≒「言語の壁を下げ得る」ことからアジアにも拠点を設置し、TIG動画を介して海外ユーザーニーズをインバウンドに繋げる取り組みも開始しています。


技術としては、映像を極力汚さないデザイン(UI)や、動画のストーリー性を分断させないなど心地良いユーザー体験(UX)を特徴とし、テレビや映画レベルのコンテンツにも技術提供できることを目指しています。

さらに、映像に情報を付与(TIG化)する編集ツールにおいては、指定した対象物を高確率で自動追従できる画像解析・画像追従技術により、非技術者でも短時間で簡単に編集できるシステムの開発を進めています。


アプリ(iOS/Android)やスマートフォン/パソコン上のブラウザでTIG動画を視聴することができ、分散型メディア(SNS)やホームページ等にTIG動画を貼り付けて再生することも可能です。


また、[TIG(ティグ)]をコマース目的に特化し、ECカートシステムを組み込んだ派生サービス[TIG commerce]の開発・提供も行っており、ECサイトを持たない事業者であっても動画を制作するだけで手軽に動画コマースを実現できることを可能にしています。


[TIG(ティグ)] 紹介ページ: https://www.paronym.jp

※文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。


TIGイメージ

https://www.atpress.ne.jp/releases/165613/img_165613_2.jpg



■会社概要

[社名]   パロニム株式会社

[代表者]  代表取締役 小林 道生

[設立年]  2016年11月

[資本金]  392,200,000円(資本準備金含む)

[所在地]  東京都港区三田1-1-15 三田ソネットビル6F

[事業内容] 動画マーケットにおける新しい技術開発

[URL]    https://www.paronym.jp/



[社名]   株式会社ティー・ワイ・オー

[代表者]  代表取締役社長 早川 和良

[設立年月日]1982年4月2日

[資本金]  1,850,000,000円

[所在地]  東京都品川区上大崎2-21-7

[事業内容] すべての広告コンテンツの戦略立案・企画・制作

[URL]    http://group.tyo.jp/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「165613」を
担当にお伝えください。