ヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダームビスタ(R) ボリ...|

ヒアルロン酸使用軟組織注入材 「ジュビダームビスタ(R) ボリフト XC」日本で製造販売承認を取得

アラガン・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:マーク・ヴァンデルハイデン)は、このたびヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダームビスタ(R) ボリフト XC」(医療機器承認番号:23000BZX00159000)について、顔面において、中等度から重度のしわや溝(鼻唇溝等)を修正することを使用目的とし、厚生労働省より2018年6月1日に製造販売承認を取得いたしました。



アラガン・ジャパンは、2014年3月に日本で初めて厚生労働省よりヒアルロン酸使用軟組織注入材の製造販売承認を取得して以来、「ジュビダームビスタ(R)」HYLACROSS(TM)※1 シリーズを販売し、2016年12月からは、進化した「ジュビダームビスタ(R)」VYCROSS(R)※2 シリーズである「ボリューマ XC」を販売してまいりました。この度承認を取得した「ボリフト XC」は、「ジュビダームビスタ(R)」VYCROSS(R) シリーズの新たな一員です。顔のしわや溝の修正を使用目的としており、「ボリューマ XC」による中顔面、下顎部、こめかみの減少したボリューム増大治療と組み合わせて使用される製材です。「ボリフト XC」の登場により、美容医療に新たな選択肢が追加されました。


なお、「ボリフト XC」は現在、販売に向けた準備を行っておりますので、販売開始時期につきましては改めてご案内いたします。

本製品は、日本と同様の医薬品・医療機器の承認制度を有する米国をはじめ、EU、カナダ、オーストラリア等の世界各国で承認されております。


アラガン・ジャパンは、美容医療において厚生労働省の製造販売承認を得た製品を患者さんにお届けすることで、科学的な根拠に基づいた美容医療の発展に貢献してまいります。

これからも、アラガン・ジャパンは患者さん一人ひとりの「健康」と「生涯」に寄り添い、人生の可能性を最大限に実現することをサポートする「ヘルスケア・パートナー・カンパニー」を目指してまいります。



(※1)HYLACROSS(TM):アラガン・ジャパン「ジュビダームビスタ(R) ウルトラ/同ウルトラ XC/同ウルトラ プラス/同ウルトラ プラス XC」に用いられている高分子ヒアルロン酸の技術。ヒアルロン酸に架橋剤を添加することで製品の効果を長く持続させることを目的としています。


(※2)VYCROSS(R):アラガン・ジャパン「ジュビダームビスタ(R) ボリューマ XC/同ボリフト XC」に用いられている技術。高分子と低分子のヒアルロン酸を含むことが特徴。添加する架橋剤の高効率が期待でき、長期持続性・適切なリフト力・低吸収性などの特性に寄与します。



【アラガン・ジャパン株式会社について】

アラガン・ジャパンは、眼科、神経科、皮膚科、美容医療、形成外科、乳腺外科、泌尿器科、消化器科、婦人科などの多岐にわたる領域で有力製品を抱えるグローバルヘルスケア・カンパニーの日本法人です。アラガンは、設立から60年余にわたり、革新的で有意義な治療を提供し、世界100ヶ国以上において、患者さんと医療従事者の皆さんに最先端の医療をお届けしています。日本では現在、美容医療領域、そして乳がんの患者さんのための乳房再建の分野に特化して、厚生労働省から製造販売承認を取得した製品を提供しています。


美容医療の分野においては、ボトックスビスタ(R)をはじめ、ヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダームビスタ(R)」シリーズや睫毛(まつ毛)貧毛症治療薬「グラッシュビスタ(R)」、ボディ・コントゥアリング治療機器「クールスカルプティング(R)」など、各領域において日本初の製造販売承認を取得した製品を提供しており、患者さんが安心して受けることのできる美容医療の普及に努めるとともに、「自分らしくありたい」と願う患者さんを応援しています。



【会社概要】

商号 :アラガン・ジャパン株式会社

代表者:代表取締役社長 マーク・ヴァンデルハイデン

所在地:〒150-6035

    東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー35F

URL  :アラガン・ジャパン株式会社 https://www.allergan.jp/ja-jp/home

    アラガン グローバル本社  https://www.allergan.com/home



(C) 2018 Allergan. (R)marks owned by Allergan.


<本資料に関するお問合せ>

お客様相談窓口

TEL:0120-404-100(9:00~18:00/土日祝日及びアラガン・ジャパン休業日を除く)

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「158636」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんなリリースをよく見ています

このリリースを見た人が興味がある…

  • 関連記事
  • 会社情報