LINEを使った送迎バスの現在位置通知サービス「モークル」幼...|

LINEを使った送迎バスの現在位置通知サービス「モークル」 幼稚園や企業に導入、不安や不満を解消し事故防止にも効果

採用難の企業も導入、社員の不満を軽減して定着を促進、事故防止にも効果

自動車整備、ドライブレコーダーの販売を行う恵那バッテリー電装株式会社(岐阜県中津川市)が開発した、スマートフォンの無料通話アプリLINEを使ってバスの現在位置を確認できるシステム、モークルの採用が広がっています。

モークルは2017年8月よりサービスを開始しており、幼稚園の園児送迎バスに採用されています。


モークル専用サイト: http://moqul.net/dorareco/


モークル スマホの操作画面


【幼稚園の園児送迎バスに採用】

モークルを導入した幼稚園では、200人以上のLINEの登録者がいて、毎月1万回以上利用しています。

送迎バスが運行する時間には、1時間に100回以上利用されています。

保護者は、バスが近くに来ていることを確認してから、外に出てバスを待つようになりました。雨の日や、寒い日、暑い日に園児と一緒に待つ負担が減っています。バスの到着に合わせて園児と保護者が待っているので、バスも待ち時間が減って、時間通りに運行できるようになりました。



【企業の社員送迎バスで採用】

岐阜県にある製薬会社では、工場で働く従業員の採用が難しいため、昨年から送迎バスを用意し、車が無い人でも働ける環境を用意しました。

送迎バスを用意したことで、募集条件が有利となり、全国から応募が来るようになりました。

送迎バスは毎日30人ほど利用していますが、「ダイヤ通りにバスが来なかった」という声が従業員から寄せられていました。

冬の夜中、寒い中、停留所で“バスは行ってしまったのでは”“いつ来るのだろう”と思いながら待っているのは、従業員にとって不安や不満になっていました。そこで、モークルを採用し、バスの現在位置がわかるようになったことで、バスの到着時間まで、暖かい場所で待つことができるようになり、従業員からの不満の声が減りました。


北海道石狩市の野菜製品製造会社も、社員の送迎バス3台にモークルを採用しています。

同社は24時間365日工場が稼働しており、周囲には工場も多く、従業員の確保のために厳しい競争を行っているため、自家用車などの通勤手段がない方でも働ける様にしています。

冬の北海道で雪や寒さの中、送迎用のバスを待つことは従業員にとって大変です。モークルを採用することにより、従業員はバスが来るまで暖かい場所で待つことができるようになります。



【モークル特長】

スマートフォンのLINEのトーク画面で、“今どこ?”をタップすると、バスの現在位置、速度、進行方向の返事が2~3秒程度で返ってきます。返ってきた文字をタップすると、地図上にバスの現在位置が表示されます。操作がLINEのトーク画面だけで完結するので、利用者は操作を覚える必要がなく、

LINEアプリで専用のQRコードを読み取り利用登録をすればすぐに使うことができます。

実際にこの登録方式を利用することで、導入した企業では社員70名以上が登録、LINEの利用者である20~30代の女性だけでなく、中高年男性でも特別な知識を必要とせずすぐに使い始めることができます。



【IoT(Internet Of Things)技術でバスの事故防止と運行管理】

バス用の車載器に通信機能を内蔵したドライブレコーダーを採用しています。

一般に販売されているドライブレコーダーと違い、ドライブレコーダー自体がインターネットに接続するIoT技術を採用しており、バスに事故があったときは、20秒間の映像が自動的にサーバに送信されます。

企業の担当者は事故現場に行くことなく事故の状況を映像で確認することができ、迅速な対応を行うことが可能になっています。また、運行中のバスの現在位置、速度、進行方向などのデータも常に確認でき、バスの遅れなども企業の担当者は確認することができます。

ドライバーの運転を分析する機能も備えているので、急ブレーキ、急ハンドル等の危険運転の傾向を分析して事故を未然に防ぐことができます。


従来より、路線バス会社などは同様のシステムを採用していましたが、今回最新のIoT技術とスマートフォンの利用などにより、導入と運用コストを大幅に削減、利用者を増やすことが可能になっています。



【今後の予定】

バス路線の減少、若者の車離れ、そして企業の人材確保のために、送迎バスを自社で運行する企業が増えており、今後も社員の負担軽減を目的に、モークルを導入する企業が増加することが予想されます。また、スクールバス、幼稚園、学習塾、スポーツクラブなどでも送迎バス利用者へのサービス向上を目的にモークルを導入する企業が増えることが予想されます。

当社では、平成29年度中に1,000台の採用を見込んでおり、他のバスロケーションシステムとの提携についても今後行っていく予定です。



【会社概要】

当社はこれまで、車の交通事故防止に特化した取り組みを企業向けに提供してまいりました。今後はバスの有効活用と利便性向上に向けて、システムの提供をいたします。


会社名: 恵那バッテリー電装株式会社

所在地: 岐阜県中津川市茄子川2077-274

設立 : 1968年1月

代表 : 代表取締役 山口 功司

URL  : http://www.enabattery.co.jp

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「148152」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報