“不屈”の南三陸ねぎラーメンで被災地を応援 八王子のラーメン...|

“不屈”の南三陸ねぎラーメンで被災地を応援  八王子のラーメン屋4店でオリジナルメニューを提供

創価大学の卒業生らは、震災復興に貢献していくことを目的として、南三陸街と気仙沼市で生産されている長ネギのブランド化を応援する「南三陸ねぎ応援プロジェクト」を、2017年1月に立ち上げました。すでに東京・八王子地域のラーメン店4店舗でオリジナルメニューを提供いたしました。※2017年12月26日現在



本学経済学部では、宮城県南三陸町での農業支援ボランティアなどを通じて学びを深めることを目的に、2012年度より「東北復興スタディーツアー」を実施しています。このツアーでは、GFM(グリーンファーマーズ宮城)の協力により、ネギ畑等における農業支援ボランティアを実施しています。また、同ツアーには、本学卒業生で株式会社OICHOC代表の八幡 清信さん(ブランドディレクター)、株式会社先駆代表の中根 茂雄さん(WEBプロデューサー)らの起業家も参加し、南三陸町の方々との信頼関係を築いていきました。


今回は、東日本大震災に伴う津波などの被害に負けず逞しく育つ「南三陸ねぎ」に着目。困難に屈しない「不屈のネギ」のアピールを通し、現地の復興に貢献していくことを目的としています。



ネギを生産する農家の方からラーメンを作りたいとの思いを聞き、「南三陸ねぎ」を使ったラーメンを東京で商品化できないかと考え、八幡さんらが八王子市内のラーメン店を中心に「南三陸ねぎ」の魅力を伝えたところ、「口楽」(八王子市下柚木2)の他、「麺や 睡蓮」(八王子市元本郷町3)、「ほっこり 中華そば もつけ」(八王子市万町)、「味噌ぶりnoodleみやみや」(多摩市関戸2)の4店舗が参加。「南三陸ねぎ」を使った、個性あふれるオリジナルメニューを各店が提供しました。


今後も本学の「東北復興スタディーツアー」では、被災地での復興支援を通して、様々な学びの機会を学生に提供してまいります。また、同プロジェクトでは、「南三陸ねぎ」を通して、南三陸町・気仙沼市を盛り上げていけるよう、様々な情報発信を行い、新たな活動に取り組む予定です。



<各店舗で提供された期間およびメニュー>

・11月27日~12月3日: 「口楽」南三陸ネギSPラーメン

・12月4日~10日  : 「睡蓮」南三陸ネギ潮の幸ラーメン

・12月11日~17日  : 「もつけ」南三陸ネギたっぷりホルモンラーメン

・12月18日~24日  : 「みやみや」南三陸ネギのトロ肉味噌ラーメン


東北復興スタディーツアー

https://www.soka.ac.jp/economics/feature/volunteer/tohoku-study-tour/


南三陸ねぎ応援プロジェクト

https://37336negi.themedia.jp/

プレスリリース動画

カテゴリ:
店舗
ジャンル:
社会(国内) フード・飲食 教育
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「146390」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報