全体の4人に1人が移住意向あり移住にはゆったりした暮らしを求...|

全体の4人に1人が移住意向あり 移住にはゆったりした暮らしを求める傾向 働き先や日常生活の快適さが課題か

地方創生に関するアンケート

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、全国47都道府県に在住する20歳~69歳の男女を対象に「地方創生に関するアンケート」を実施しました。

◆自主調査レポートの続きはこちらへ ⇒ https://www.cross-m.co.jp/cromegane/lc20171114/


■調査結果 (一部抜粋) 

●地方移住・二拠点居住に意向がある(実行予定・関心がある、検討している)人は全体の24.8%と、約3割に実施意向がみられた。意向のある移住パターンでは「二拠点居住」(19.6%)や「Uターン居住」(15.1%)の関心が高い。一方、「まだわからない」も42.9%と半数近くを占め、移住への具体的な方法は未定という人が多い。<図1-1><図1-2>



●地方移住・二拠点居住を検討している人にその理由をきいてみると「スローライフを実践したい」(30.3%)、「自分の故郷で暮らしたい」(28.2%)、「美味しい水や食べ物、空気の中で暮らしたい」(26.3%)など、ゆっくりした暮らしを好む傾向。移住を検討しない人の理由では、「今の生活環境を変えたくない」(43.5%)で最多。<図2-1><図2-2>



●地方移住・二拠点居住実行の不安点・課題点では、「働き先が少ない」(34.5%)、「賃金が安い」(29.3%)といった仕事面や、「買い物など日常生活の快適さ」(29.4%)など生活面を懸念する意識がみられた。<図3>

■全調査項目

□ 属性設問(性別・年代・婚姻状況・子の有無・子の学齢・同居者・居住地・職業・個人年収・世帯年収・子の教育資金)

□ 地方移住・二拠点居住の実行意向

□ 地方移住・二拠点居住の非意向理由

□ 地方移住・二拠点居住経過期間

□ 地方移住・二拠点居住の満足度

□ 実行意向のある地方移住・二拠点居住のパターン

□ 地方移住・二拠点居住に関心を持ったタイミング

□ 地方移住・二拠点居住の検討理由

□ 地方移住・二拠点居住実行の不安点・課題点

□ 地方移住・二拠点居住希望の都道府県

□ 地方移住・二拠点居住希望の都道府県を知ったきっかけ

□ 現在の居住地で他の都道府県の人に自慢できるところ

□ 地方創生施策に関する好意度

◆全調査項目結果DLはこちら ⇒ https://www.cross-m.co.jp/cromegane/lc20171114/


■調査概要

調査手法 :インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用) 

調査地域 :全国47都道府県

調査対象 : 20~69歳の男女

調査期間 : 2017年9月13日(水)~9月15日(金)

有効回答数: 5,000サンプル

※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります


■会社概要

会社名  :株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/

所在地  :東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F

設立   :2003年4月1日

代表者  :代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹

事業内容 :マーケティングリサーチ事業

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
社会 その他ライフスタイル
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「142975」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事