タケロボ、イオンフィナンシャルサービスに卓上スタンド型ロボッ...|

タケロボ、イオンフィナンシャルサービスに 卓上スタンド型ロボット「デジタルコンシェルジュ」を提供  AI技術を活用したコンシェルジュ業務の実証実験を支援

コミュニケーションロボットの開発、販売を手掛けるタケロボ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:竹内 清明、以下 タケロボ)は、イオンフィナンシャルサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河原 健次、以下 イオンフィナンシャルサービス)が、2017年6月13日に開始するAI技術を活用したコンシェルジュ業務の実証実験に、AI連携卓上スタンド型ロボット「デジタルコンシェルジュ(※1)」の提供を行いますのでお知らせいたします。

AI連携卓上スタンド型ロボット「デジタルコンシェルジュ」



「デジタルコンシェルジュ」は、タケロボが開発した、コミュニケーションロボット「ロボコット(※2)」の特徴的な機能である「画面表示」「タッチパネル操作」「AI連携技術」を用い、お客さまからの質問に対して、自然言語対話による適切な回答をする卓上スタンド型のロボットです。外装は、イオン店内にふさわしい、スタイリッシュなプロダクトデザインを施しております。


今回の実証実験はカウンター窓口において、本来スタッフが行う、お客さまからの質問への受け答えや商品案内等を、「デジタルコンシェルジュ」が代わりに行い、対話と関連する画像表示により、想定されるあらゆる質問に分かりやすく回答し、具体的な案内を行います。また、ロボットに蓄積された会話内容(ログ)を分析することで、想定問答数の増加と回答の精度向上を目指します。

「デジタルコンシェルジュ」は、今回のイオンモール幕張新都心(千葉市)での実証実験後、結果を検証したうえで展開店舗が拡大される予定です。また、イオンフィナンシャルサービスが開設の検討を進める、無人店舗への導入も期待されます。タケロボではロボコットシリーズの販売とともに、ロボット技術とAI連携技術を活用した製品の開発にも取り組むことで、ロボット導入企業様のご要望や利用シーンに幅広く対応してまいります。


(※1)デジタルコンシェルジュ
タケロボのロボット技術とAI連携技術を用いた、AI連携卓上スタンド型ロボット「デジタルコンシェルジュ」
https://www.atpress.ne.jp/releases/130334/img_130334_1.png

(※2)ロボコットシリーズ
詳細につきましては、以下のURLをご参照いただきますよう、お願いいたします。
http://www.takerobo.co.jp/robocot/
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「130334」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報