リーウェイズ、総額8,700万円の資金調達を実施 不動産収益...|

リーウェイズ、総額8,700万円の資金調達を実施  不動産収益の分析能力を活かして 国内不動産業者向け事業を展開へ

リーウェイズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:巻口 成憲、以下 リーウェイズ)は、2017年3月2日に法人5社と個人11名を引受先とした第三者割当増資を実施し、総額8,700万円の資金調達を行ったことをお知らせいたします。
今回の資金調達では株式会社プランテックコンサルティングをはじめ新潟土地建物販売センター株式会社などの法人、ホームインスペクション分野で国土交通省・経済産業省などの委員を歴任した不動産コンサルタントの長嶋 修様や地価公示、固定資産、国税等の公的評価及び企業、民間からの幅広い鑑定評価実績を持つ不動産鑑定士の上河内 正和様らよりご出資をいただきました。これによりリーウェイズの資本金は342,373,000円(資本準備金等含む)となります。

新時代の不動産投資プラットフォーム『Gate. (ゲイト)』
新時代の不動産投資プラットフォーム『Gate. (ゲイト)』

ITによる不動産投資環境の再構築を目指すリーウェイズでは、不動産投資として国内初の、人工知能(AI)を活用して投資不動産の将来収益予測を行えるサービス「Gate.」の開発・運営を行っています。過去10年にわたって独自に収集した5,000万件を超える物件データ(2017年1月時点)を扱うGate.では、これまで人間の力では難しかった賃料下落や空室率などを瞬時に予測し、高精度なキャッシュフローシミュレーションをもとに、より安全な投資不動産の取引が行えます。今春には強みである不動産の将来収益に対する分析能力を、国内の金融・不動産業者向けに提供開始いたします。Gate.では、今後も不動産投資市場に今までにない新しいソリューションを提供してまいります。

サービスページ: https://gate.estate/


■リーウェイズ株式会社について
2014年創業。ITによる不動産投資環境の再構築を目指し、不動産投資では国内初となる人工知能(AI)を活用して、収益不動産の賃料下落や、想定空室率などの予測を行い、将来収益を分析できるインターネットサービス「Gate.」の開発・運営を行う。
5,000万件を超える物件データを独自に収集し、そのビッグデータを活用して不動産投資の分析シミュレーションを行う人工知能『Opus(オーパス)』を開発。その技術はGate.の投資分析に活用している。
「Gate.」により不動産投資の環境に透明性を導入し、世界中の不動産投資家へ運営効率を上げるバリューアップへの提案・サポートを行うことで事業拡大を図る。

所在地: 東京都渋谷区渋谷2-6-12 ベルデ青山5階
代表 : 代表取締役社長 巻口 成憲
資本金: 342,373,000円(資本準備金等含む)
URL  : https://leeways.co.jp/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「123389」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報