MVNO向けに、格安スマホの通話料金を下げることができる「O...

MVNO向けに、 格安スマホの通話料金を下げることができる 「OCNでんわ」の卸提供を開始

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、格安スマホ・格安SIMを提供するMVNO (※1)向けに、利用者(エンドユーザー)が音声品質を落とさずに低廉な料金で国内通話ができる「OCNでんわ」の卸サービスを、2017年3月1日(水)より提供開始します。

 なお、ニフティ株式会社の提供するモバイルサービス「NifMo (ニフモ)」において、本通話サービスの導入が予定されています。


1. 背景

 MVNOが提供する格安スマホ・格安SIMなどの独自サービス型SIM(※2)の利用回線数は既に650万(※3)を越え、引き続き堅調に増加すると考えられます。市場が成長し、事業者間の競争が激しくなっていることを背景に、利用者によって差の出やすい音声通話の料金によって差別化を図るMVNOが増えてきました。

 NTT Comが「OCN モバイル ONE」の利用者向けに提供中の「OCNでんわ」は、プレフィックス番号を付けて通話発信することで、NTT Comのネットワークを経由した通信となり、音声品質を落とさずにお得な料金で通話ができる仕組みになっています。

 NTT Comは本サービスの提供ノウハウを生かし、MVNO向けに通話サービスの卸提供を開始します。(※4)


2. 提供内容

(1) かけ放題プランの設定も可能な、通話料がお得になる電話サービス

MVNOは、「OCNでんわ」の卸サービスを利用することで、格安スマホ・格安SIMの標準的な通話料金よりも大幅に低廉な価格で※5、音声品質を落とさずに、通話サービスを利用者に提供することが可能です。さらに、一定時間の国内通話を月額定額料金でかけ放題にする料金プランの相談も可能です。


(2) 標準の電話アプリと同様に、簡単に使える利用者向けアプリ

利用者向けのアプリもセットで導入することが可能です。当アプリから通常の電話と同じように発信するだけで、自動的にプレフィックス番号が追加され、お得な通話料金で電話をかけることができます。

3.提供開始日

 2017年3月1日(水)


4.お申し込み方法

 NTT Comの営業担当者へご連絡ください。



※1: Mobile Virtual Network Operatorの略。携帯電話基地局などの設備を自社で持たず、他社から借りて無線通信サービスを提供する事業者のこと。なお「OCNでんわ」の卸提供は、株式会社NTTドコモが提供する携帯電話回線を利用したMVNOが対象です。

※2: 株式会社MM総研による定義で、「独立系MVNO事業者がSIMカードを活用し、独自の料金プランで提供する」サービスのこと。

※3: 株式会社MM総研が2016年12月14日に発表した市場調査「国内MVNO市場規模の推移(2016年9月末)」より。独自サービス型SIMの契約数は2016年9月末で657.5万回線に達し、前年比62.0%増の高い伸び率となっています。

※4: 本サービスは、NTT Comが一般のお客さまに提供している「OCNでんわ」とは一部仕様が異なります。詳細はお問い合わせください。

※5: 格安スマホ・格安SIMの通話料は、現在20円(税抜)/30秒の従量課金が標準的となっていますが、本卸サービスではMVNOがそれよりも低廉な通話料を設定することができます。なお、NTT Comが「OCN モバイル ONE」の利用者向けに提供している「OCNでんわ」の通話料は10円(税抜)/30秒です。


■関連リンク

 「OCNでんわ」の卸サービス(「0035でんわ卸」)

http://www.ntt.com/business/services/mobile/ipphone-app/0035phone-app.html


プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報