DSD再生も可能なハイレゾ対応のデジタルオーディオプレイヤー...|

DSD再生も可能なハイレゾ対応の デジタルオーディオプレイヤー 『SEIUN PLAYER JR-1S / JR-2S』国内取り扱い開始!

~独自のアップスケール機能で MP3でもハイレゾ級の音源データに自動変換再生可能!~

 株式会社STAYERホールディングスは、2016年12月上旬より、米国CYBERDRIVE社のDSD再生も可能なハイレゾ対応デジタルオーディオプレイヤー『SEIUN PLAYER JR-1S / JR-2S』の取り扱いを開始します。

JR-1Sパッケージ
JR-1Sパッケージ

 『SEIUN PLAYER JR-1S / JR-2S』は、ハイレゾ対応のデジタルオーディオプレイヤー。MP3、ALAC、FLAC、DSD(64)などのファイルが再生でき、最大で384kHz / 32bit(CDを超える音質)の臨場感ある音楽をお楽しみいただけます。
 上位機種のJR-2Sは、Win / Mac / Androidなどの機器と接続することでハイレゾ対応のポータブルアンプとしても利用可能です。さらにポータブルアンプ時には、DSDのネイティブ再生ができ、さらにDSD64以外にDSD128やDSD256にも対応しています。

 メモリはJR-1S、JR-2Sともに64GBの内蔵型で、カラーバリエーションはそれぞれシルバーとガンメタルの2タイプを用意しました。

 JR-1S / JR-2Sともに、CAEE(CYBERDRIVE Audio Enhance Engine)を搭載。これは音源をアップスケールして再生する機能で、再生ファイルがMP3であっても自動的にハイレゾ級(384kHz / 32bit)の音源データに変換して再生するというもの。アップスケールされた音源は音の密度が増すため、よりよいサウンドとなって耳に届きます。

 『SEIUN PLAYER JR-1S / JR-2S』は、これまでにイベントなどでテスト販売を行ってきた『SEIUN PLAYER JR1 / JR2』のアップグレード版となります。国内発売にあたっては多くの皆様の声を反映しており、プレイヤー単体によるDSDの再生(※1)や、より直感的な操作ができるようなユーザーインタフェースの変更を実現しています。
※1 テスト販売された『SEIUN PLAYER JR1 / JR2』では単体でDSDの再生はできず、ポータブルアンプ時のみ再生が可能。


【製品仕様】
ロスレスフォーマット:DSD / FLAC / ALAC / APE / WAV
ロッシーフォーマット:MP3 / AAC / WMA
再生        :384kHz / 32bit (最大値)
DAC ICチップ    :9018Q2C(ESS製)
内蔵メモリ     :64GB
再生時間      :約30時間(非ハイレゾ) / 約15時間(ハイレゾ)
アンプ出力     :70mW(16Ω)
内蔵バッテリー   :1800mAh
サイズ       :112mm×48mm×10mm
重量        :約100g


【会社概要】
名称  : 株式会社STAYERホールディングス
本社  : 〒160-0004 東京都新宿区四谷3-2-2 TRビル6F
設立  : 2014年12月11日
資本金 : 80,000,000円
事業内容: デジタルオーディオの周辺機器の輸出入・製造・販売
      携帯電話の周辺機器の輸出入・製造・販売
      家電製品の輸出入・製造・販売
      上記の自社ブランド以外で他社製品の取扱商社業務
URL   : http://www.stayer.co.jp/

カテゴリ
商品
ジャンル
AV | その他ライフスタイル | その他エンタメ

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「117465」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ