<新刊>ねこと迎える老後を考えるための書籍『ねことわたしの終...|

<新刊>ねこと迎える老後を考えるための書籍 『ねことわたしの終活ハンドブック』が12月2日に発売

2016.12.02 12:00

PARCO出版(所在地:東京都渋谷区、発行人:井上 肇、運営:株式会社パルコ)は、ねこと迎える老後を考えるための書籍『ねことわたしの終活ハンドブック』を2016年12月2日(金)に刊行いたします。

ねことわたしの終活ハンドブック
ねことわたしの終活ハンドブック

■『ねことわたしの防災ハンドブック』に続く新刊が登場!
2014年12月に刊行された『ねことわたしの防災ハンドブック』。いざというときに愛するペットの命を守れるように、また防災意識を高めるための実用書として多くの方々に好評を得てきました。また、2016年3月には『いぬとわたしの防災ハンドブック』も刊行。両書籍ともに版を重ねており、かわいいイラストや写真とともに、分かりやすく綴られております。今回、両書籍に続いて「終活」がテーマの書籍を刊行いたします。


■テーマは「終活」 ~ねこと迎える老後~
新刊のテーマは「終活」。いつか訪れる別れの日まで、ペットと幸せに暮らすために考えておきたいこと――。それは、よりよい老後を迎えるためにどう備えるか、環境づくり、健康づくりなどということです。高齢(65歳以上)率が21%を超え、超高齢化社会に突入した日本。今後、さらに多くのひとが高齢になっていく中、自分のことだけでなく遺された家族やねこのことも心配という声も多数聞かれるようになりました。高齢を迎える自身のこと、ねこの老後のこと、普段の生活から遺言書まで、ねこと迎える老後を考えるための書籍です。


■“7歳”がねこの人生のターニングポイント
ねこの平均寿命は約16歳、人間に換算すると80歳ほど。ねこのシニア期は7歳からで、人間だと44歳くらいになります。ねこもこの時期から動きやしぐさに落ち着きが出始め、人生のターニングポイントに入るため、7歳を機に考えたいのがねこの老後。飼い主としてできることは何なのか?ねこもひともいつまでも健康に、やがて訪れる老後をよりよく過ごし、悔いのない最期を迎えられるように、愛猫とともに暮らす方にはぜひ読んでいただきたい1冊です。


【書籍概要】
書籍名:ねことわたしの終活ハンドブック
価格 :本体1,400円(税別)
発売日:2016年12月2日(金)
頁数 :128頁
判型 :四六版
ISBN :978-4-86506-200-7

<目次>
1章 ねことわたしの老後暮らしのヒント
2章 日頃から気をつけたい、ねこの健康管理
3章 もしも…のときの備え
4章 その日、あなたはどう乗り越えましたか?
・高齢ねこのためのお役立ちグッズ等


■PARCO出版 概要
正式名称: 株式会社パルコ エンタテインメント事業部
      コンテンツ事業担当 出版チーム
代表者 : 発行人 井上 肇
所在地 : 〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス
部門設立: 1974年7月1日
URL   : http://www.parco-publishing.jp/

カテゴリ
商品
ジャンル
書籍・雑誌 | ぺット-猫 | その他ライフスタイル

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「117325」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ