放置空き家向け屋根調査サービスが好評。埼玉県内から問い合わせ...|

放置空き家向け屋根調査サービスが好評。 埼玉県内から問い合わせが半年で100件超に。

増え続ける空き家問題対策の一助に。

2016.09.06 09:30

住宅リフォーム業を展開するアイプロ株式会社(代表:森幸夫 本社:埼玉県上尾市)では、放置空き家向けに無料屋根調査サービスを開始したところ想定以上の問い合わせがあり、2016年7月までの半年間で埼玉県内からの問い合わせが100件以上、実際のサービス提供件数が30戸以上となりました。「たまたま所有することになったがどうしたらよいか分からない」「長い間放置してしまっており近隣への悪影響が心配」など悩みを抱える空き家所有者にご利用いただき好評になっています。

台風被害による空き家屋根
台風被害による空き家屋根

【増加する空き家と所有者の現状】

空き家の数は年々増え続けています。総務省による統計によると、平成25年時点で全国の空き家数は820 万戸となり,5年前との比較では63 万戸(8.3%)増加し、空き家率は過去最高の13.5%と発表されました。

修繕が必要な空き家を何もせず放置した結果、台風で屋根瓦が飛んでしまったり、壁が崩れたりして他人を傷つけたり隣家に被害が生じた場合、所有者として損害賠償責任を負うことがあります。しかし、あまり知識や経験がないまま、たまたま相続などで空き家を所有することになってしまったなど、具体的にどうしてよいか分からず放置してしまっているケースも多く、各市町村や自治体が独自に空き家対策ホットラインを開設したり対策マニュアルを作成するなど、早急に問題対策を講じています。

埼玉県の空き家問題も同様であり、埼玉県内の平成25年時点での空き家は約36万戸、空き家率10.9%、5年前に比べ増加。適正に管理されていない空き家は周辺への悪影響を及ぼす場合があると警告しています。

http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/index.htm
総務省による平成25年住宅・土地統計調査
https://www.pref.saitama.lg.jp/a1106/akiyataisaku.html
埼玉県公式空き家対策ページ


【放置空き家向け屋根調査サービスが好評】

空き家を所有しているが何もできず放置してしまっている方に対し、放置空き家の屋根調査サービスを無料で開始したところ問い合わせが100件以上あり、2016年7月までの半年で実際のサービス提供件数は30戸以上になりました。修繕箇所が過去の自然災害によるものであった場合は火災保険の対象となる場合もあるなど、調査後、結果報告と対策などのアドバイスを無料で行っています。サービスを利用された所有者は、修繕し保有し続ける、他の箇所のリフォームを同時に行った上で賃貸に出す、または売却など、空き家利活用の具体的な選択肢があることを知り「何もできていなかったが見直す良い機会になった」「対策が見えた」と好評となっています。


弊社が行っている放置空き家無料屋根調査サービスの流れ
1. 空き家所有者からの問い合わせ
2. ヒアリング
3. 現地調査
4. 調査報告と対策のアドバイス 


【会社概要】
アイプロ株式会社
本社:〒362-0063 埼玉県上尾市小泉64-5
代表:森幸夫
事業内容:屋根、外装、内装リフォーム業
電話:048-699-4388 FAX: 048-871-5592
URL: http://proreform.net


【今後の展開】

少子高齢化による空き家の増加に伴い、所有することになったがそのまま放置してしまっている空き家所有者は今後も増えていくと思われます。弊社では、放置空き家問題解決の一助になればと思い今後も放置空き家の屋根調査サービスを続け適切な形でアドバイスを提供していきます。また空き家問題をかかえる自治体とも協力し、本サービスを通じて本格的に空き家問題対策に取り組んでいきます。


【随時取材を受け付けております】

当社ではマスコミの方のご取材を随時お受けしております。利用者の動向、取材協力などより詳しい情報を提供させていただきますので、是非一度お問い合わせください。

カテゴリ
サービス
ジャンル
住宅・不動産 | 社会 | 福祉

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「111252」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ