日本のCG業界を救う希望の光となるか、日本初の快挙!|

日本のCG業界を救う希望の光となるか、日本初の快挙!

停滞する日本のCG業界に海外での可能性は?

国内CG会社の海外進出支援を根幹事業とする株式会社グローバルアロー(所在地:東京都港区、代表取締役:成田 憲司)は、日本を代表するCG制作会社、株式会社ピコナをコンサルティングしており、同社が2016年9月13日(火)より4日間にわたりフランスで開催されるアニメーション振興イベント、カートゥーン・フォーラム(Cartoon Forum)にて、イギリスとの共同制作アニメーション、テレビシリーズ「メロディーメーカーズ」を披露することを発表いたします。

カートゥーン・フォーラム
カートゥーン・フォーラム

■背景
グローバルアロー社がコンサルティングを行う株式会社ピコナは、音楽をビジュアル化したアニメーションを得意としております。今回、そのアニメーションにイギリスからラブコールがあり、グローバルアロー社を通して共同制作が実現しました。


■カートゥーン・フォーラムとは
主にアニメーションの共同制作と、市場を発展・活性化させることを目的に毎年9月に開催されています。各国のテレビ局など、そうそうたる面々に新規アニメーションのみならず制作会社のアイデンティティーを示す場として権威あるイベントです。

株式会社ピコナは日本の制作会社として初めて、作品だけではなく日本のCG制作会社のクオリティと技術を、会場に集まる世界各国のテレビ局、配信事業者やプロデューサーへアピールします。アジア勢として本フォーラムへの出場は、2015年に企画の一環として主催者に招待された韓国に続く形ですが、自助努力でステージに上がるという点では、株式会社ピコナがアジア初、日本初の快挙であると言えます。

22億ユーロ(約3,000億円)規模といわれるアニメーション市場のうち約36%はこのカートゥーン・フォーラムにて成立(2015年実績)、低金利の中、投資家達の注目も集めています。

カートゥーン・フォーラム写真
https://www.flickr.com/photos/35940214@N05/sets/72157647591104459/


■「メロディーメーカーズ」とは
音楽をビジュアル化することにより、音楽が持つ多様性と複雑性を伝える作品。伝統的な2Dの技法を用いた3DCG、また、Pencilを用いたトゥーンタッチの3DCGといった、2Dと3Dを融合させたアニメーションです。

株式会社ピコナ
http://picona.jp/


■会社概要
名称   : 株式会社グローバルアロー
本社所在地: 東京都港区虎ノ門4-1-21 葺手第二ビル3F
代表者  : 代表取締役 成田 憲司
設立   : 2014年3月1日
資本金  : 5,000,000円
URL    : http://g-arrow.co.jp/

カテゴリ:
企業動向
ジャンル:
ビジネス全般 アニメ 経済
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「108117」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報