東京サマーランド調べ 男性がプールデートで恋人に着て欲しい水...

東京サマーランド調べ  男性がプールデートで恋人に着て欲しい水着 「ノーマルビキニ」「ワンピース」「ホルターネックビキニ」  男性がドン引きしてしまう水着 ワースト1は「マイクロビキニ」

~真夏の恋とプールデートに関する調査2016~

このたび、株式会社東京サマーランド(代表取締役社長 井上 博志)は、2016年5月26日~5月31日の6日間、20代の未婚男女に対し、「真夏の恋とプールデートに関する調査2016」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

恋人に着て欲しい水着・着てきたらドン引きする水着
恋人に着て欲しい水着・着てきたらドン引きする水着

【真夏の恋とデート事情】
◆恋人が欲しい女性注目!20代未婚男性の8割弱が現在フリー!6割弱は「気になる人もいない」
◆「今年の夏、恋人ができるようがんばりたい」フリー20代の4割
◆「夏は、デートに誘われたらOKを出しやすい」5割強

20代の未婚男女1,000名(全回答者)に対し、現在の恋愛状況について聞いたところ、「恋人がいる」が28.7%、「恋人はいないが、気になる相手がいる」が17.7%、「恋人も気になる相手もいない」が53.6%となりました。20代未婚男女のうち、7割強(71.3%)の方は恋人がいない、いわゆる“フリー”の状態であることがわかりました。
男女別にみると、男性は、「恋人がいる」が22.0%となりました。つまり、8割弱(78.0%)が現在フリーの状態にあるようです。さらに、「恋人も気になる相手もいない」が6割弱(58.0%)となっています。恋人を作りたい女性にとっては、チャンスと言える状況かもしれません。

続いて、夏の恋愛やデートに関する意識について聞きました。
恋人がいる方(287名)に対し、【今年の夏は恋人との仲を一層深めたい】と思うか聞いたところ、『そう思う』(「非常に」+「やや」)が84.4%となりました。恋人と共に楽しい夏を過ごして、より親密になりたいと考える方が多いようです。
男女別に『そう思う』の割合をみても差はなく(男性83.6%、女性84.7%)、この夏、恋人との距離を縮めたいという思いを男女とも持っていることがわかりました。

続いて、恋人がいない方(713名)に対し、【今年の夏は恋人ができるようにがんばりたい】と思うか聞いたところ、『そう思う』が40.0%となりました。若い方は恋愛に消極的と言われることがありますが、この夏の間に恋人を作ろうと意欲を燃やす方は決して少なくないことが明らかになりました。
男女別に、気になる相手がいるかどうかで分けてみると、男女とも、気になる相手がいる方は『そう思う』が3人に2人の割合(男性66.0%、女性67.6%)となりました。この夏の間に、意中の相手と恋仲になりたいと意気込む方は多そうです。

全回答者(1,000名)に対し、【夏はデートに誘われたらOKを出しやすい】と思うか聞いたところ、『そう思う』が53.5%となりました。
男女別に『そう思う』の割合をみると、男性57.6%、女性49.4%と、男性のほうが女性より割合が高くなりました。

◆真夏の恋を思い出す一曲 1位はWhiteberryの「夏祭り」 2位、3位はサザンのあの名曲!
◆「夏のドライブデートで告白された経験あり」20代女性の6人に1人

夏の恋を歌った曲は数多くありますが、今の20代が、自身の夏の恋を思い出す曲とは、どのような曲なのでしょうか。
全回答者(1,000名)に対し、真夏の恋を思い出す一曲を、自由回答形式で聞いたところ、1位は「夏祭り (Whiteberry)」(53件)でした。2000年にリリースされ、紅白歌合戦でも披露されたこの曲は、20代にとって、真夏の恋の象徴とも言える曲になっているようです。以下、2位、3位には「TSUNAMI (サザンオールスターズ)」(42件)、「真夏の果実 (サザンオールスターズ)」(37件)と、サザンオールスターズの曲が続きました。「真夏の果実」は1990年リリースで、今の20代は、まだ幼いか生まれてもいない頃に発表された曲ですが、若者たちの真夏の恋の思い出を彩る曲となっているようです。
男女別にみると、男性の5位には、サザンオールスターズのボーカル桑田佳祐さんが男性の夏の恋を歌った「波乗りジョニー (桑田佳祐)」(15件)が入りました。また、女性の4位には、抑えきれない夏の恋心を女性目線で歌った「花火 (aiko)」(14件)が入りました。

“真夏の恋を思い出す一曲”の1位となった「夏祭り」は、意中の人と一緒に夏祭りに行ったけれど、告白することができなかった、という内容のものです。では、今の20代は、夏祭りや花火大会で実際に告白した、あるいはされた経験はあるのでしょうか。
全回答者(1,000名)に対し、【お祭り・花火大会デート】で、告白した経験や、された経験があるか聞いたところ、「告白した経験がある」は5.6%、「告白された経験がある」は8.9%と、どちらも1割を切り、お祭り・花火大会デートで告白した、あるいはされた経験がある方は少ないことがわかりました。「夏祭り」の歌詞と同様、告白したかったけれど勇気が出ないままデートが終わってしまった、という切ない思い出を持つ方も多いのかもしれません。
また、告白するとなると、二人きりになれる状況が望ましいものですが、そのような状況を作りやすいのが、ドライブデートではないでしょうか。そこで、【夏のドライブデート】についても、告白した経験や、された経験があるか聞いたところ、「告白した経験がある」は5.7%、「告白された経験がある」は10.0%となりました。
男女別にみると、【夏のドライブデート】では、女性の6人に1人(16.4%)が「告白された経験がある」と回答しました。女性は、この夏、ドライブデートに行くことになったら、告白されることを期待してもいいかもしれません。


【夏休みのレジャーとレジャー予算2016】
◆「目一杯レジャーを楽しむ一日が欲しい」6割半、女性では約7割に
◆今年の夏は節約傾向? レジャーを楽しむ一日の平均予算は17,300円 昨年より3,500円減少
◆目一杯遊びたいときに行きたいレジャー施設ランキング 1位「遊園地」2位「レジャープール」3位「水族館」
◆素敵な出会いを求めて行きたいレジャー施設 1位は「レジャープール」

全回答者(1,000名)に対し、夏休みに目一杯レジャーを楽しむ一日が欲しいと思うか聞いたところ、『そう思う』が64.2%となりました。
男女別に『そう思う』の割合をみると、男性59.8%、女性68.6%と、女性のほうが男性より割合が高くなりました。

次に、夏休みに目一杯レジャーを楽しむ一日が欲しいと思う方(642名)に対し、その一日にかけてもいいと思う予算を聞いたところ、「5,000円以上~1万円未満」が18.1%、「1万円以上~2万円未満」が37.2%、「2万円以上~3万円未満」が15.7%、「3万円以上~4万円未満」が12.9%となり、平均予算は17,277円でした。
昨年の調査(※)と比較すると、平均予算は、(昨年)20,809円から(今年)17,277円へと3,532円減少しました。今年は、昨年に比べるとやや節約傾向にあるようです。
※「真夏の恋とプールデートに関する調査」(東京サマーランド調べ、2015年7月発表)

続いて、夏休みに目一杯レジャーを楽しむ一日が欲しいと思う方(642名)に対し、今年の夏、目一杯遊びたい気分のときに行きたいレジャー施設について聞いたところ、1位は「遊園地・テーマパーク」(65.1%)、2位は「レジャープール(ウォータースライダーや流れるプールなどがあるプール)」(52.6%)、3位は「水族館」(47.5%)となりました。

また、レジャーを楽しむ中で、偶然、新たな出会いや素敵な恋がみつかることもあるかもしれません。
そこで、全回答者(1,000名)に対し、今年の夏、素敵な出会いを求めて行きたいレジャー施設を聞いたところ、1位は「レジャープール」(19.3%)、2位は「遊園地・テーマパーク」(15.4%)、3位は「水族館」(11.4%)となりました。


【プールデートで相手との距離を縮めよう!】
◆「夏のデートは体を動かすレジャーを楽しみたい」5割強
◆夏を楽しむプールデート!レジャープールでデート相手と楽しみたいアトラクション 1位は「流れるプール」
◆デート相手との距離が縮まるアトラクション 1位は「ウォータースライダー」
◆本命の人を誘いたいアトラクション 男性の1位はスリリングな「ウォータースライダー」
女性の1位はのんびり楽しめる「流れるプール」

全回答者(1,000名)に対し、夏のデートは体を動かすレジャーを楽しみたいと思うか聞いたところ、『そう思う』が52.6%と半数を超えました。
男女別に『そう思う』の割合をみても差はなく(男性54.0%、女性51.2%)、男女とも、夏のデートでは、体を動かして楽しむレジャーへの意向が強いようです。

レジャープールでのデートなら、思いっきり体を動かして、目一杯夏を楽しめますが、イマドキの20代のプールデートではどのようなアトラクションが人気なのでしょうか。
まず、全回答者(1,000名)に対し、デート相手と一緒に楽しみたいと思うアトラクションについて聞いたところ、1位は「流れるプール」(43.1%)となりました。流れるプールは、流れに身を任せながらのんびりおしゃべりを楽しめるため、デート相手と楽しむのに絶好のアトラクションのようです。以下、2位は「ウォータースライダー」(37.9%)、3位は「波の出るプール」(25.8%)となりました。

次に、デート相手との距離が縮まると思うアトラクションについて聞いたところ、1位は「ウォータースライダー」(38.9%)となりました。ウォータースライダーのスリルが、二人の心の距離を縮めてくれると考えられているのではないでしょうか。以下、2位は「流れるプール」(33.0%)、3位は「波の出るプール」(18.6%)となりました。

さらに、本命の人を誘いたいアトラクションについて聞いたところ、男性の1位は「ウォータースライダー」(29.8%)、女性の1位は「流れるプール」(32.8%)となりました。男性はウォータースライダーのスリルを、女性は流れるプールでのおしゃべりを、意中の人と共有したいと考えているようです。

◆ウォータースライダーを一緒に滑りたい芸能人ランキング2016
男性の回答1位は2年連続「有村架純」さん、5位に人気急上昇中の「広瀬すず」さんがランクイン
女性の回答1位は2年連続「福士蒼汰」さん、5位に注目の若手俳優「菅田将暉」さんがランクイン
◆女性が流れるプールでのんびりお話したい芸能人TOP3 「福士蒼汰」さん、「佐藤健」さん、「大野智」さん

では、ウォータースライダーや流れるプールを一緒に楽しみたい人とは、どのような人なのでしょうか。
全回答者(1,000名)に対し、ウォータースライダーを一緒に滑りたいと思う有名人は誰か、自由回答形式で聞いたところ、男性が選ぶ相手の1位は「有村架純」さん(27件)、2位は「綾瀬はるか」さん(22件)、3位は「新垣結衣」さん(20件)となりました。また、女性が選ぶ相手の1位は「福士蒼汰」さん(14件)、2位は「相葉雅紀」さん(13件)、3位は同数で「斎藤工」さんと「佐藤健」さん(ともに11件)となりました。男女ともに、1位、2位はそれぞれ昨年の調査(※)と同様の結果となっています。
他方、男性の5位には、昨年公開の主演映画で数々の映画賞を総なめにした「広瀬すず」さん(13件)、女性の5位には、今年のエランドール賞(顕著な活躍をしたプロデューサーや将来有望な新人俳優に贈られる賞)の新人賞を受賞した「菅田将暉」さん(10件)と、昨年の調査では上位5位に名前のなかった若手俳優がランクインしました。
※「真夏の恋とプールデートに関する調査」(東京サマーランド調べ、2015年7月発表)

続いて、全回答者(1,000名)に対し、流れるプールで流されながらのんびりお話したいと思う有名人は誰か、自由回答形式で聞いたところ、男性が選ぶ相手の1位は「有村架純」さん(24件)、2位は「石原さとみ」さん(21件)、3位は「綾瀬はるか」さん(20件)となりました。また、女性が選ぶ相手の1位は「福士蒼汰」さん(17件)、2位は「佐藤健」さん(13件)、3位は「大野智」さん(12件)となりました。


【プールデートで水着ファッションを楽しもう!】
◆プールデートでデート相手からの視線が気になる箇所は? 女性も男性も1位は「体毛・ムダ毛」
◆ライバルは自分磨きを始めている! プールデートに向けて女性の3人に1人が「体毛・ムダ毛処理」
◆女性がプールデートでついつい注目してしまうのは相手の「水着」、では男性の視線が注がれるのはどこ?

プールデートでは、肌の露出が多くなったり、ボディラインがみえやすくなったりするため、普段よりもデート相手からの視線が気になるのではないでしょうか。そこで、プールデートでデート相手からの視線が気になる箇所、プールデートに向けて既に自分磨きを始めている箇所について聞きました。
女性の回答についてみると、【プールデートで、デート相手からの視線が気になる箇所】では、「体毛/ムダ毛」が74.8%で最も高くなり、「水着/ファッション」が61.8%、「ウエスト/お腹周り」が59.8%、「脚」が56.4%、「ヒップ/お尻」が51.4%で続きました。対して、【プールデートに向けて自分磨きを始めている箇所】では、「体毛/ムダ毛」が33.2%で最も高くなり、「ウエスト/お腹周り」が30.0%、「脚」が20.8%、「ヒップ/お尻」が19.8%で続きました。視線が気になる箇所、自分磨きを始めている箇所ともに、「体毛/ムダ毛」が最も割合が高い結果となりました。女性はデート相手からの視線が気になる箇所から、自分磨きを始めているようです。

男性の回答についてみると、【プールデートで、デート相手からの視線が気になる箇所】では、「体毛/ムダ毛」が34.8%で最も高くなり、「水着/ファッション」が34.0%と僅差で続き、次いで「ウエスト/お腹周り」が28.8%、「髪型/ヘアアレンジ」が20.8%、「胸元/胸筋」が18.6%で続きました。対して、【プールデートに向けて自分磨きを始めている箇所】では、「ウエスト/お腹周り」が17.2%で最も高くなり、「胸元/胸筋」が10.6%、「体毛/ムダ毛」と「腕/二の腕」がともに9.6%で続きました。男性は、視線が気になる箇所として最も割合の高かった「体毛/ムダ毛」より、ウエストや胸筋など、上半身を鍛えることを優先している様子が窺えました。

反対に、デート相手の服装や体のパーツ・ラインなどが気になってしまうこともあるのではないでしょうか。そこで、全回答者(1,000名)に、【プールデートで、デート相手についつい視線を送ってしまう箇所】について聞きました。
男性の回答についてみると、「水着/ファッション」が44.6%で最も高くなり、次いで「胸元/胸筋」が40.0%、「ヒップ/お尻」が28.0%で続きました。女性が最も視線を気にしていた「体毛/ムダ毛」は12.4%でした。女性が考えているほど、男性は気にしていないのかもしれません。
女性の回答についてみると、「水着/ファッション」が36.4%で最も高くなり、次いで「胸元/胸筋」が29.8%、「ウエスト/お腹周り」が29.6%で続きました。
男女とも、「水着/ファッション」が最も高い結果となり、プールデートの際、一番注視されているのは、男女問わず、体のパーツやラインよりも水着であることがわかりました。

◆女性が水着1着にかけてもいいと思う金額 普段使いの水着では平均5,100円、勝負水着では6,800円
◆男性がプールデートで恋人に着て欲しい水着 「ノーマルビキニ」「ワンピース」「ホルターネックビキニ」
◆男性がドン引きしてしまう水着 ワースト1は「マイクロビキニ」
◆女性が自分磨きに成功したら着たい水着 「ノーマルビキニ」「ホルターネックビキニ」「トライアングルビキニ」

視線を送られているとなると、自信を持ってみせられる水着を用意しておきたいところですが、プールに行く機会はデートだけでもありません。友人たちと遊ぶ際の“普段使いの水着”、そしてデートの際の“勝負水着”、どちらも気に入ったものを持っておきたいものです。そこで、今年の夏、水着を買うとしたら、1着にかけてもいいと思う予算はいくらくらいか、普段使いの水着、勝負水着それぞれについて聞きました。
【普段使いの水着】では、「2,000円以上~4,000円未満」が31.4%で3割強、「4,000円以上~6,000円未満」が23.8%で2割強となり、平均予算は3,953円でした。
【勝負水着】では、「4,000円以上~6,000円未満」が24.8%で4人に1人の割合、「10,000円以上」が22.5%で5人に1人の割合となり、平均予算は5,471円でした。やはり、デートに使う勝負水着のほうが、普段使いの水着に比べて、かけてもいいと思える予算は高めのようです。
男女別に平均予算をみると、【普段使いの水着】では、男性は2,791円、女性は5,116円となりました。また、【勝負水着】では男性は4,100円、女性は6,841円となりました。普段使いの水着、勝負水着ともに、女性のほうが、1着にかけてもいいと思う予算が高めの傾向となりました。

では、どのような水着が人気なのでしょうか。
まず、男性(500名)に対し、【恋人に着て欲しい水着のタイプ】を聞いたところ、最も人気だったのは「ノーマルタイプのビキニ(トップがブラ型のビキニ)」で39.6%、以下、「ワンピースタイプ」が24.4%、「ホルターネックビキニ(トップを首の後ろで固定するタイプ)」が14.4%、「パレオ※付きビキニ(※体に巻きつけるスカート)」が13.0%、「トライアングルビキニ(トップの布地が三角形)」と「ビスチェビキニ(トップが丈の短いキャミソール型)」がともに9.8%で、上位となりました。
反対に、【恋人が着てきたらドン引きする水着のタイプ】を聞いたところ、「マイクロビキニ(布面積が小さく、露出度の高いビキニ)」が29.4%で最も高く、「競泳用水着」が25.8%で続きました。極端に露出度の高いマイクロビキニや、スポーツ用品と言える競泳用水着には、拒否反応を示してしまう男性が多いようです。

女性(500名)に対し、【恋人とのプールデートで着たい水着のタイプ】を聞いたところ、最も人気だったのは「ワンピースタイプ」で34.2%、「ノーマルタイプのビキニ」が29.8%、「ホルターネックビキニ」が21.0%、「パレオ付きビキニ」が17.8%、「ビスチェビキニ」が12.8%で続きました。また、今年流行すると言われている「オフショルダー(両肩がみえるほど首元を開いたデザイン)」(2.0%)や、「ハイネックビキニ(胸元から首まで布地がつながっているビキニ)」(1.0%)を挙げた方も、わずかながらみられました。流行りの水着を着てみたいと考えている方もいるようです。
続いて、【自分磨きに成功したら、プールデートで着たい水着のタイプ】を聞いたところ、「ノーマルタイプのビキニ」が42.2%で最も高く、「ホルターネックビキニ」が20.6%、「トライアングルビキニ」が11.6%で続きました。「ノーマルタイプのビキニ」は、男性の“恋人に着て欲しい水着”でも1位で、「ホルターネックビキニ」は3位、「トライアングルビキニ」は5位となっていました。
今年の夏のプールデートでは、女性も男性も、デート相手と一緒に水着ファッションも存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「106574」を
担当にお伝えください。